Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV ホワイトデー特集2018 花粉対策特集 インテリアスタイルガイド Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター ワイルド・スピード ICE BREAK (字幕版)



ベスト1000レビュアー2015年8月14日
Paul Simonが1986年にリリースしたソロ通算8枚目(ライヴ・アルバムを含む)の作品。1986年度グラミー賞最優秀アルバム賞を受賞する大ヒット作となりました。当時はアパルトヘイト政策下の南アフリカ政府に利益を与えるものだと非難を受け賛否両論が巻き起こりました。今でこそ何故その様な事態になったのか理解に苦しみますが、当時1985年にはミュージシャン達による反アパルトヘイト政策の楽曲『Sun City』等で世論の機運が盛り上がっていた事が理由の一つだと思います。Paul Simon個人としては南アフリカのミュージシャン達と純粋に音楽を楽しんでいただけの事だったのでしょうね。アルバムの内容としてはポップスにアフリカ民族音楽のビートを取り入れたノリノリの楽曲が多く捨て曲が一曲も有りません。1987年度のグラミー賞最優秀レコード賞を受賞した表題曲『Graceland』を始め『You Can Call Me Al』(全米第23位)等優れた楽曲が揃っています。そしてバック・コーラスには本作品で世界的に有名になったLadysmith Black Mambazoも参加して花を添えています。私はこのグループのSACDマルチチャンネル盤を所持していますが結構お勧めの一枚です。本作品『Graceland』同様の素晴らしいアカペラ・コーラスを聞かせてくれます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年8月11日
This i my second Graceland albumn. The first one just broke after listning so many times 30 years ago. I bought the second one to fill my perfect collection of Paul Simon, thinking probably I would not enjoy as much as I did 30 years ago. However, I just love it, and I appreciate bonus track and the interview in the end.
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年7月26日
以前にも聞いていて、テープでは持っていたのですが、音の方も悪くなってきたし、ここらでCDを改めて購入しようと思い立ち、購入しました。やはりいいです。このCDは、インタビューも入っています。まあ、おまけ程度ですけれど。でもやはり好みです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年4月28日
中学時代によく聞いていました。あの時はカセットテープでしたので,レコーダーがなくなってからは聴く機会がなくなっていて忘れていたら,
accuradioでこの曲がかかっていたので,すぐに購入しました。聴いてみるとやはり色あせることなく最高にいい音楽でした。買ってよかったです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2012年7月7日
輸入盤の2CD+2DVDのセットに1ヶ月遅れて出た1CD+1DVDの日本盤限定セット。アルバム自体は、ポール・サイモンが南アフリカのミュージシャンたちと共演して素晴らしい音楽を作り上げ、1986年にリリースされて全世界で1,400万枚売った(日本では7万枚程度だったらしいが)という傑作アルバムで、ポール・サイモンの長いキャリアを代表する作品であるだけでなくポピュラー・ミュージックの歴史に残る名盤でもある。

複数の形態で出ているこの25周年記念エディションだが、目玉は何といっても新たに作られアメリカでは映画として公開もされるというドキュメンタリー・フィルム『アンダー・アフリカン・スカイズ』だ。サイモンは、昨2011年に久々に南アフリカを訪れ『グレイスランド』のアルバムやツアーに参加したミュージシャンたちと再会して再び一緒にコンサートを行う一方で、アルバムのリリース当時サイモンが南アフリカでレコーディングしたことで当時の南アフリカで行われていた人種差別政策(アパルトヘイト)への抗議のための文化的ボイコットを破ったと非難した団体の代表と対話する。その対話をきっかけに、アルバムの製作の経緯やそのころの南アフリカの状況と当時そのアルバムが巻き起こした論争、そしてもちろんその音楽自体の素晴らしさなどが、アルバムに参加した南アフリカのミュージシャンたちやサイモンを非難した人たちなどさまざまな関係者へのインタヴューや演奏風景などを交えて語られていく。サイモンの行動の是非というだけでなく、ある国で「人道に反する行為」が行われている場合に他の国の人々がどのような反応をするのがよいのか、本当に「自由」になるとはどういうことなのか、などいろいろと考えさせられ、サイモンのファンに限らずいろいろな人に見てもらいたいドキュメンタリー・フィルムだ。(ちなみに、この日本盤には日本語字幕しかない。輸入盤には英語を含む複数の言語の字幕があるが、日本語字幕はない。)

