エルベクリスタル

「森のガラス」と称されるグラスウェア

「エルベクリスタル」は、はるか中世の頃から受け継がれている伝統的なガラス工芸品です。東ヨーロッパの豊かな森林資源とエルベ河の水を用いて作られ、その重厚華麗な装飾性によってヨーロッパの王侯貴族に珍重されてきました。