Androidスマートフォン特集 Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard Winter_Bike AT TOKYO2019 Fire HD 10が4,200円OFF Fire TV グルメギフト ドラッグストア クーポン祭り 秋の味覚を楽しむキッチン用品 Echo Kindle Amazon MP3 野球用品 戦闘車 シーズン2

図解入門

トップの選ばれている商品およびレビュー


__により 神崎 洋治
残り
価格: 価格:
"人工知能解説のバイブル本" - __により SHIGE
私はこれまで、様々な人工知能に関する本を読んできましたが、人工知能の基本事項を詳しく解説している本は今まであまりありませんでした。この本は、日に日に進化する人工知能の最新事項をわかりやすく、しかも、詳しく解説しています。なかなか理解しづらい「機械学習」の解説もくどくなく、わかりやすく解説しています。人工知能の知りたいところをまんべんなく記載されていて、その網羅性にワクワク感を感じながら読み進められました。痒いところに手が届く感じです。今は様々な人工知能に関する本が出ていますが、やみくもに手を出すのではなく、この本を始めに読んでから、様々な人工知能の本を読んだ方が理解が早いかもしれません。

__により 津村 ゆかり
残り
価格: 価格:
"分野が網羅的で、非常に分かりやすい" - __により K
分析の基礎的な理論から機器のこと、認証に関することや心構えまで非常に幅広い内容が網羅されており、それらが図解入りで非常に分かりやすく説明されています。また、統計上の処理が必要な精度管理や妥当性評価、検量線で使う最小二乗法などに関して、実務で使うレベルで分かりやすく解説している書籍を今まで見たことがなかったので、今後重宝すると思います。

__により 谷口功
残り
価格: 価格:
"がんばれ!アニメ制作会社" - __により 橋本孝行
最近のアニメ作りが<製作委員会方式>で資金を集めている理由が納得。従来の広告方式では代理店や元請制作会社がリスクを負いすぎていたのだから。
確かに最初に資金を用意した会社や個人が、プロジェクトの版権を握るっていうのは妥当。
当たるって補償がないのに、ギャンブルのようなアニメ商売で大いにリスク有りで大事な資金を差し出すのだから。(『ガンダム』の版権を持つ<創通>や『ヤマト』の西崎氏みたいに。)
ただし<製作委員会方式>の資金のないアニメ制作会社が版権ビジネスに参加できないのは問題有り。確実に制作費だけはもらえるのでリスクはないけど、一番コンテンツつくりで汗水流している部署なのに。
制作会社がもっと資金調達できるビジネスモデルの構築がこれからの課題ってことですね。

__により 中村 恵二
残り
価格: 価格:
"初心者にも分かりやすい本" - __により おげ
この業界の初心者である私には用語集が特に役に立った。
旅行代理店(エージェント)毎のあらましが載っているのもよい。

__により 相戸 浩志
残り4点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"実用性があり便利です" - __により 管理生活25年
この本に書かれている内容の多くは、ネットで検索すれば調べられます。しかし、

学ぶ上で体系的に順を追って勉強したいとなれば、やはり1冊にまとまっている

のは便利です。また、著者の経験からであろう、対策を行う上での問題、注意点

は、実務を行う管理者にとって実用性を大きく高めるものになっています。

__により 佐藤 淳一
"半導体の概要を学ぶには最適" - __により ひとりぐらし (熊本)
半導体についての概要を初めて学ぶのに最適です。
前工程・後工程どちらも乗っているので、半導体業界に初めて入る人が製造の流れの基礎知識として学べます

__により 石川 秀人
残り
価格: 価格:
"わかりやすい!" - __により RYO
5Sの本は何冊か読んだことがあるが、まずこの本は読みやすい。また、私はオフィスワーク向けを探していたのだが、製造現場だけでなく、「事務の5S」のボリュームがあり、わりとわかりやすく説明してあるので、いろいろ参考になることが多かった。「仕事の5S」は難しいかな?!

__により 青木 タカオ
"ベテランにもビギナーにも!" - __により バイパー
バイクの装備名称やその機能構造を熟知している方も多いですが、解っているようで実際はそうではない人もおられると思います。
恥ずかしながら私は後者ですが、十数年振りに新車に乗り換えた事をきっかけに購入してみました。ディープに解説されている訳ではありませんが、図解されているので理解しやすいと思います。私がお世話になっているバイクショップには、訊いてもいないのにいつも色々詳しく説明してくれるスタッフさんがいるのですが、点検や調整などで入庫した際にもスタッフの話が理解しやすくなったように思います(笑)
バイクが更に少し楽しくなりました。ベテランさんでもビギナーさんでも楽しめるし、バイクに乗る前の方も購入を検討中のバイクの装備や構造を理解し易いと思います。