もちろん、音楽好きな人にとっては、『グレイスランド』と同じ年に「スレッジハンマー」等を含む_So_というアルバムをヒットさせたピーター・ゲイブリエルや、サイモン同様60年代から活躍してきたポール・マッカートニー、南アフリカのミュージシャンたちを支援してきたハリー・ベラフォンテ、若い世代でサイモン同様南アフリカ的要素を取り入れた音楽を作っているヴァンパイア・ウィークエンドのメンバーなどが登場するのも、大いに興味深いだろう。

それから、レイディースミス・ブラック・マンバーゾのメンバーが「シューズにダイアモンド」の冒頭のズールー語の歌詞の意味を解説してくれるのも興味深い。なにしろ、この部分はブックレット掲載の歌詞を見ても日本語に訳されていないのだ。

また、本編とは別に、(本編には含まれていない)インタヴュー映像(ウーピー・ゴールドバーグ、ハリー・ベラフォンテ、レイ・フィリ、バーニー・ラチャバニ、ヒュー・マセケラ)と、ミュージック・ヴィデオ(「コール・ミー・アル」と「ボーイ・イン・ザ・バブル」と「シューズにダイアモンド」のプロモーション・ヴィデオと「シューズにダイアモンド」を「サタデイ・ナイト・ライヴ」で演奏した際の映像)が、ボーナス映像として収録されている。

輸入盤2CD+2DVDセットでは、もう1枚1987年のジンバブウェでのコンサートのDVDが付いているのだが、これは以前『グレイスランド:アフリカン・コンサート』として出ていたものと内容は同じで、音質のみリマスターしたというものである。ファンなら既に持っているだろうし、またそのうちリイシューされるだろうとも思われる。

CDの方は、輸入盤セットでは2枚のCDに分けられているオリジナル・アルバムとボーナス・トラックが日本盤では1枚に収録されている(全体で68分弱)ので、中身自体は輸入盤セットの2CD分と同じだ。CDの音質は2011年リマスターということで、昨年紙ジャケ+Blu-spec仕様で出されたもの(2004年リマスター音源使用)と聞き比べてみると若干違いは感じられるが、どちらが明らかに優れているというほどの違いではなく、一度もリマスターされていなかった頃の音とリマスター後の音源ほどの差は感じられない。

CDに収録されたボーナス・トラックのうち3つは2004年リマスター後のCDで既にボーナス・トラックとして収録されているもので、未発表のものは残りの3つ。そのうち2つはヴォーカルのない製作途中のバッキング・トラックのみという感じのものであり、“You Can Call Me Al”は完成版に比べ力強さはないが軽くてユーモラスな感じの演奏で、“Crazy Love”も少し印象が異なる。最後の一つは(アルバム『グレイスランド』ではなく)タイトル曲の「グレイスランド」がいかに作られていったかをサイモン自身が語るもので、9分半程度の長さ。随所でその言及している箇所の楽器やヴォーカルのトラックだけを取り出して聞かせながら解説してくれるのが興味深いし、この日本盤のブックレットにはその内容を聞き取って書かれた英文とその訳もつけられている。

なお、輸入盤2CD+2DVDセット方にはサイモンが歌詞を書きとめたノートのレプリカやジャケット絵のポスターや立派な冊子なども付いているが、この日本盤1CD+1DVDセットにはそれらは付いていない。

[追記]
海外盤2CD+2DVDセットには、このAmazon.co.jpで購入できるもののほかに、アメリカのAmazon.com限定で販売されている“Amazon Exclusive”と表記のあるヴァージョンがあり、どうしても2CD+2DVDセットを欲しい人にはそちらをお薦めする。それには、これまでCD化されていない1989年のグレイスランド・ツアー中にスペインでのテレビ放送のために収録されたライヴ演奏(1989年7月8日San SebastianのVelodromo de Anoetaで録音)の5曲入りのCDがおまけについている。収録曲は下記のとおり。

1. Gumboots/Whispering Bells
2. Crazy Love, Vol. 1 & 2
3. I Know What I Know
4. Homeless
5. Graceland

1曲目はコンサートDVDでも同じ組み合わせで演奏していたメドレー。2曲目は“Crazy Love 1”というのが気になる(アルバム収録曲は“2”となっている)ところだが、聴いてみると、別の歌というわけではなく、アレンジが異なるヴァージョンということのようだ。5曲とも1987年のジンバブウェでのコンサートのDVDにも収録されているが、サイモンはライヴではアレンジをいろいろ変えて演奏するのが常なので、それから2年経った89年のこの演奏もDVDと聴き比べるとアレンジが違っているのがわかって興味深い。音はかなりよく、レイディースミス・ブラック・マンバーゾの男声コーラス(「レイディースミス」は地名であって女性グループというわけではない)も力強く響く。

なお、この“Amazon Exclusive”の商品ページの曲目リストが2012年8月11日現在不正確になっていて、この5曲入りCD(EP)の代わりにコンサートDVDが入っていないかのような表記だが、正確には、このAmazon.co.jpでも購入できるものと同じ2CD+2DVDに加えてこの5曲入りCD(DVDではない)が付いているという構成。2枚のDVDは、ともにリージョン0なので、日本の普通のDVDプレイヤーで再生可能。日本語字幕はないが、英語を含む複数の言語の字幕が見られるのも、このAmazon.co.jpで買える物と同じ。つまり、5曲入りCDが付いているほかは全て同じである。ちなみに、2012年8月11日現在、送料を含めても5千円台で購入できる。(ただし、これはかなりの割引価格で、9月9日に確認したところでは送料を含めて9千円弱になっている。)
1コメント1件| 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年10月12日
付属DVD(グレイスランド25周年ドキュメンタリー映画)が秀逸。これは単なる音楽映画ではない。
彼のファンだけが自己満足に浸れるような、ポールサイモンをただ賛美し称賛しヨイショするような気持ち悪い宣伝映画でもない。

この映画は、ポールサイモンのグレイスランドという歴史的なアルバムを材料に、人種差別、政治と音楽の関係、国連やANCによる文化的ボイコットの是非、等々、さまざまな問題に多角的な視点から深く切り込んでいる、視聴者其々が非常に多くを考えさせられる硬派な映画だ。哲学的、とも言えるかもしれない。

我々日本人の多くが、学校の歴史教科書に記載された文字でしか知らなかった南アフリカの人種隔離政策「アパルトヘイト」。これが当時の生々しい映像と証言によって、日本人にも現実的な問題となるべくジワリジワリ近づいてくる。白人による激しい黒人差別、そんななか密かに、白人と黒人の見事な協力体制で作り上げられたグラミー賞受賞アルバム・グレイスランド。80年代当時の映像に居た南アフリカのベーシスト、バキチ・クマロは今でもポールサイモンのバンドで彼と共に活動している。アパルトヘイト下から現在まで続いている彼らのフレンドリーシップも、ファンとして嬉しい限りだ。

あれから26年が経ち…21世紀に入り、肌の色による差別こそ無くなってはきたが、差別自体は依然としてカタチを変えしぶとく存在している。職業差別、外見差別、学歴差別、他にも色々。この日本にもアパルトヘイトに通ずるような差別が存在するのではないだろうか。いじめ問題にも関係するかもしれない。この映画は、これら現代にも通ずる問題点について非常に真摯に向き合った映画であり、それらがとても真面目に語られた映画である。

彼のファンや洋楽ファンのみならず、日本人全員に見てほしい。個人的にはそう思う。そうしてイジメや差別や政治と音楽について其々考えてみるのも良いかもしれない。もちろん音楽シーンも素晴らしい。音楽制作に関する貴重な映像や話、音源も盛り沢山で、リハーサル映像や、南アフリカでのグレイスランド25周年記念ライヴの演奏の素晴らしさ、雰囲気の良さには思わず鳥肌が立った。あまりにも素晴らしい演奏、これは別途DVD化してほしいくらい。この素晴らしさでこの演奏量だと、正直物足りなさを感じる。もっと見ていたい聴いていたい。それほど素晴らしかった。調べたところによれば、今年もグレイスランド25周年記念ツアーを世界各地で行っており来年も継続するとのこと。ぜひとも商品化してほしい。このDVDの中で繰り広げられている演奏の数々はそれほど魅力的だった。個人的には、ポール・サイモンのファンのみならず、多くの日本人に一度は観てもらいたい映画。音楽のことのみならず、人種差別やそれに対する反応等、色々と各々考えながら観るのがいいかもしれない。硬派だし、決して柔らかい映画ではないが、不思議と最後は陽気で楽しく爽やかな気分になれる、満足観をもって観終えることができます。必見。

