おすすめなボード ゲーム

トップの選ばれている商品およびレビュー


残り4点(入荷予定あり)
価格: 価格:
"軽く遊べる" - 桃太郎 (岡山)
短時間で遊べる陣取りゲームです。
手番で出来るのは柵2本を置くか、自分の影響力チップを置くかの2つだけです。

これだけですがどうやって得点と自分の影響力チップを分けられないようにするか、
また、相手の影響力チップは何点なのか、等を考えることはたくさんあります。

ルールは簡単なので入門者でもすぐに出来ますが考え所はたくさんあるので
ボードゲームに慣れた人でも楽しめると思います。

☆を一つ減らしたのは影響力チップを隠すついたてを付けておいて欲しかったからです。
公式ホームページからDLして自作しましたが軽くてすぐ倒れるので作り直す予定です。

在庫あり。
参考価格: 参考価格:
価格: 価格:
OFF: OFF:
"満足" - Amazon カスタマー
息子も旦那さんも楽しんでいます。これはこどものうちからやっとくと良い。頭も使うし、運のよさ悪さも経験しながら楽しめます

在庫あり。
価格: 価格:
"とても気に入っていますよね!面白い!" - あさ (埼玉県)
こどもから大人、お年寄りまで遊べる楽しいゲームです!買って損なし!興味がある方1度やってみて下さい!
友達と家族と楽しく遊べるゲームです!やっても楽しい、見ても楽しいです!木でできたボードがとても綺麗で、不揃いのガラス玉もまた綺麗です。そして、ゲームも面白い!

残り9点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"1vs1のシンプルながらボードゲームならイチオシ" - 消費者
妻と本日の皿洗いをかけて毎日勝負しております。戦略もさながら心理戦や運も絡んでくるのでシンプルながらかなり盛り上がるゲームです。

残り3点(入荷予定あり)
価格: 価格:
"戦略型ボードゲームの初心者にお勧め" - オヤマダさん
基本的には5つの行動から一つを選択するだけである。
このシンプルなシステムが戦略型ボードゲームの初心者にもなじみ易く、じわじわと陣地を広げて行くのも楽しさを感じる。
戦闘システムも簡潔で解り易く、シンプルなシステムであるだけに、文明やプレイヤーの間の差も比較付きにくい、マルチプレイに不慣れな方も最後まで楽しめる良作だと感じた。

欠点としてはゲームの展開は比較的緩やかで、ランダム要素に乏しい。
勝利条件もいまいち解り難く、自己や対戦相手の勝利条件への到達度の把握が初心者には難しいかもしれない
原作のシヴィライゼーションの五里霧中を彷徨う感覚や衝撃的な展開の再現は難しいかもしれない。

残り15点 ご注文はお早めに
価格: 価格:
"よくできたパーティーゲーム" - seventeen mountains
よく練られた盛り上がるパーティーゲーム。
商品のイメージ写真にあるように
・驚きの「はぁ」
・失恋の「はぁ」
・怒りの「はぁ」
・ぼうぜんの「はぁ」
など、指定の項目をプレイヤーは演技する。

他のプレイヤーは、今の「はぁ」が、どの「はぁ」なのかを推測する。(笑)

これが意外になかなか当たらない。
ミスリードを誘うように上手く演技項目が選ばれている。
(「驚き」と「ぼうぜん」てどう違うの?w)

演技項目の中には
・セクシーな「あーん」
・エッチな夢を見ている寝顔
のようなものもある。でも下品になりすぎない程度に数が抑えられているのも良いところ。
これなら子供相手でもギリギリOKじゃない?

シャイな人もいるので、最初のカード数枚は仕込んでおいた方が良いかもしれません。恥ずかしがり屋の人に嫌がられる演技項目がないように。
私の周りでは今のところ、恥ずかしがり屋にもこのゲームは受け入れられています。
「皆さんの演技力をテストさせていただきます」と言うと、誰もが興味津々。
みんな一度は「自分の演技力」を知りたいと思っているのかもしれませんね。(笑)

勝ち負けをなくしてしまえば、2人でも遊べます。カップルで盛り上がりそう。

定価2160円(ぼったくり屋にはお気をつけ下さい)。
その割にコンポーネントも豪華。
リプレイ性も良好。
コスパ良し。傑作。お薦めです。

在庫あり。
価格: 価格:
"カードの質感の良さと質問の良い意味でくだらないギャップが最高" - 万年肩コリ症
フリーテーマもありますが、カードの質問内容が発想の斜め上を行っていて面白い。
「こんなん聞くか〜?!」というノリで題目を決めて、みんながどんな発言をするのか、毎回違った展開を楽しめます。

今から仲良くなる人を相手にするのも、これまで仲良いと思っている人と、さらに親密になるためにも、素晴らしいゲームです。

購入して半年以上経ちますが、お酒の席などのテーブルが濡れているところで使っていても、割と平気なカードの材質です。
本当にどんなところでも使用できるように考えられてるんだなぁと、細かいところですが、開発者の意図を感じました。