__により 小笠原 種高
残り
価格: 価格:
"スマホ全般を扱う貴重な概説書!" - __により 堂垣外弘忠
国内外の電子産業全般を扱う仕事をしており、スマホの規格全般の勉強をしたくて、良い本を探していて、やっと見つけました。
 アイフォーン、アンドロイド(ブラックベリーの説明まである)の両方を扱い、技術の概要(ハードとソフト)、規格、アプリの説明、周辺接続、ブルーつーすの詳しい解説等至れり尽くせりです。

__により 加藤丈博
残り
価格: 価格:
"いきてこそ、いかしてこそ!" - __により がんも
組織改革のノウハウの基本が教科書的に羅列されているだけなのか?と思って読み始めた。
第1章‐2を読んで「!」と思い、のめり込んで2時間半で読んだ。
コンサル本(?)には珍しく、ノウハウが惜しみなく披歴されていて、それだけではなく「これでもか」という程の事例はいかにも親近感があり、泥臭く生々しい。
志が高い経営陣・経営幹部・管理者だけが登場しているように読めるのが、若干マイナス点だけども、誰の中にもある”陽”と”陰”のバランスが、”陽”に振れて変化する様子とそれぞれのストーリーの結語は、自分の心に灯がともった。

「はじめに」で、筆者は、個人も組織も、『‟いきてこそ、いかしてこそ”が大事』だと言っている。
自分も、部下も、自分の経験も、組織も、活かしてナンボ。いきいきと生きてナンボか…。
「綺麗ごとだな」と思ってから少し考えて、いやそれでも、やはりできればそうありたい、と思った。

“変えてはいけないこと”のために、“変わり続けること”が、個人にとっても組織にとっても、大切なのだというのは、組織改革だけではなく、生きていく上でのキーワードなのかもしれない。

実践の書であるとともに、人と人の間で仕事をするビジネスマンにとって、重要なメッセージが込められている良書。

__により 田村 浩一
残り
価格: 価格:
"今までになかった病理診断学の本" - __により みよみよ
同じ出版社の「よくわかる病理学の基本としくみ」と同じ著者ですが、続編ではありません。世の中の病理診断学の本は病理診断をする人のための本で、「この病気の病理所見の特徴はこれ」という解説が主体です。しかしこの本は、病理医が診断の根拠にしている、組織や細胞の姿かたちが病気でなぜ、どのように変わるのかを解説しています。脂肪腫とスイカの組織写真には驚きましたが、見た目の判断がいかに難しいことがあるか、病理診断というのはどのくらい確かなものなのか、さらに正しい病理診断結果を得るために診断を依頼する主治医は何をすべきかという、他の本ではほとんど触れられていないことが、説得力のある写真を使って詳しく述べられています。昔、先輩が「ウチの病理はあてにならん」と言っていましたが、実は彼が病理診断についてまったく知らなかったことが、この本を読んでよくわかりました。学生に限らず、病理診断に関わる医療従事者は絶対に読んでおくべき本だと思いますし、病理診断を受ける患者さんにも大変役立つ本だと思います。
お薦めとは別に、細かな証拠(所見)を拾い集めて推理し、結論(診断)を導きだす病理診断って、はまるとけっこう面白んだろうなぁ、と個人的には思いました。

__により 森重 功一
"入門書として" - __により みのこ
当方機械設計の仕事に携わっています。
イラストが多く、文字が少ないのでわかりやすいです。
本当に初心者向けなのである程度わかってる方にはお勧めしません。
入門書としてはベストですね。
この手の本にしては読みやすく抵抗なく入れますよ。

__により 大川 正義
残り1点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"参考になった!" - __により Amazon カスタマー
参考になった!音楽業界のことについてたくさん書かれていておもしろかった、

__により 武永 行正
残り
価格: 価格:
"リレー回路ってなに?というレベルの方に" - __により kyu
仕事で必要になったので。

リレー回路ってなに?というレベルの私には、取っ付きやすかったです。

リレー回路、シーケンス制御と言われて、大体どんなものか知っているレベルの人には、この本は不要。三菱で無料ネット講座があるので、それがおすすめです。

__により 木村 学
残り
価格: 価格:
"丁寧に論理を積み重ねた入門書" - __により 一学徒 (大阪府)
わかりやすい表現、かゆいところに手の届く解説、直感的な理解を促すイラスト。
今の科学ではこんなところまで分っているのか!という驚きがいっぱい。
地球科学に関わる多くの論点が、一貫した論理に沿ってすっきり頭に入ってくる。

とくに印象的だったのは、水が果たしているさまざまな役割だ。
溶かしたり滑らしたり固定したりと、八面六臂の大活躍をするのが水。

著者の組み合わせが成功している。
おススメ。