※参考情報:ポール・サイモンのバンドに所属するジェイミー・ハダードのHPによれば、ポール・サイモンが2013年の5月〜7月にかけて来日する計画があるようです。そこには日本、中国、オーストラリア、ニュージーランドという国名が列挙されていますがそれからすると、実現すれば2009年のサイモン&ガーファンクル来日ツアーのような感じになるのでしょうかね。彼のHPのカレンダー欄に記載されていました。まだ本決まりではないようですが、日本の関係各社にも頑張ってもらって、この来日計画?をぜひとも実現してほしいですね。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2011年12月7日
 パンクが終わった80年代は、MTVに象徴されるように音楽と商業が結びついたきらびやかな産業ロックが勃興した時代だった。
 社会に発言力を持ったアーティストたちは、LIVE AIDやWe Are The World、Sun Cityといったアフリカを中心とする大規模な社会的支援活動を盛んに行った。
 フォークやアコースティックが流行とは言えなかった当時、それまでの音楽性に行き詰まりを覚えていたポール・サイモンは、いちはやくアフリカのサウンドを取り入れ軽快でリズミカルなダンス・アルバムを作り上げた。
 アフリカ音楽の肝はメロディーではなくリズムだ。したがって確かにそれまでの彼のアルバムと一線を画している。旧来のファンが一気に離れ、さらにアパルトヘイトの南アのミュージシャンを使った、白人による文化的搾取だと何かと批判にさらされたことも事実である。
 しかし、ワールドミュージックがあふれる現在にあって、今聴いても全く色あせない楽曲群がつまっている。ポール・サイモンの才能を再確認でき、最近手に入りにくかった本作を、再発された今手に入れておくのが吉。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年12月30日
ポップ・デュオ、サイモン&ガーファンクルとしての活動で知られるアメリカ合衆国のシンガー・ソングライター、ポール・サイモン(Paul Simon)の7thスタジオ録音ソロアルバム(全英アルバムチャート1位、全米3位)。南アフリカのズールー人起源の音楽スタイル(ムバカンガ、イシカタミア)にインスパイアされ、ヴォーカル・グループのレディスミス・ブラック・マンバーゾ他多数の南アフリカのミュージシャンと共にヨハネスブルク、ニューヨーク、ロンドンで録音されたポップアルバム。1986年度グラミー賞(最優秀アルバム)受賞作品。非常にスムーズで聴きやすく、ハッピーで開放的な音。アコーディオンとアカペラ・コーラスが印象的。エヴァリー・ブラザース(vo)、リンダ・ロンシュタット(vo)、エイドリアン・ブリュー(guitar synths)、ユッスー・ンドゥール(perc)他参加。「That Was Your Mother」はルイジアナのグッド・ロッキン・ドプシー・アンド・ザ・トゥイスターズとの共作。「All Around the World or the Myth of Fingerprints」はロス・ロボスとの共作
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年8月11日
ポールサイモンのキャリアの内のみならず、ロック史的にも非常に重要な地位に君臨する名盤、なので内容は文句なしです!
但し、これはすでに古い盤なのです。2012年に入ってから「グレイスランド25周年記念盤(DVD付)」が発売されました。国内盤です。但し、国内盤にもどうやら2種類あるらしく、DVDが付属していないバージョンも発売されているらしいので、このへんは要注意です。そのDVDの中身は、グレイスランドの最新ドキュメンタリー映画です。昨年撮影され数々の映画祭にも出品され高評価を得たとのこと。内容もとても充実しています。ポール・マッカートニーやピーター・ゲイブリエルら多くのミュージシャンや俳優や有識者らのインタビュー等もあり、当時のアパルトヘイトについて、アフリカの音楽を泥棒した、という批判について等々、アフリカ民族会議のメンバーらとも膝を交えポールサイモンみずから語りあっています。また、70歳のポールサイモンによるグレイスランド収録曲のリハーサル映像等も収録されていて、これもとても興味深いです。そのリハーサル映像の音質がまた素晴らしい!私はヘッドフォンで視聴したのですが、とても素晴らしいと感じました。

ですので

こちらではなく、2012年発売の最新盤の購入をお勧めします!
最新盤(DVD付き)以外にはこの素晴らしいDVDが付属していませんので。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2008年1月26日
S&G時代に彼(言わずもがなポール・サイモン)が僕たちに披露したのは、奇跡のようなメロディーによってなぞられた、儚く弱々しい心であった。
しかしソロになり、ことこの作品においては、そのスタイルはほぼ一掃されていると言っても良いだろう。

しかし、これでいいのだ。もともと音楽なんて言うのは、体を揺さぶるリズム(鼓動)そのものであったはずだから。
そう、かのアフリカの「トーキングドラム」のように。

メロディーにS&G時代の美しさは消えた。しかし、やはり彼(いわんやポール・サイモン)のポップセンスはずば抜けている。
アフリカ音楽独特の熱く乾いたリズム感をうまく利用し、至上のポップ・ナンバーに仕上げている。なんと大胆かつ器用な男だろうか。
これは必聴。マストバイ。

それから。
バックミュージシャンの演奏も、いい感じのヴァイヴが感じられる素晴らしいものである。
そこも聴きどころ。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

STILL CRAZY AFTER ALL
¥797
Graceland
¥1,905
PAUL SIMON
¥797
ひとりごと
¥1,673

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック