Androidアプリストア 知育学習玩具大賞 まとめ買い・セット本ストア Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 ハロウィンストア2017 家電_秋のセール Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 戦闘車

カスタマーレビュー

2012年4月3日
<フルサイズ撮像素子の実力>
 EOSは、フィルムKISS III、KISS デジタル N、X2、7Dと使ってきて、これで5台目になります。KISSデジタルでデジタル一眼に目覚め、7Dで連写の楽しさを知り、この5D Mark III でフルサイズ撮像素子のパワーを見せつけられました。

<7Dを超えるオートフォーカス>
 オートフォーカス(AF)の食いつきは7D以上に良いです。5D Mark III を買って試し撮りをしている時に、急に被写体が現れてとっさにシャッターを押したのですが、撮りたかったターゲットにきっちりピントが来てました。操作ダイヤル、ボタン、メニューは7Dに似ていて難しくはないです。イメージモンスター7D をフルサイズにしたのが 5D Mark III だと感じました。私はストリートダンスなど動く人物を撮ることが多いのですが、食いついたら離さないAF + 最高毎秒6コマの連写があれば通常の撮影には必要十分です。「フルサイズを使いたいのだけれど、7DのAFを知ってしまうと5D Mark IIのAFでは物足りない」と感じている方にお薦めです。

<素人受けするJPG画像、玄人受けするRAW画像>
 これまで使っていた撮像素子がAPS-Cサイズの機種は、「撮って出しのJPG画像」と「RAW画像をソフトで現像した画像」にたいした違いはありませんでしたが、この5D Mark IIIでは大きな違いがあります。この機種のJPGし画像は、明るくて素人受けするけれども階調表現が少なく細部が表現できていません。ある意味「肉眼で見たまま」なのが、この機種のJPG画像です。JPGは、ややこしい操作が不要で、明るくて派手な画像なので新興国のお金持ちには非常に受けることでしょう。
 RAW画像は違います。Adobe Lightroom 4.1RC でRAW画像を現像してみたのですが、JPG撮って出しでは写っていなかった電線や雲が鮮明に現れます。階調表現は豊かになるのですが、少し暗めの地味な画像になります。写真好きの玄人は「肉眼では見えていなかったものまで写っている」RAW画像を使うべきでしょう。RAW画像はJPG画像の数倍の容量になりますので、amazonで64GBのSDXCメモリーカードを追加注文するハメになりました。5D Mark III は高価なCFカードと比較的安価なSDカードのダブルスロットになっているので助かります。
Transcend SDXCカード 64GB Class10 永久保証 TS64GSDXC10

<静音シャッターで周囲の人に気配りを>
 静かな場所では、デジタル一眼の大きなシャッター音が気になります。写真を撮っている人には快適な音かもしれませんが、周囲にいる無関係な人には不快な音かもしれません。この5D Mark III にはシャッターに静音モードがあります。静音モードでは、わずかにシャッター音がしますが本当に静かです。結婚式などでは特に静音シャッターが役立つはずです。静音連写モードもあります。

<動画の連続撮影で4GBの壁を超えた>
 デジタルカメラには動画撮影機能がついています。一般のデジカメは、カタログに「連続撮影時間 最長29分59秒」などと書かれていても、フルHD画質で録画すると10分程度で録画が停止します。動画ファイルのサイズが4GBになり、それ以上は録画できなくなるのです。これが4GBの壁です。メモリーカードには4GB以上のファイルが記録できないのです。5D Mark III は、動画のファイルサイズが4GBを超えると、動画の続きを新しいファイルに書き込んでいくので、カタログに書いてある通りの「連続撮影時間 最長29分59秒」が実現できます。ちなみに、動画の連続撮影時間が30分以下に制限されているのは、EUの規定で30分を超えるとカメラではなくビデオ機材になり、関税などで不利な扱いを受けるからだそうです。

<いつ買うべきか>
 デジタル一眼レフも他のデジタル機器と同じで時間が経てば値下がりします。高級デジタル一眼レフのシリーズは3年に一度ぐらいの頻度で次の機種がでます。5D Mark III は、前の機種 5D Mark II から3年4ヶ月後の発売です。5D Mark II のamazonでの販売価格は発売時の価格の6割ぐらいまで下がっています。発売時(2012年3月)は30万円台前半だった5D Mark III も2,3年すれば同じ率、おそらく20万円台前半まで値下がりするでしょう。
 でも、撮りたいものがあるなら、その時に買うべきです。今、撮りたいものがあるのなら、すぐに買うべきです。撮り逃した瞬間は、永遠に戻ってきません。
1コメント1件| 253人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告| 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。