Androidアプリストア クリスマスプレゼントおもちゃ特集 クリスマス特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick お歳暮・冬のギフト 大掃除特集 高評価アイテムセレクション Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
130
5つ星のうち4.6
スタイル名: i5-6500|変更
価格:¥21,009+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年11月7日
私の初期不良の例です

購入1週間後
最初にPCのアプリケーションが突然、クラッシュ状態を起こす
その後、アプリケーションがエラーで起動しなくなり、WINDOWSメニューの表示もできなくなってしまう
(OS再起動でも症状同じ)
            ↓
OS(WIN10)の不良だろうと疑い、OS再インストール実行
再インストール後も症状変わらず(これを3度試す) 
            ↓
OS起動時も異常に重くなる
再び再インストールを試すが設定で受けつけなくなる
(BIOSは起動できる)
            ↓
ストレージ(SSD)かメモリーの不良を疑うが、
代替品がなく試せない
(過去にこの2つの不良もあった)
            ↓
個人ではお手上げ状態になり修理店に修理依頼をお願いする
            ↓
ショップにて全てのパーツを検証したところ、CPU交換で回復したとのことでした
他のパーツは異常なしとのこと
        
CPUの不良は微塵も疑いませんでした...

これまでHaswellはi7-4790、i5-4590、セレロン(G1840)と3個使いましたが
むろん初期不良に当たった経験なしです

SKYLAKEは新設計のCPUというこで不良にも当たりやすいんでしょうか・・・
信頼、安定感で選ぶなら今はまだHaswellかなって思いました

あくまで個人的な感想でございます

追記 16.2.2 現在

その後、交換後の物はこれまでトラブルなく稼働しております
ロットのハズレに当たったのかもしれないですね・・

CPUの不良はこれがCPUトラブルだと気づきにくいことが難点だと思いました
それと気づかず私も本体ごと修理に出しましたので、
みなさまの参考になれれば幸いです
3コメント3件| 151人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月19日
最新のSkylake世代で、最も価格性能比が高いCore i3。
2Core 4ThreadでTB3.7GHzと高めのコアクロック、シングルスレッド性能はCore i7-6700の9割、マルチスレッド性能がCore i7-6700の半分という感じでしょうか。
もっぱらエンコードやレンダリングをCPUでやるなら8スレッドあるi7が最有力ですが、たまにやるエンコードをグラボのCUDAやCPUのQSVでやるとか、Core i7の2倍時間かかって構わないなら、こういう高クロックのCore i3という選択肢もありですね。
シングル性能がいいので、普段のネット閲覧やブラウザゲーム程度では全くストレスがありません。
Core i7やi5との差額で、高速なSSDや多めのメモリーを買うと、トータル性能での満足度が高まると思います。
CPU Core i3-6100 3.7GHz これ
MB ASUSTeK Intel H170搭載 第6世代インテルプロセッサー対応 マザーボード H170-PLUS D3 【ATX】
MEM Team デスクトップ用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 ECOパッケージ (8GBx2)
OS Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)【新価格版】
SSD Samsung SSD 500GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E500B/IT
グラボ エムエスアイコンピュータージャパン ロープロ対応GTX750Ti 2GB搭載グラフィックスボード N750Ti-2GD5TLP
review image
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月25日
10年ぶりに自作機を新調しました。Amazonや価格.comでみなさんのコメントとAmazonさんのおすすめを参考に組んでみました。(OSは継承です)

CPU Intel Core i5-6500
M/B ASUSTeK H170-PRO
RAM Crucial DDR4 2133 MT/s (PC4-17000) 8GB
GPU ASUSTek NVIDIA GeForce GTX960
DAC Creative Sound Blaster Z
PSU 原人志向KRPW-L5-600W/80+
OS Windows7 Home Premium 64bit

≪Windowsエクスペリエンスインデックスの評価(1.0〜7.9)≫
プロセッサ 7.6
メモリ 7.6
グラフィックス 7.9
ゲーム用グラフィックス 7.9

≪蒼天のイシュガルドベンチ(1280×720最高品質)≫
DirectX9 13029
DirectX11 11908

ちなみに、グラフィックボード(GPU)の静音性ですが季節的に寒いのでファンが回ってないので夏場がどうなるか判りませんが今の所静かです。(現在2月下旬)サウンドカード(DAC)ですがコンポにデジタルで接続して音楽や映画を見ていますがとても迫力のある音でかなり気に入っています。更にノイズが全くないのか聞こえないのが良いです。電源(PSU)ですが、BIOSで1時間ほど電圧の変化が無いか観察していましたが素晴らしく安定していました。
※今回掲載した構成以外にもDVDドライブなどを組んでいますがエクスペリエンスやベンチマークには関係ないので省いていますがパーツ構成数は全部で10あります。
review image review image review image
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月23日
6700Kと迷ったもののレビューでヘビーな使い方をしないならこちらでもパワーを持て余すという事でこちらを選択
TDPがKよりも低い、価格もKより安い、付属品としてリテールクーラーも付いてるというのも後押しでした
リテールクーラーは最初からヒートシンク底面にグリスが塗布されていますので使うのならパッケージ開封時に触れないように気をつけましょう(私は思いっきり指を擦ってしまいました)
CPUに性能的な不満は今の所一切なく、キビキビ動いてくれます
一般的な用途、動画を見る、音楽を聴く、ネットをするなど、これらを平行して多数行なってもCPU負荷率は50%すらこえません
そしてリテールクーラーは噂どおり、あまり冷えず、ファンスピード100%で動かすと、たしかにうるさいです
ただ冷えないのは他社製のCPUクーラーに比べアルミヒートシンクが小型で、これは省スペース、小さいケースにも納められるという利点と紙一重ではあります(CPUファンは9㎝サイズ)、そして小型故に冷えにくい、緊急時には冷えるようにファンが高速回転になりうるさく感じるという悪循環
リテールクーラの回転数は自分の物を計測したところファンスピード100%で3100rpm前後でした、最高回転時の騒音は笑えるくらいうるさく、とても常用は出来ない感じです
主観になりますがPCケースを密閉した状態、2000rpmをきる程度(ファンスピード70%ほど)であれば常用は出来る感じで1500rpmをきるレベルなら(ファンスピード50%ほど)十分に静音といってもいいと思います

自分の結論を言ってしまえばPCケースファン、一般的にCPU近くにあるであろうリアファン(排気ファン)との組み合わせでの冷却、ケース内のエアフローを滞りなく作りCPUファンスピードが50~70%程度でも十分に冷える、長時間の高負荷時でも度を越した温度(ファンスピードを100%にしなければならないような状況)にならないようにしてしまえばリテールクーラーでも不満は出ないとは思います
PCケースのファンは静音の評判の良いものを選べばいいでしょう(一個千円前後で買えます)
CPU温度とCPUファン、ケースファンの連動は昨今のマザーのBIOSであれば容易に設定、回転数を好みに可変させる事は出来ますので自身の住環境などに合わせて設定を煮詰めればいいと思います
それら一切合切を面倒だと思う、最高回転でも静か、冷えるものを求めるなら数千円だして他社製のCPUクーラーを買えばいいと思います
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
K付きと悩んだのですがOCするつもりもないし消費電力を重視して無印にしました。
マザーはAsus Z170-Aでメモリは64GB、OSはWin10を新規インストール。
TMPGEnc Video Mastering Works 5で動画の圧縮を毎日のようにしています。
素材にもよりますが2600K定格に比べると1.3~1.4倍くらい速くなったと思います。
エンコしている最中はターボブーストで3.67GHzになっています。
1コアだけに負荷を与えるわけではないせいか4GHzまでは上がりません。
それがちょっと残念ですが、電力消費が減ってエンコしている時間も減ったので満足です。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年末にCore i7-6700を購入し、先日家族用PCとしてCorei5-6500を購入。

Core i7-6700 と Core i5-6500では、ベンチマーク上の差はあるが、その差は体感できず。
ハイパースレッディングの有無については、タスクマネージャ上で論理CPUが多く見える程度で
普段使いでその恩恵を感じる事は無いと思われる。

個人的にはCore i7とCorei5の購入で迷っているのであれば、こちらを購入して、浮いたお金を
他のパーツにつぎ込んだ方が幸せになれると思われる。
0コメント| 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
今までその時その時の5000円程度のCPUを買っておくのが一番コスパがいいでしょ、どうせすぐに買い替えするんだしというPCライフだったが
ここ数年CPUの性能があまり伸びなくなっていて、最新のローエンドはいつまで立ってもローエンド、5年前のハイエンドにすら追いついていない
これなら一度ハイエンドを買ってしまえばしばらく悔しい思いもしないかなぁと思って購入

G1620から変更でゲーム、動画エンコ、録画、今まですべてどれか一つづつというPCの使い方だったのが
すべてを同時にやっても重くならない余裕っぷりに唖然
動画エンコードで58分かかっていたのが15分に!
最高の買い物でした
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月4日
+ ASUS H170 PRO GAMING + CMK32GX4M2A2133C13 + ELSA GD960-2GERX + Intel SSDSA2CW300G3B5

初導入Windows10ですが映像編集も3Dゲームも簡易CADもストレス無くできる。
システムはSSDに入れるの前提ですけどね。

追記。
CMK32GX4M2A2133C13をもう一つ購入して64GBにしました。今のところ何も問題はありません。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月5日
i7が必要になるほどの作業はしないが、ゲーム等をそれなりにガッツリやりたいという人にオススメです。
6600と比べても大きな差は感じませんが、定格周波数の都合上6400を買うよりはこちらの方がコスパがいいと判断し購入しました。
現状ではゲームをするだけではその性能を軽く持て余しているようにも感じられていますが、動画エンコード等を頻繁にするとなると、i7を選んだ方が無難ではあると思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月21日
今回は久しぶりに自作PCを組むことになり、コスパ重視でデスクトップを組みました。
メインで使っているPCには第4世代Core iシリーズのi5 4670Kを使っており4.2GHzにオーバークロックし常用しております。
使用用途は動画編集とオンラインゲームになりますが、サブのデスクトップにそこまで高度なものを求めていないというのとSkylakeになりどれくらい性能が上がったのか気になったので今回はCore i3 6100を選びました。

オーバークロックできないCPUですが、デフォで3.7GHzまで回るのはとても嬉しいですね。動画のエンコードや4スレッドまでしか対応していないゲームをするときに高クロックであることはパフォーマンスに直結してくるので・・・。

動画編集にはAdobe PremierePro CCを使いますが、クロックとSkylakeでの進化のおかげでエンコード速度についても特に不満はないです。

PentiumとCore i5で悩まれている方は、自分の求める程度をよく考えてCore i3を選択するのもいいと思います。
2コア2スレッドと2コア4スレッドの差はかなり大きい(実感)のでCPUに2万円かける予算がないときはCore i3にしておくのが一番コストパフォマンスはいいと思います。G3258にしてオーバークロックしようかとも思っていましたが、Zチップマザーは基本的に値段が高い上に、オーバークロックして常用することを考えるとそれなりの製品ではないと不安があるのでコストがかかりますが、Core i3のようにどのグレードでもオーバークロックできない設定になっているCPUを使う場合はHシリーズで対応できるし、比較的安めのマザーボードを選んでもきちんと動くことが多いのでトータルコストを考えてもCore i3とH170/B150マザーボードで組むのがコスパ最強になるかと思います。

Windows 7のエクスペリアインデックスではCPUが7.4を記録ており、第2世代くらいのCore i3では6.9だったのに対してかなり性能も向上しておりいい時代になったなぁ(5年前くらいと比べて)と改めて思いました笑

そんなわけで自作PCを初めて組むけどどれを使えばいいかわからない人やそこそこのスペックが欲しい人にこのCPUを是非是非オススメしたいと思います。

GPUを追加することでグラフィックも強化できますしCPUのもともと持っている性能は確かなので他のパーツにもお金かければトータルパフォーマンスがよくなりますのでいろいろ調べてみてください笑

Arch_RYO.
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)