中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌] 雑誌 – 2009/9/26

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2009/9/26
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

[読み切り小説]小野不由美/小池真理子/重松清/栗田有起/沢木耕太郎/辻村深月/椎名誠/阿川佐和子/恩田陸[エッセイをヨムヨム]瀬戸内寂聴/黒柳徹子/有栖川有栖/嶽本野ばら/イーユン・リー
【特集 誰もがすなる日記】[鼎談]角田光代、川上弘美、山本文緒 作家が日記をつける時[ふたりの夏日記]いしいしんじ、高山なおみ

この雑誌について

新潮文庫からヨムヨム雑誌


登録情報

  • 雑誌: 531ページ
  • 出版社: 新潮社; 季刊版 (2009/9/26)
  • ASIN: B002OCF2ZK
  • 発売日: 2009/9/26
  • 梱包サイズ: 20.4 x 14.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

久々の十二国記。
大荷物を携行していたので翌日購入しようかとも思いましたが、万一今日事故で死んだらこれを読めなかった事を
悔いると考え即買いしました。
一読して頭を叩かれた様な衝撃がありました。
まさに現在の日本が抱える問題がテーマになっています。
十二国の世界観で語られるストーリなのにあまりに現実的で、途中から正座して読むほどの迫力がありました。
罪とは、法とは、そして人を裁くとは何か。
裁判員に選出された方には是非読んで頂きたいです。
(自分は死刑という刑罰には長らく賛成でしたが、その気持ちがたった数十分で変わりました。)
とにかく素晴らしい作品です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
特集は、「誰もがすなる日記」。角田光代、川上弘美、山本文緒の鼎談はボリュームもかなりあり、読ませる。それぞれの日記に対する考えが違うようで似ているのが面白い。誰もがダークな部分を持っているんだろうが、この鼎談を読むと作家というものは、それを抱え、なお、日記にまで表現せずにはいられない生きものなんだと思わせる。

そのほかでは、いしいしんじと高山なおみの「ふたりの夏日記」も面白かった。

読み切り小説の中では、小野不由美の『落照の獄』が秀逸。十二国記ものだけど、物語中で凶悪犯罪を裁く司法が死刑の是非についての議論を交わす場面は、きわめてレベルが高い死刑廃止・賛成の議論になっている。

「人を殺した者に死をもって報いる、これは多分、理屈ではない。それと同時に、人を殺してはいけない、殺したくないという思いも、やはり理屈ではないのであろう。」

という文章を読んで、どちらかといえば死刑廃止論に与する自分は、なぜだか鳥肌が立った。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
小野不由美『落照の獄』だけのために買いました。 『傾国への夜明け前』説教くさくなるかと思いましたが読み終えてみるとさすがとしかいいようがありませんでした。シリーズ内で語られた数行への充分すぎる梁でありました。

他の掲載はあまり考えていなかったのですが他の三浦しをんのインタビュー記事や森見登美彦の雑文が思いがけずたのしかったです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す