Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3
カスタマーレビュー

203 人中、193人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 蓋と収納にどこまで価値を見いだせるか。, 2014/11/25
レビュー対象商品: アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 タンク式 SBT-513 (Tools & Hardware)
前もってお断りしておくと、自分はこれの先代モデルSBT-512(以下、512)のユーザーです。
先日、知人がこちらのSBT-513(以下、513)を購入しました。
・・・で、その知人が高圧洗浄機の使い方がよく分からない(具体的にはランス(ガン)の組み立て方が分からなかった)というので説明方々、513で車を一台洗ってきましたので、今回はどちらかと言えば比較のレビューということで。

513は512の後継モデルですが、微妙に上位互換となったというか、そんなモデルです。
具体的には、タンクに蓋が追加され、収納時にタンクに本体の他ランスやホース等の付属品一式が収納出来るようになったことが最大の変化です。あと、目に付くのはランスホルダーが追加されたこと。
タンクの容量は、アイリスオーヤマの公式ウェブサイトの表記によれば512の23Lから30Lへと大型化されていますが、実用上それほど変わりはないと思います。というのも、30Lタンクに水を目いっぱいに入れたら当然ながらその重量も30kgに達するからです。512の23L(=23kg)でもこれを延々と持ち運んで本体にセットするとなると決して楽な作業ではありませんが、30Lではなおさらに大変です。
・・・が。
裏を返せば違いはそれくらいです。使用できるオプションパーツも共通ですし、ポンプの圧力や水量についても、カタログ上も使った実感もまるで同じです。
それと、別売オプションのランスやブラシについては収納時にタンクに入らない(別に置場やケース等を用意する必要がある)ことは512と一緒です。
このレビューを書いている時点で512と513は並行して販売されており、約7000円の価格差がありますが、現物を比較した限り、収納力とタンクの蓋にその価値と利便を見いだせるかが選択の要になると思います。

なお、このモデルは「静音タイプ」と謳っており、これは以前のSBT-412との比較で動作音が4割減という事だそうですが、そもそもこのモデルに限らず、高圧洗浄機という物自体の常として基本的に動作音が非常に大きくなりがちな物なので、一口に静音と言っても推して知るべし、という一面はあります。集合住宅のベランダや駐車場などでの使用は難しいこともあるかもしれません。特に分譲マンションでは、洗濯機や清掃器具(高圧洗浄機はここに含まれます)などについて管理組合の規約で動作音や使用時間などを細かく制限している所が少なからず見られ、この種の器具全般について購入前に事前の確認を行う必要がありますのでご注意下さい。

初めて高圧洗浄機を買うのならば選択肢に入れて検討する価値はあると思います。他方、512の後継機ではありますが、512からわざわざ買い替えるメリットは無いです。
一方で、電源さえ確保できれば場所を選ばずに使え、タンクに中性洗剤を入れて使う事も可能などといった手軽さ、便利さは512と一緒です。そういう意味では良いものです。
512同様、高圧洗浄機の中の最安モデルではないものの、入門機として好適なものだと思います。
あとは繰り返しになりますが、この513のタンクの蓋と収納力に512との約3割の価格差を超える必要性を見いだせるか、に尽きるでしょうね。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]