キュボロ cuboro

トップの選ばれている商品およびレビュー


残り5点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"クゴリーノとセットで遊んでます" - いちご農家 (岐阜県)
1年前長男が4歳の時にクゴリーノを購入し、今回5歳になってキュボロを購入しました。アマゾンプライムに登録していないのに注文から20時間程度で自宅に届き、迅速な発送に驚いています。
 キュボロは基本立方体の積み木に穴が空いている形態であり、クゴリーノは長くて(短いものもある)レール上の溝がついた積み木があります。これらの性質を上手くいかすとキュボロ単独でもクゴリーノ単独でも、また両者を組み合わせてもそれぞれの遊び方ができます。キュボロ単独が一番難しく立体感覚が必要になると思います。逆にクゴリーノ単独が一番簡単かと思います。
 キュボロの遊び方に関しては多くのレビューがありますし、you tubeなどで動画も見られるので、これ以上は詳しくは触れないことにして、正規輸入品と並行輸入品に関しての意見を述べておきます。私自身はキュボロもクゴリーノもいずれも並行輸入品を購入しました。理由はどちらも正規輸入品よりも安かったからです。結構な値段の差があります。内容は正規輸入品と並行輸入品とで全く違いはありません。多くの方が心配されるのはアフターサービスや不具合への対応なのでしょう。私も1回目はその点が心配で迷いましたが2回目は全く迷いはありませんでした。キュボロもクゴリーノもあくまで積み木型のおもちゃであり、家電製品やオーディオ機器と違って使用法や不具合に関して問い合わせをすることもまずないでしょうし、初期不良に関しては販売店で対応・交換してもらえるようなので、無理をして高額な正規輸入品を購入するメリットはないと判断したからです。並行輸入品で説明書はもちろん英語でしたが、基本的には困りません。遊び方例も英語で書かれているのですが親切な図があるので困りません。ですから、もし正規輸入品と並行輸入品かで迷っている方がおられたなら、迷わずにいずれの場合も安い方を選んでよいと思います。

残り6点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"すごくいい❗" - Amazon カスタマー
キュボロが軒並み値上がりしている中、こちらの会社は良心的な値段で、発送も迅速丁寧にしていただけました。
オランダからの発送で、一週間で届きました。
子どもの誕生日にも間に合って、よろこんでコロコロ~とビー玉を転がして遊んでいます。
もうちょっと大きくなったら、キュボロを購入しようと思うので、その時はまたよろしくお願いします。

残り1点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"お世話になりました。" - クマ・トモ
子供二人に購入しました、数が少ないのでどうかなと思いましたが楽しく遊んでいます。
まだルールが難しいので、長い道やトンネルにビー玉を走らせて楽しんでいます。
長く遊べる商品になると嬉しいです。

残り2点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"子供が食いつく" - ジェニファー
親族が集まった日、乾杯だけすると食事もせずに、すぐに子供は箱を開けて遊び始めました。想像力をかきたてられるようで、いろいろなバージョンを作っては大人に見せて、満足そうでした。とても良かったのですが、いいお値段で、定価とあまり変わらなかったので、星4つとさせていただきました。

残り3点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"大人がハマってしまう" - hiro
子供が遊べると思い購入したものの、奥が深く大人がハマってしまう。

残り14点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"子供向けとは。" - えんけれる
クボロは値段面さえクリアすれば欠点はほとんどありません。

まず、個人的にはスタンダード、あるいはベーシックのクボロから入るのがお勧めだとは思います。
しかしこのクゴリーノはこれ特融の良さは確かにあります。

子供向け、というのはどういうことなのでしょう?
これはスタンダードやベーシックその他を持っていて、このクゴリーノを手に入れて見るとよく分かるのですが、
「長いコースがある」この一点に尽きます。

初めて触るとトンネル構造を知っていてもあまりうまく使えず、結局ブロックをガンガン並べて、だだっ広いコースを作るのがまず基本となります。
位置エネルギーから運動エネルギーの変換途中、および湾曲したコースなどで減速し絶対に最後まで行けないのですけど、線路を作る感覚でしょうか、長いコースがとにかく好きだったりします。
その辺をこのクゴリーノはフォローしている感じです。

個人的には上級者?にこそお勧めのキットで、この半分の高さのブロックの使いやすいこと。
半分の高さでできた長いコースの使いやすさがまた…
ベーシックの中に入っている土台ブロックを全部半分にしろよとさえ思いました。
地下鉄がそのまま地上に出てくるコースが作れるし使い勝手が非常にいいですわ。
で、反面ブロック単体が軽いので、とくにゴールに使うビー玉入れのやつは軽すぎて一つビー玉が入ると動いてしまいますね。
支えが必要。
これは長いコースにも言えることで、子供向けとはいえ各コースのデリケートさが増している感じがしますね。
ビー玉を転がしたらそく調整しなければならないこともしばしば。

個人的に最大の欠点は、子供向けだからという理由と、形が不規則だからという理由でしょうが収納が袋になった点。
他のクボロと同様しっかりと動かない箱に入れて収納したかったです。

もしかしたら欠点ばかりあげたようにも見えますが、これはいいおもちゃですよ。
子どもも長く遊べますし、大人も楽しく遊べます。

残り1点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"最高のピタゴラスイッチ" - えんけれる
このクボロの欠点を言えば一つしかありません。値段です。高いですよね。
 このおもちゃをやらせた子はみな欲しがり、そしてこちらからは「いくらだと思う?」という質問から「え〜!!」っというのはお決まりの流れとなっています。
 何しろその値段にもかかわらず、クボロのほぼすべてのセットを集めていることもあり、その値段も相まって驚かれます。

 しかしそれ以外に欠点がありません。
 ブナの木のブロックの手触りのよさから始まり、穴と穴通路と通路はぴったりと繋がり、玉が転がるそのカタカタころころという音がまた心地がよい。
 最初は説明書にある「お城」を完成して玉ころがしを実感するところからでしょうが、そのあとは無限の可能性に驚かされます。

 いろいろとポイントを押さえて見ます。
 慣れてくるとですが、まずこれを机の上に広げて5分でコース完成、転がして満足し一分で片づけなんて芸当もできるようになります。
 慣れていない場合は一つのコースを作るのに30分ぐらいを目安に考えるといいでしょうか。
 何がいいって、玩具の中でこれほど素早く広げられて片付けやすいというのがまず大きなメリットです。

 ネジなんかもないので、大人が手伝わないとはめられない、作れないなんてこともありません。
 小さなお子さんを想定するとビー玉を食べちゃいそうなら危険ですがそこをこえたらもう大丈夫でしょう。

 むしろ大人や、中学生以上の子でもハマることが多いですよ。いわゆる目を輝かせてコースを作ります。

 箱もすごく頑丈な分厚い紙でできていて、収納という意味でも何の問題もありません。

 以上べた褒めしておきますが、特にベーシスはその中でもお特用なセットだと思います。
 数が多い方がいいのは間違いないので、えいっとスタンダードを買うこともお勧めしたいぐらいです。

"ランダムに" - えんけれる
29番のパーツがこのセットの目玉で、ランダムに2コースに行きます。

 一本の長いコースを作るのが基本となるところをこのパーツを使うと2つ、もしくはそれ以上のコースに分岐するものを作ることができます。
 まあ結果としてはコースとしては短くなるのだけど二つのコースを交差させて作ることができるとなかなか楽しいです。

 この分岐のパーツは思い出すに、愛知万博のスイス館の出口にあった巨大なcuboroの城ですね。
 ふんだんにパーツを使い接着剤で固定され、スタートが一つでゴールが3つだったと思いますが、思えば多分このパーツが使われていたのだろうと思います。

 あと25番と26番は非常に便利なパーツです。29とともに多分このムルティにしか入ってません。
 また分岐パーツとしてはデュオにも別の形のものが入っています。

 もちろんcuboroはこの拡張単体でも遊べるようになってます。

残り10点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"クゴリーノ・ポップを加えると遊びの幅は広がります" - いちご農家 (岐阜県)
1年前長男が4歳の時にクゴリーノを購入しました。似たものにキュボロがあります。
 キュボロは基本立方体の積み木に穴が空いている形態であり、クゴリーノは長くて(短いものもある)レール上の溝がついた積み木があります。これらの性質を上手くいかすとキュボロ単独でもクゴリーノ単独でも、また両者を組み合わせてもそれぞれの遊び方ができます。キュボロ単独が一番難しく立体感覚が必要になると思います。逆にクゴリーノ単独が一番簡単かと思います。4歳という年齢とビー玉転がしのデビューということでキュボロではなくクゴリーノにしました。積み木やレールを使ってピタゴラスイッチのようなビー玉転がしを作っていくゲーム性です。大人も一緒に楽しめます。むしろ大人の方が夢中になる可能性があります。4歳の長男も最初はかなりの手助けが必要でしたが、5歳になった今ではある程度まで自分一人で組むことができるようになってます。
 クゴリーノ単体でも十分に遊べるのですが、ビー玉のジャンプするパーツやレールのパーツが増えることで遊びの幅が大きく膨らむため、クゴリーノ購入後ほどなくしてクゴリーノポップも購入しました。クゴリーノポップは必須ではないですが、かなりお勧めです。
 クゴリーノの遊び方に関しては多くのレビューがありますし、you tubeなどで動画も見られるので、これ以上は詳しくは触れないことにして、正規輸入品と並行輸入品に関しての意見を述べておきます。私自身はキュボロもクゴリーノもいずれも並行輸入品を購入しました。理由はどちらも正規輸入品よりも安かったからです。結構な値段の差があります。内容は正規輸入品と並行輸入品とで全く違いはありません。多くの方が心配されるのはアフターサービスや不具合への対応なのでしょう。私も1回目はその点が心配で迷いましたが2回目は全く迷いはありませんでした。キュボロもクゴリーノもあくまで積み木型のおもちゃであり、家電製品やオーディオ機器と違って使用法や不具合に関して問い合わせをすることもまずないでしょうし、初期不良に関しては販売店で対応・交換してもらえるようなので、無理をして高額な正規輸入品を購入するメリットはないと判断したからです。並行輸入品で説明書はもちろん英語でしたが、基本的には困りません。遊び方例も英語で書かれているのですが親切な図があるので困りません。ですから、もし正規輸入品と並行輸入品かで迷っている方がおられたなら、迷わずにいずれの場合も安い方を選んでよいと思います。
 今回5歳になってキュボロも追加で購入しました。今はキュボロとクゴリーノセットで遊んでいます。

現在在庫切れです。
"トンネル要素" - えんけれる
クボロは値段面をクリアするなら全く問題のない玩具です。

スタンダード、あるいはベーシスの次に買うといいなと思うのは、プラス、プロフィ、マルチ、メトロのいずれかでしょう。
その中では一番トンネルに凝ったパーツが多く、慣れてくるとできるだけブラックボックス化(ビー玉の通っておりコースを見えなくする)をねらい始めますので、そのパーツとして非常に有効なものが多く存在します。

中でもトンネルの中のままで曲がるパーツはこれか、デュオにしか入っていません。(6個パックにも入っている)
これらの使い方を考えるとだいぶ広がる感じがしますね。