通常配送無料 詳細
残り6点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
vikka(ヴィカ) Vol.26 2016年 0... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

vikka(ヴィカ) Vol.26 2016年 08 月号 雑誌 – 2016/7/12

5つ星のうち 1.8 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/7/12
"もう一度試してください。"
¥ 580
¥ 580 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • vikka(ヴィカ) Vol.26 2016年 08 月号
  • +
  • CYAN (シアン) issue 010 (NYLON JAPAN 2016年 9月号増刊)
総額: ¥1,460
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

表紙:森絵梨佳 フェミニントラッド


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 三栄書房; 不定版 (2016/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01G7I3TOC
  • 発売日: 2016/7/12
  • 梱包サイズ: 29.6 x 23.2 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

全てのページではありませんが、メインページの写真や文字のデザイン等、雰囲気が今までの落ち着いたものとは違います。
着まわしのコーナーではこれまでのvikkaにくらべ猥雑さを感じます。
コーディネートの方向性などは大幅に変わってはおらず好きなのですが、6月号までの誌面の雰囲気が好きだったのでちょっと残念です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
上品で知的、でもユーモアもあり、古いものを大切にする。
そんなこれまでのvikkaが好きで、この雑誌だけは毎号買っていました。
コンビニの書棚で8月号の発売に気づき、わくわくしながら手を伸ばしたら、表紙に「モテ」の文字が。
一瞬、おや?雑誌を間違ったかな?と思いましたが、やはりvikka。
「⚪︎⚪︎すぎるファッション」「男子スナップ」など、
これまで静かに自分の道を行く女性像を示してきた(と私は感じていました)vikkaとは真逆の内容に驚き。
大変ショックです。
紙面のデザインもいつもよりごちゃついているような。
夏だからすこし弾けてしまっただけでしょうか。だとしたら嬉しいです。
秋には落ち着いてくれることを願って。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nai 投稿日 2016/7/20
残念すぎます…
表紙からして全然vikkaではなくなった感が出てたのですが、中身をみてがっかり。こーゆーのは他の雑誌で、足並み揃えてやってるので、vikkaらしさを大事にして欲しかった。毎号楽しみだったんですが、ずーっと前の時のギャル誌みたいに戻っちゃうのでしょうか。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本当にこれは私の知っているあのvikkaなのだろうか。
これが表紙を眺め、パラパラと店先で中身を読んでみた後の最初の感想でした。
それでもじっくりと読んでみたらいつものあの透き通った世界観が広がるのかもしれない。そう思い、購入して家で読みましたが最初の感想は変わりませんでした。
vikkaはこれまでと全く違う方向に向かっています。それも悪い方に。
モテとかよりも大切にしているもの、それはレディらしさであり、丁寧に日々の暮らしを紡いでいく事だったのではないのですか?私はこれまでのvikkaからそれを学ぶ事ができました。
でも、今月号からはもうそれを見出す事は出来ませんでした。かろうじて、モデルさん達の凜とした佇まいやファッションは先月号までの空気感を感じる事ができたのが救いでした。
ですが、見出しやフォントや特集はもはや巷に溢れている二流のファッション雑誌と大差ありません。
もしこのままのテイストを続けるようなら、これまでvikkaが紡ぎ上げてきた美しいレディ像は消えて購読者もいなくなると思います。
今月号はとてもショッキングでした。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆら 投稿日 2016/7/21
以前のシンプルで上品、女のコらしいスタイルが大好きでこの雑誌だけは毎号買っていました。
今月号も楽しみにして書店で内容をチェックして今までの内容と違いすぎてビックリ
モテとか男子スナップとか完全に方向性が違う方にいってしまってとても残念です。
もちろん買うのも止めました。
以前のvikkaに戻って欲しいです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前回の号から何か雲行きが怪しくなってきたなと思ってはいましたが、今月号をいつもの癖でうっかり購入したところすごくびっくりしました。今まで楽しみにしていたvikkaはどこへやら、モテだの男子スナップなど心底衝撃を受けました。。ファッションの記事もなんだかありふれてい て全然ワクワクしません。
感覚を疑います。今までの一歩先を行くセンスはどこへ行ってしまったのでしょうか。私は、満島さんが表紙の号が大好きでした。残念でなりません。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とても久しぶりにファッション系の雑誌を買ったのが、ヴィカの2015年8月号でした。他の雑誌にはない、芯があってしなやかな女性像が描かれていて、自分の好きなものを大切にする世界観があって、自分の気分にぴったり来たんです。こんな雑誌あったんだ!と、とても嬉しく、それから毎号楽しみに買って来ました。でも今号はなぜか下世話感が…。非モテ注意報発令のチェック項目で読者を不快にさせ、◯◯すぎなファッションという表現で他人の服装をわざわざ否定し、男前スナップという開くのも恥ずかしいページも。an・anか!とツッコミを入れたくなりました。たしかにずっと同じ世界観を続けると目新しさに欠けて、「またヴィンテージか〜」みたいな感じで飽きられるかもしれません。読者の気分が、冬の非モテ感から、ちょっとモテ方向に揺り戻しが来るのもわかります。でもここまで露骨に表現しなくたっていいのに…。まぁ、過去のヴィカを見ると度重なるダイナミックな方向転換があったようですので、変化し続けるカメレオン雑誌なのかもしれませんね。個人的にはさみしかったです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー