Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard summer_Bike DVD ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 秋のガーデニング用品セール Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 STAND BY ME ドラえもん

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
650
5つ星のうち3.9
エディション: 1) 通常版|変更
価格:¥8,180+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年9月19日
高い難易度でやりごたえがあります。
敵はそんなに激しい動きをしてくるわけではないのですが、とにかく一撃の威力が高く事故が起こりやすいです。
常に注意深くプレイしていく必要があります。
しかし主人公の動きはなかなかに速く、難しい中にも爽快感もあったりします。
ズバズバ切り刻んで爽快感に浸っていたら突然落命…大体これを繰り返す感じですね。
アクション性はかなり多彩でいろんなスキルを覚えてボタンに割り振ることができ、自分で考えた戦術やコンボみたいなのも作れたりします。
操作していて本当に面白いゲームです。
あと結構ハクスラ要素があります。武器や防具をどんどん強化していく楽しみもあるので、そういうのが好きな方にもお勧めです。
突き詰めていくと最終的には無双ゲーのように立ち回れるようになるのがコーエーならではですね。
かつて苦戦した難敵達を蹴散らしまくるのは爽快ですよ。ぜひ体験してみてください。

ちなみに…本編は最高の出来なのですが、DLCに関しては不満があったりします。
特にDLC2はかなり不満です。最高難易度の追加やより上位のレア武器などが手に入ったりするのですが、これが全くの調整不足で酷い出来です。ただ闇雲にプレイ時間を水増しさせたような無駄に時間がかかる収集要素など最悪ですね。
あと敵の火力が高すぎて防御力が意味をなさず、被ダメージ無効スキルを前提とした難易度みたいになっています。これが本当に最悪で、単調な回避攻撃(被ダメージ無効)を繰り返してるだけの爽快感の欠片もないアクションに変貌しています。
また、新ステージもかなり最悪で、防御も回避もできない弓矢で一方的に攻撃されるステージなど非常にストレスが溜まります。満足に探索も出来ません。
まあ、これはあくまでDLC2限定の話なので買わなければいいのですが、私は知らずに買ってしまいました。
本編が最高の出来なのに、なぜDLCがここまで酷い出来になるのか全く理解できません。今後のアップデートで変わると良いのですが…

まあしかし、それらを差し引いたとしても満足度の非常に高い最高のゲームであることに変わりはありません。
近年プレイしたゲームの中で最高のゲームですね。なるべく多くの方に体験してみてもらいたいです。お勧めです!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月13日
チュートリアルのロンドン編が終わると5種類の中から武器が選べた。
かっこいいので二刀を選択、サブウェポンは適当に鎖鎌を選択。

次の舞台は日本。あれ?急に難易度上がった?

一体でも苦戦する野武士が二人組!?案の定蹂躙される、何度も、何度も……。
難しい!もうやめた!
……でも待てよ?鎖鎌使ってみるか、試しに一回だけ……。
おお!鎖分銅で二体同時に攻撃できる!行けたよ!突破できたよ!

と思ったら今度は四体同時!?無理ゲーだろ!
コントローラを投げ出し30分、いつの間にかまた仁王を起動している。
そうか!弓を使って数を減らしておけば良かったのか!

それからも数々の苦難があった。

①地面を這いずるザコ敵に攻撃が当たらない……そうか、仁王には上段、中段、下段構えと三通りの構えがある。地面の敵は下段構えで相手にすればいいのか!

②スタミナ切れで辛い。数十分後のおじさん……残心(スタミナが回復するテクニック、そこまで難しくない)でスタミナ切れ回避!ずっとおじさんのターン!

③ステージボス強すぎ、もぅむりぃ……。
……いや、今までだってなんとかなったじゃないか!勝てなければレベルを上げて、いい装備を集めて、冷静に無理をせず一撃ずつ、やったぞ!

仁王は難しいよ、ただ刀を振っているだけではクリアできない。
おじさんはおじさんだからゲームが余り上手くないし上達しない。でも仁王は試行錯誤すれば攻略法が見つかる、おじさんでもクリアできる!
例えば、妖怪ぬりかべが倒せない……あれ、こいつ目が弱点?弓で目を狙うと弱いぞ?
とか、仁王はただのアクションゲームじゃなくてRPGなんだ、武器やレベル、スキルやアイテム、工夫次第で難易度は下がる。
そしてその工夫が楽しいんだ!ワクワクするんだ!
仕事中も、あれ?こうすればあそこ攻略できるかも、なんて思ったりして、家に帰ってすぐにps4の電源入れて、妻に怒られて……久しぶりにゲームが楽しい。
ありがとう仁王。
5コメント5件| 1,398人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2017年7月30日
鬼武者×ダークソウル÷無双といった感じ。
デモンズソウルやダークソウルに比べると動きは軽いです。

死にゲーと言われますが、敵の攻撃パターンはバリエーション少なめなので、デモンズやダークソウル経験者なら少しやり込めばタイマン勝負でまず負けることはないと思います。タイマン勝負なら…。

【気になった点】
ステージの作りが雑で物語性を感じない。そして、ギミックを作動させなければ扉が開かない、強制的に道がふさがれていて迂回しなくてはならないなど面倒くさいつくりのステージが多い。
ワクワク感なしで、作業的にマップを移動することがほとんど。

かと思いきや、移動はほとんどなしで敵を撃退するだけのステージがある。
ボリュームが極端というか、作り込む時間がなかったのか水増し? と感じる部分が多々。

【落下死が多い】
ステージ上が穴だらけで落下すると即死。そういった部分で難易度を上げている向きがある。
雑魚キャラと強キャラがセットで出てきて囲まれ、さらに足元は穴だらけ。こういった状況が強制されます。

【良かった点】
キャラクターの造形が美形。
敵の行動パターンを把握すれば、俺ツエ〜感を堪能できる。

【総評】
デモンズソウル、ダークソウル、ブラッドボーンのような強烈なインパクトはありません。
新ステージに挑んだ時のハラハラドキドキ感も、前述の3作品には及びません。

が、そのぶん気軽に気楽に楽しめる軽さがあります。やられてもデメリットは少なめだし、相手がたくさん武器やアイテムを落とすので、気がつくとなんとなくやっている。そんな感じ。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月17日
昔から休日はゲームばかりしています。今までゲームにつぎ込んだお金は1000万円以上ですが、いつまでたってもゲームが下手くそなオッサンのレビューです。

約20時間プレイしていますが、まだ九州編です。私以上に下手な方っているのかな...。いつも思います。最初のボスをなかなか倒せずに、これで無理だったら売り飛ばそう、と何度も思いました。1ステージすらクリアできないなんて...。他のゲームをプレイする時は、必ず一番難易度の低いゲームモードしかプレイしません。そんな私には仁王は難しすぎる。難易度選べない。雑魚敵やら、水没やら、不意打ちやらと何百回と死にまくって、9割絶望しか味わってない気がします。

今までプレイしてきたゲームの中で、最初のボスさえも倒せないゲームなんてありませんでした。下手くそながらもプライドが許せず、「絶対にこいつだけは倒す。売るのはそれからにしよう。」と思いました。

上手い方の動画を参考にしてもなかなか私には真似できませんでしたが、何とか最初のボスを倒すことができました。勝った時の達成感がハンパじゃなく、家で一人大きな声で「よっしゃーーー‼︎‼︎」と叫んでました。売りに行くつもりでしたが、気が付けば次のステージのボスまでたどり着いてました。

今は3匹目のボスを攻略中です。やはり死にまくっていますが、一つだけどんなに下手くそでもクリアできる方法を見つけました。それは決して諦めない事。すぐ諦めてしまう私にとってはこれが一番の攻略法です。何回死んでも、アムリタ全て失っても関係ない。それ以上に立ち上がってやる。

私の人生にも残心が必要だな...。そんな風にも思えるゲームです。慌てず落ち着いて、ゆっくりプレイしていきたいと思います。開発者の方々、素敵なゲームをありがとうございます。

ここまで読んで下さって、この下手くそなレビューでプレイしたくなった方が万が一1人でもいらしたなら是非イイネを。
1コメント1件| 642人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月26日
うまい人にとっては難易度は低いのだろうが、私には非常に難しいゲームだった。
雑魚といえども油断はならない。
中ボスに至ってはボスと何ら変わらない攻撃力で、一撃死することもしばしばあるため
緊張感を常に持っていないとあっという間に落命してしまう。
ボスなどは相性もあるが、私には攻撃速度のある攻撃がとにかく苦手で
敵がモーションに入ってから回避するも手遅れで慣れるまで何度何度も落命した。
下手をすると一時間以上同じボスに苦戦を強いられることもあった。
その度に止めようと思うのだが、悔しくて、次はいけそうな気がすると、何度も挑んだ。
結果、クリアまで何十時間も時間を忘れてプレイすることができたので良作と思う。
できれば下手な人のためにも難易度調整ができればよいと思う。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月1日
ようやくクリアしたのでレビューします。
仕事とプライベートの合間を縫ってプレイしたのでようやくといったところです。

感想としては中々難しかったけど結構楽しめました。

正直この手の難易度高めの死にやすいゲームはあまり経験がなく、
序盤は操作やスキルの振り分け、どういった武器をメインに使っていこうかと悩みました。
雑魚敵も中々油断できないので気を抜くとすぐ死んでしまいました。(笑)

私自身のアクションゲームのプレイスタイルは結構先手必勝の猪突猛進タイプなので、
そのクセやスタイルのせいで結構大変でした。(笑)
回避や防御、スキルの振り分けも結構重要だとこの作品で改めて気づかされた気がします。

ストーリーも面白く、主人公のウィリアム(按針)が自分の守護霊のシアーシャを助けるため、
彼女を連れ去ったエドワード・ケリーを追って戦国真っ只中の日本に赴くといった話です。

歴史の時系列だと関ヶ原の戦いのちょっと前にウィリアム(按針)が日本に来るといったもので、
道中で出会うキャラは歴史上の有名武将や中にはあまり知られていなかったり、マイナーと感じる武将が居るのも
この作品の作り込み具合がよく解ります。
特に歴史上の都市伝説(明智光秀生存説など)や弥助のことも折り混ぜて作られているのは良かったです。

守護霊を分霊するときの墨絵演出やそのキャラの心情が出ている部分も結構いいセンスしています。
自分の一押しは鳥居元忠氏です。(ホントカッコイイ)

システムや武器の種類や戦闘スタイル、守護霊の種類などやり込み要素も結構あるので、
個人的には飽きにくいと思っています。
DLCでも武器や守護霊は増えるのでまだまだやり込みは多いのではないでしょうか。

個人的には全体的に良い作品だと思っています。
ストーリーやキャラクターの作り込みは中々で、コエテクはCGキャラに定評があるのでどのキャラも魅力的です。
敵の妖も禍々しかったり、妖艶であったりと作りに余念がありません。
特に雪女と飛縁魔の妖艶さが半端ないです。(笑)
敵は妖だけでなく有名な武将との勝負もあるのでここは何故か腕が鳴ります。(笑)

尺としてはアクションゲームのわりに結構長く感じました っていうかホント長いです(汗)

現在DLCがいくつか配信されていますが、それがあるからちょっと・・って思う人もいるかもしれませんが、
個人的な意見としてはDLCは無理にやらなくてもいいと思います。
なぜならこれ一本での完成度が非常に高いことやストーリーも長くやり込みも相当です。

何よりこの物語は異国人のウィリアムが守護霊のシアーシャを取り戻すため日本に行き、
ケリーとその黒幕を倒すというのが前提の物語なので、
日本のいざこざとウィリアムの目的はあくまで利害の一致によるものが大きいでしょう。
だからウィリアムの最終的な目的はしっかり果たされるので物語としては決着がつくので大丈夫です。

実際の史実上関ヶ原の戦いが終わってもしばらく大きな戦がいくつかあるは知識上言わずもがな なので、
本編とDLCの切り分けは上手いと思います。

ただ物語が進むにつれて友情や絆が生まれるのも物語の定番ではあるので、
正直自分はウィリアム目線で感情移入してプレイしていたから後日DLCをプレイしてみたいと思います。
※待ってろよ半蔵すぐ行くからな(笑)
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月14日
という印象です。
いろんなゲームで見覚えのあるシステムをうまい具合に取り込んでいます。

それとは対照的に戦闘周りについても独自のおもしろさもあります。
こどもの頃、剣道をやらされていて「残心」が雑だとよく怒られてましたが、まさか今になってゲームの中で教訓として活きるとは思いもしませんでした。ざっくり言うと次の行動に余裕を持って、より有利な状況に持っていくための仕組み。
これを重視するかしないかで結構ゲーム性が変わります。
最後まで残心無視してもレベルアップと装備更新である程度なんとかなるよう意図されてそうなRPGしてる部分もあります。
ですが、戦闘の仕組みをより突き詰めるタイプの人なら、
一方的に負けた敵にも別人のような動きで無傷で勝つことができるようになるので、アクションと見て縛ってみたり、プレイの幅も広がるでしょう。
スタミナ制を取り入れてるゲームは今では多いです。このゲームは敵の行動猶予を示すスタミナも可視化されてますが、つい最近まで敵のスタミナが見えるゲームで萎える思いをしたのにこちらはむしろ楽しい。明らかな強敵に挑むと尽きそうな敵のスタミナも多少インチキになりますが、慣れてしまえばチャンスを作り出すまでにダレることはないです。
やり込みは結構な量です。装備もメインの進行レベルに合わせてどんどんインフレしていきます。
経験値と違いお金はデスペナルティで減らないので気に入った装備を新しいエリアのどうでもいい装備と合成することで使い続けることもできなくはないですが、装備のレベル合わせに要求されるお金が序盤では途方もないので、素直に新しく作るか先人がゲーム中でお亡くなりになった地点のお墓からAI操作の模擬プレイヤーエネミーを倒して先人の装備のコピーをいただく方が手っ取り早いのはちょっと残念ではあります

信長の野望程度の武将の知識がありアクションゲームもやる人、ニンジャガとソウルシリーズ両方やったことある人などはたぶんレビューなんか見ずにすでに買ってるでしょう。
ニッチなとこを狙ってる気がするゲームなので万人に勧められるゲームではないですが、無双シリーズくらいしかやらなかった家族でもそこそこハマってるので、そこはなんともわからないものです。比較的コアなゲームの中では門戸は開かれてる方ですが、それでも殺伐とした暗い世界観や時代設定そのものが好きになれない人もいるだろうし、登場人物が比較的シブめのおじさん達が占める割合が高いので人を選ぶゲームではあります。

海外のトップクラスのグラフィックと比較されたりすれば、息を飲むほどの圧倒的なビジュアルや奇抜さがあるとは言い切れませんが、それでも物憂げな和の情緒を感じる美しい景色もあります。なにより「和風」と思えるのは残心を軸に躍動感を持って構えを変えられるアクション部分です。これは洋ゲーにはまず出てこない発想と言っても過言ではないでしょう。
体験版から遊んでたのですが、システムがかなり変化していてよく耳を傾ける真摯な姿勢の職人の作ったゲームだと思います。
自分は今より更に厳しいα版のシステムでも本編を遊んでみたかった。
ともあれずっとこんなダークファンタジー寄りで和風がテーマのやりたいなって思ってたものをど真ん中ストライクで作ってくれたこと
国産ゲームでも美少女や無双アレンジ控えめで、まだまだおっさんゲーマーに訴求力を持つものが出たことをうれしく思います。
1コメント1件| 269人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月26日
難易度たかいですねー!!ボスがホントに強い!雪女とか三時間✖️4日で倒せました。
まだクリアしてないですが、ステ振りやったり武器と防具を揃えたり楽しいです。
確かに難しいゲームですが、ファミコン世代にとっては寧ろ懐かしい感じがします。
ファミコンのゲームは理不尽な難しさがありましたが、「わーわー」言いながらやってましたからね。
1コメント1件| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月20日
一旦メインストーリークリアしたのでレビューを。
良いところは他のレビューで出ているので
個人的に不満だった点だけ並べます。

【その1】
井伊直政の赤備えの性能について
このゲームは防具の軽さとシリーズ一式揃えたボーナスが重要で、特にこの赤備え装備は人気があるようです。
ゲーム中盤から後半には屍狂い(他のプレイヤーの分身)がほとんどこの装備を付けているので、装備がドロップした時の喜びが薄いです。(さらに拾った人が装備すれば簡単に赤備えが増殖していきます)
攻略サイトや掲示板で「強い装備はこれ!」と紹介されているのもあり、遊ぶ側の問題でもあると面白いますが...性能の良すぎる装備も考えものです。

【その2】
遅鈍符について
プレイヤーの育て方次第ではこの、「敵にぶつけると鈍化する」消費アイテムが使えるようになるんですが、ボスにも使えるので一方的に攻撃できてしまい、攻略が容易になります。
救済措置にしてもやりすぎで、2人プレイの時に使われたら初見だろうとボスをボコボコにできてしまいます。
苦戦してなんぼのゲームでこれはちょっと...

【その3】
ステージの密度について
ステージによって短かったり長かったり、複雑だったりと種類はあるんですが、あれ?もう終わり?と感じる場所がいくつかありました。

特に、終盤の安土城
外観に迫力もあり、城にたどり着くまで少し距離があったのでワクワクしましたが、中身はボスラッシュだけというハリボテ仕様。
「まだ一階だから次あるだろ」と思ったら、エレベーターでいきなり最上階ボス戦で肩透かしもいいとこです。
二階への階段が積み重なった謎の木箱のせいで行けなくなってましたが、作り込む時間が足りなかったんでしょうか?

【その4】
あの覇王と呼ばれる方について
ビジュアルと声が全然あってないです。
戦国無双や決戦シリーズで信長のイメージはある程度固まってるコーエーさんだと思うんですが、なぜこれでOK出たんでしょうか。
ただ、覇王の人が画面に映らずに声だけ流れてる時は違和感なかったので、声優さん(俳優さん?)の問題ではなく見た目との差のせいだと思います。

『2/25追記』
覇王の人、声当ててるのは声優でも俳優でもなく、シブサワコウさんという開発者だったんですね。
偉い人らしいので、製作陣もOKを出さざるを得なかったって感じでしょうか。
プレイヤーには全っ然関係ない事情ですけどね。普通に声優使えや。

【その5】
銃を使うボスのあの人について
普通に遊んでてもバグが多く感じます。
飛んでる時に叩き落としたらそのまま床にもぐって、消えたと思ったらプレイヤー不可侵領域に現れてずっと走る(こっちに帰ろうにも本来行けないスペースなので帰ってこれない)状態になりました。良いホストさんと仲良くやってたんですが、土下座ジェスチャーしてから火に身を投げて自殺しました。

まあ、あんまり無いことだろうと思ってたら再戦タイミングでまた床に潜ることがあったので他の方も経験してるんじゃないでしょうか。

以上です。
楽しくプレイしてますが、また何かあれば追記します。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月19日
40時間くらいでクリア
長文レビューは他の方がされてるので簡潔に言います。

ゲームシステム周りは、ダークソウルシリーズと似ていますがアクションは別物です。
ダークソウルの刀が、コレジャナイんだよなぁって思ってた人は買いです。
これだよ!これ!って感じの、刀モーションで侍アクションを堪能できます。
刀以外もあります!
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥7,380
¥8,050
¥2,100

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック