synchronicity がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,900MP3アルバムを購入

synchronicity Enhanced, Import, from UK

5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,285 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 934より 中古品の出品:10¥ 567より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ポリス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • synchronicity
  • +
  • Reggatta De Blanc (Dig)
  • +
  • ゴースト・イン・ザ・マシーン
総額: ¥4,688
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/6/16)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: from UK, Enhanced, Import
  • レーベル: a&m
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B00009P57O
  • JAN: 0606949365622
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 6,671位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
2:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
5:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
4:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
5:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
4:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
4:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ドラム単体でゾクゾクさせてくれるドラマーってのはなかなかいない。
だが「ハイハッティスト」の異名を持つPoliceのドラマー、スチュワート・コープランドのドライブ感と言ったら!

世界的には「Every breath you take(見つめていたい)」が有名らしいが、個人的に推すのは「Wrapped Around Your Finger」かな。
楽譜的には難しいことをやってるわけじゃないのに、音の表情だけで陶酔させてくれる。
老獪なテクニックとはこういうテクニックを指して言うんだろうなぁ……。

ある程度低音を稼げる環境で、それなりの音量で聴いてもらいたいアルバム。
即効性は低いかもしれないが、きちんと聴き込む価値のある名盤。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
もう30年以上前に流行っていた曲です。懐かしいですね。「見つめていたい」や、「King Of Pain」等の大ヒットは、今でも鮮明に覚えています。昔、「ベストヒットUSA」でPVもよく見ていた事も、懐かしく思います。以前から欲しかったアルバムを、やっと買うことができました。Policeは素晴らしいアーティストだと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 誰もが認める名盤ですが、嵐のような“synchronicity1”に始まり、そして“every breath you take”は、つかの間のパラダイスなのでしょうか?このアルバムに収められている曲のほとんどが、スティングによって提供されていることを考えると、中途半端な終わり方とも感じられるPOLICEの不安定な印象も、多少は仕方がないのかなとも思われます。
 しかしもう20年ですか・・・。相変わらず斬新ですね。ジャケットがすばらしいし、いわゆる手書きの走りではないかと思われます。いまどきのグラフィックのマスターピースとも言えます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ovon 投稿日 2003/8/14
形式: CD
パンク色あり、レゲエを中心にあらゆるジャンルを取り入れたビート、哲学思想に基づいた詞、確実にヒットすると思われるポップ性。アルバム全編にわたって、彼らの持ち味が最高の形で刻まれています。ポリスの完成形がこのアルバムでしょう。
しかし彼らはこの後どう進んでいくのか、このアルバムが出来た後メンバー達はどう考えたのでしょうか。実際これが最後のアルバムになったわけで、"The Police"としてはやるべきことはもう無いということになったのでしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
モービル・フィデリティのゴールドCDと比べてみました。どちらも全く文句のない音がしますが、敢えて違いを言うと、SACDの方が細部まで見える感じです。「見つめていたい」のイントロのスネアの音のエコー処理がSACDだと見えます。ヒュー・パジャムの仕事が観たい人は買って損はしませんね。ただし、¥4500の国内盤はパッケージ・デザインがダサいですね。値段もダメでしょう。私は輸入盤の中古を見つけました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私が中学生の時ポップルポップというTBSの朝の番組で

Every breath you takeが(見つめていたい)

ビルボード?で10?週連続1位獲得というアナウンスで

ステイングがウッドベースを弾くモノクロのPVが印象深いです。

当時ポップルポップを観てから学校へ行くのが日課でした。

紙ジャケット仕様のSHM-CD版も出ているので☆一つ減で。

1983年発売のカセットと10年程前に購入した日本版を所持しております・・・

-----------------------------------------------------------------------------------------
※再販されている限定版?は不明ですが・・・

同じタイトルのDVD<synchroniciti concert>がありますが最後にLチャンネルに大きな音が出るので
ヘッドホンでの鑑賞は避けたほうが良いと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 大五郎 投稿日 2005/4/27
形式: CD
 78年にデビューしてきた頃は「レゲエ」「パンク」と当時のミュージックシーンを席巻していたムーヴメントを利用してのし上がり、その後はあっさりとこうしたスタイルを捨ててしまったポリス。ロックが持つ青臭さとは無縁の「したたかさ」が嫌味なバンドでもある。しかし表現を変えれば「どのようなスタイルでも最高の音楽が作れる」という証であり、その自信が「数年うちにビートルズを抜くよ」という不遜とも思えるセリフにつながっていたのだろう。
 このジャケットのユングの本を持つ写真は衒学趣味で鼻につくが、ここで聴ける音楽の完成度の高さにはそんな感想は吹き飛ばされてしまう。凄まじく複雑なコード進行・リズムも全くそれと感じさせないほど自然にまとめられている。個人的には一番好きなポリスのアルバムはファーストだが、このアルバムがバンドの最高傑作であり、ロックの到達した一つの金字塔であるのは間違いない。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー