Androidアプリストア Amazonファミリー ビジネス書大賞 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard summer_Bike Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 父の日特集 梅雨対策特集 キャットフード・猫用品 5,000円以上購入で1,000円OFF Kindle Amazon MP3 硬式テニス HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
3
5つ星のうち4.3
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
価格:¥1,982+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

 大映と日活が崩壊直前、二社が合わさって作ったダイニチ映配が配給した作品には狂い咲きのような破れかぶれの作品がありました。そんな傑作は勝新監督の『顔役』、長谷部安春監督『野良猫ロック・セックスハンター』、沢田幸弘監督『反逆のメロディー』等でしたが、増村監督も『やくざ絶唱』『でんきくらげ』などで気を吐きました。『やくざ絶唱』で、勝新は妹(異父兄妹)のためならどんな悪いこともするワル、やくざの立松を演じていて、気味が悪いほどです。そんな兄に対峙する妹あかね役の大谷直子も生硬なセリフ回しが次第にはまってくる「狂った」演技を見せます。大谷直子は、岡本喜八監督の「肉弾」に続く第2作目。公開当時、勝新と大谷直子の近親相姦的なキャラクターは話題を呼びました。
 立松には情婦の可奈枝(太地喜和子)もいます。立松に殺しを命ずる石川組の組長(内田朝雄)、あかねに誘惑される新任教師の貝塚(川津祐介)、立松の父・犬丸(加藤嘉)、養子の裕二(田村正和)、石川組の舎弟(青山良彦)、あかねの父の正妻(荒木道子)などがからんで、作品は異様な兄妹の愛憎を映し出します。原作は黒岩重吾の『西成山王ホテル・崖の花』より。脚本は池田一朗、撮影は大映の天才・小林節雄です。
 
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月29日
町山さんの言う通り 北野一作目な本当に迷惑兄ですね。
ただ、やくざ(勝先生)の方が異常・・・。
大谷直子ちゃん!まさに!!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月21日
一匹オオカミのやくざが主演ですが、なんでもやっていいわけじゃない。妹もそりゃ迷惑でしょ。ありえませんな。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック