Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア
カスタマーレビュー

62 人中、53人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 期待しすぎた感はありますが、開放からシャープで良いレンズです, 2013/1/10
投稿者 
レビュー対象商品: Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応 (Camera)
ボディは60D 5DmarKII 5DmarkIII で使用しています。 標準域のズームレンズは24-105mmF4ISと24-70mmF2.8 I型を使っていましたが、
EF24-70mm F2.8IIはI型からの期待が大き過ぎた分、この程度かとガッカリした反面、使っていると割りと良いレンズだと感じます。

【良かった点】
 軽い、小さい。 開放の描写が全域で安定してシャープ。
 AFがとても速い。AF精度がとても良い。 I型比較で逆光に強くなったと感じます。
 最初は不必要と感じたロックスイッチが何かと便利 
 描写に関して、デジタルの補正を前提とした場合、致命的な欠点が少ない(解像力、サジタルフレア、軸上色収差等)

【残念だった点】
 同じ大三元のII型である70-200mmF2.8 ISII の様な、ズームに求められる一定性能が全て兼ね備わったレンズではない (広角寄りとはいえIS非搭載 SWC非搭載) 
 解像力は全域単焦点に肉薄していますが、I型比較で驚くほど画質が良い訳ではない(ボケ味、ヌケ、周辺光量落ちがしぶとい点)
 なんと言うか・・・フードはI型の固定式(つまり広角端で伸びるズーム)の方が良かったです。
 標準域レンズへのインナーズーム採用は賛否がありますが、自分はインナーズームを採用して欲しかったです。

【総合して】
24-105mm F4ISが1段しか変らない事を考えると、ズームでないと支障が出るが写りには妥協しない(F2.8が欲しい)という方が、
当レンズを使用されるのだと思います。24-70mmF2.8の1型はどちらかと言えば、描写は良いけど開放が甘くて重い。そんな印象があった為、
II型へのリニューアルを待ち望んていた方は多かったと思いますが、その期待に応える良いレンズだと思います。
ですが期待があまりに大きかった分、シャープさと小型化を訴求しすぎたレンズに少しがっかりしたのも事実です。

素人カメラマンとしての個人的な意見は、躯体の大きさや、フード形状(広角端で伸びるズーム)はI型と同じで良かったから
ISを搭載するか、IS化による解像力の劣化を避けるのならば、躯体サイズは1型と同じままで描写力をさらに高める等のアピールが欲しかったな・・・と感じています。
昨今の、IS不要を実現するセンサーノイズの減ったカメラの現状や、プロの方にとって軽量化は必要不可欠であるということを鑑みると
旧型から正常な進化をしたと思いますが、価格を考えるとレンズのサイズと重量を大きくして
【手ぶれ補正】/【インナーズームor広角で伸びるズーム】/【描写力の更なる向上】
以上3つのうち、どれか1つが叶うと良かった気がします。

致命的と言える欠点が少ないので大三元の一角として役割を全うしていますが、70-200mm F2.8IS IIを手にした時の感動はありませんでした。
使っていると、描写性能、サイズ重量ともにジワジワ「やっぱり悪くないのでは」と感じる次第です。

※2014年9月追記※
当レンズを3本手にしましたが、個体差が大きく閉口しました。躯体サイズに比して群数が多いので製造が難しいのでしょうが、これまでのLレンズでは考えられない程です。
具体的には望遠端でよく写るレンズと、広角端でよく写るレンズの差です。
全域で許容出来ないほど解像力が落ちる様な個体はありませんが、画角に依る差が大きい印象を持ちました。
2本はSCで偏心とフォーカスチェックを受けた後MFで解像力を比較した感想です。 
純正大三元ズームは、精度や個体差の有無、耐久性も加味されているからこそ、この値段が妥当だと考えている為・・・星5を訂正して4に変えさせて頂きました。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]


レビュー詳細