Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Dogs-AD 2017 ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 電気工事士試験特集 Kindle Amazon MP3 ゴルフグローブの選び方ガイド STAND BY ME ドラえもん

カスタマーレビュー

ホラー映画はなぜ怖いのに楽しいのか、と言う疑問を手がかりに哲学者の戸田山さんが、恐怖を定義、分類し、先行研究を紹介、批判し、最適と思われる考えを暫定的に決めていく。このように進んでいくので、本が厚くなる。通常の新書の2倍はある。よく考えると、非常に難しい議論をしているのだが、そこはホラー映画の話(SFとホラーは重なっているので、評者はここに取り上げられているいくつかの映画をSF映画だと思って愉しんでいたので、これもホラーと考える人がいるのだと少々驚いた)と口語的な語りで読ませていく。実際、かなりの分量なのに楽に読み進められる。

余談になるが、古いウイリアム・ジェームズ風の内観をたよりに考えていく心理学の方法はとりませんと書かれている。しかし、随所にこのようなとき、人間はこう考えますよね、感じますよね、だから、と言う叙述があり、評者には、あまりそうは感じないがな、と思うところが何カ所かあり、人は様々だな、と思った。

恐怖を手がかりに、情動から意識へと考察は進む。最初は認知科学を援用しつつ哲学の話なのだが、最後の方は完全に脳神経科学の問題に還元されてしまう。実際、著者はこれからの哲学は、脳科学、生物学とシームレスにつながるべきと言う文で本書を終える。また、最後の最後で意識の話をするときに、著者は唯物論的立場に最大限好意的である。デカルトの情念論の単純さから、遥か遠くまできたものだ。なかなか理解するのに難しい部分もあるが(面白くて先を急いで読んでしまい、じっくり考えながら読まなかったせいと思われる)、スリリングな好著である。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告| 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。

1文字以上入力してください
コメントを投稿するには、Amazon.co.jp から商品を少なくとも1個ご購入いただく必要があります
コメントの送信中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

コメントの読み込み中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。


商品の詳細

5つ星のうち3.6
5
5つ星のうち3.6
¥1,058+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料