算数

トップの選ばれている商品およびレビュー

"春の準備のひとつとして" - チエベ@ (愛知県名古屋市)
新学年になる季節の前に購入しました。
児童クラブ・学童保育という仕事をしていて、よく子ども達から質問を受けることがあります。
国語(漢字)、社会等についてはOKなのですが、
理科・算数のとくに算数については、その「なぜ」・「なに」に本当に困っています。
ひとつは、数学で問題を解いてしまうことが多く、子ども達から「習っていない」と反論されてしまうのです。
算数の考え方で、算数の方法で、問題を解くには この本は本当に有効です。
子どもの何がわかっていないか、自分の説明がどうたりないのか、かなり明確に見えてきます。

小学校新学年を迎えられた親御さんと、中学校に入学された親御さんに是非お勧めします。
お子さんの算数についての弱点が見えてきます!
"子どもに大好評" - Amazon カスタマー
算数に親しませるための購入しました。子どもたちは興味津々でいろいろなページをさわって楽しんでいました。遊びながら算数の基礎知識を身に付けられそうです。
"とても良かったです。" - mini
中学校入学前に、小学校の復習ができました。
わかりやすくとても良かったようです。
"自主学習に最適" - ちゃとりん
算数好きな小3の息子用に買いました。分厚くて内容もびっしりなので最初は面倒くさがって進んで読もうとしませんでしたが、学校の自主学習(どんな内容でも可)を何にしよう?息子に相談された時に「この本の内容をまとめたら?」と勧めてみたらハマりました。たくさんの項目から興味のあるところを自分で選んで、自主学習ノートにまとめています。買ってすごく良かったと思います。ちなみに、「触って学べる算数図鑑」の方も買いましたが、そちらは簡単すぎてあまり使いませんでした。算数が好きでたくさん知識を増やしたいと思うタイプのお子さんにはとても適した本だと思います。
"親が読む本" - くまくま (東京都品川区)
算数につまづく子供の気持ちは、算数に何の疑問も抱かずに通り過ぎた人にはなかなか理解できない。それが親であれば、子供にとっては中々に不幸である気がする。そんな時に本書を読めば理解できることもあるだろう。つまりこれは、算数につまづいた子供を持つ親が読む本である。
"理科と算数の塾技を購入しました。" - Amazon カスタマー
小学5年生です。塾での総合テストの際に基本事項を見直すことのできる参考書を探していたところ、まず理科の塾技に出会い、引き続き算数も購入しました。
夏休み前から算数、理科の重要単元が続き子供の頭の中がごちゃ混ぜになっていたのですが、習ったばかりの単元を見直してからテストを受けたところ、基本問題はしっかりと押さえてきました。試験で頻繁に出てくる内容を100項目に分類されていますので、子供も100個覚えれば良いのかと自分から見直しています。5年後半も重要単元が続きますので、既出範囲を塾技で見直していきたいと思います。
5年生にオススメです!
"素晴らしいアプリだと思います" - pancho
1年生の娘が、いくつといくつに苦戦してました。足し算のアプリはたくさんありますが、いくつといくつを含め、授業内容に沿ってレベル別に勉強できます。このアプリのおかげで、克服できました。
"子供だけでなく・・・、" - youchan
子供だけでなく、大人も楽しむことができ、思考回路を、リフレッシュが出来て、とても楽しく遊べました。
"小学校時代の自分に教えてあげたい" - ねこねこねこ
小3、小1の子供がいます。宿題もちゃんとやり、授業内容も理解できている小3の息子ですが、「このまま学校の授業だけで大丈夫なのか」と、漠然と思っていたときに出会った本です。
親子共に塾や通信教材には少し抵抗があったのですが、本書を読んで、家庭学習だけでもしっかり力を付けられるのだと分かりました。
自分自身が小3〜4年生の算数(小数点の割り算あたり)から躓いた記憶があり、特にきちんと理解しないまま中学に進み、理系だけでなく、勉強全般が苦手なまま現在に至ります。そんな自分だからこそ、親目線というよりは、勉強に躓いた子供時代の自分に当てはめて、共感して一気に読んでしまいました。
学年別・教科別に具体的にどのように学習を進めていくか。学習だけでなく、日々の生活や遊びの中でも取り入れられる例も詳しく書かれています。母親だからできること、父親だからこそできること、まさに家族が一つになって、子供たちの「今」に関わっていく大切さを感じました。
人生の基礎となる小学校での授業内容を、一つも取りこぼすことがないように、親として出来ることはサポートしてあげたいと思います。
個人的には「躓いたら、小1の学習に戻るのが一番の近道」という言葉が印象的でした。私も小1からやり直すつもりで、子供の家庭学習を見守りたいと思います。
"良問が詰まっている" - 緑のおじさん
取り扱っている問題の難易度や質は、
まさに「ここがわからないから伸びなかった」と思える内容です。
基礎固めや算数が苦手な生徒にはぜひ取り組んでほしい問題集です。
ただし、円に関する計算をπを使って教えていたり、
解答・解説が少し簡略化しすぎている点も否めなく、
少し生徒に対して補助が必要かなと感じたので☆4つです。
"いい商品です" - 仙台四郎
早速小1の娘が使っています
楽しそうです
九九もいやいや覚えるよりも楽しんで覚えられそうです
正解するとほめてくれるのでやる気も出るようです
"こどもがとびつきました" - inaibaa
もともと算数は好きな子なのですが、今までやっていた計算ドリルとは全く違う問題集に興味しんしんで、自分からどんんどん取り組んでいました。時間に余裕のある夏休み用に購入したのですが、とても良かったと思います。
"親が読むべき" - Elephant
子供向けの本として編まれているが、実は子供に勉強を教える、または教えたい親こそ紐解くべき。
我が家の小3の娘は親に似て計算がトンチンカンだが、本書を親子で読むうちに(ケアレスミスは多いが)
とにかく解法のようなものを身につけることができた。計算ドリルなどやる気もおこさない娘も、
なぜか本書を読むことは嫌がらない。抵抗なく勉強させてもらえるだけでも、ありがたいと思う。

また、本書と教科書を比べると教科書って不親切なんだな、と感じさせられる。
本書には「子供にわかってほしい」という思いやりが詰まっている。教科書も、そのへんのドリルや参考書も、
本書と比べるとただの「算数説明書・練習帳」に過ぎない。

セット価は高いが、塾に行かせる費用を考えれば安い。・・・と思い込む努力中(笑)
"子供の気を引く問題" - みこん (大阪市)
忍者やロボットがモチーフとして出たり、金魚すくい、鬼の的あてなど子供の興味を引きつける問題で、喜んで取り組んでいました。
1度目は親が付き添って、2度目は難問だけ親が付き添って解きました。あと2回ほどリピ買いしてから小1〜2向けに移行したいと思います。
"がんばりました!" - きらめきファン (東京都)
新3年生の息子が、2年の三学期半ばから春休みにかけてがんばってやりました。
問題難易度によって星一つから三つまでありますが、本人の得手不得手によって
難しいと感じる問題は別のようでした。
きらめき算数脳1・2年のテキストから三冊目で、本人はこういう問題にも慣れてきましたが、
ついに、算数の苦手な母親のほうが解法を読んでも説明できない問題が出てきて、父にヘルプをだしました。
お恥ずかしい・・・
しかし、学校の算数のレベルとは大幅にかい離しています。Z会の受験コースよりも難しい。さすがSAPIX。