Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア
カスタマーレビュー

29 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 やっとたどり着いた, 2015/9/27
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: OPPO Digital OPP-HA2 ハイレゾ音源フル対応,DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ (エレクトロニクス)
iPod classic(6代目)~本品(USB接続)~AKG K3003の組み合わせで使用しています。
多少この製品に行き着いた経緯を書きます。本品のレビューだけ読みたい方は適当に読み飛ばしてください。

ずっとK3003を鳴らすためのポタアンを探し続けましたが、ようやくたどり着いたと言った感じです。
まず私の大前提としてiPodからUSB接続できるDAC内蔵のポタアンであることでした。
ポタアンは過去に
FOSTEX HP-P1
JVC SU-AX7
FURUTECH ADL X1
等々を試しましたが
HP-P1 はボリュームのギャングエラーがひどく、左右が同じ音量に聴こえるまで上げると煩くて耳がイカれそうで使えませんでした。個体差激し目?イヤホンを挿して電源を入れた時にサーっと聴こえるホワイトノイズ(フロアノイズ?)は少なくて良かったので残念です。

SU-AX7 はホワイトノイズがあまりにも大きくてクラシックを聴いてる時に気になってしょうがなかったので却下。音は好みでしたし、ギャングエラーが皆無なのが非常に良かっただけに残念でした。

ADL X1もホワイトノイズが気になって残念ながら手放しました。強めな低音は良かったのですが。
ちなみにこの製品はipod本体の音量調節が有効です。ポタアン本体のボリュームとは別にプレイヤー本体で調節できるのでポタアンのギャングエラーを回避しつつちょうどいい音量に設定することが可能です。

なにしろホワイトノイズは低インピーダンスのBA型イヤホンの宿命なんでしょうか…これが一番耐えられなかったです。

(以下HA2のレビューです)
そこで手に入れたこのHA2ですが、遂に出会いました!ホワイトノイズが今までで一番小さかったです。
皆無ではないのですが、クラシックの静かな場面でも気にならないレベルです。うまい例えではないですが、会場の客席の雑音レベル以下でしょうか。
でもって、X1と同じくこの製品もiPod本体の音量調節が有効です。
HA2自体のボリュームは多少ギャングエラーがありますが、プレイヤー本体で調節できるので回避することができます。
ところで、デジタル接続で本体の音量調節が効くってどういう仕組なんでしょうかね。
ちょっと気になったのでプレイヤー本体の音量を「MAXの場合」と「半分くらいの場合」でそれぞれHA2のボリュームを調節して最終的に聴こえる音量を同じくらいにして聴き比べましたが、音質に私がわかるほどの違いはありませんでした。どうしても違いを述べろと言われたら、プレイヤー本体の音量がMAXの時のほうが高域がクリアだったかなぁ…この場合ギャングエラーを回避できるポタアンの最小音量はちょいと大きめです。個体差あるかも。
まあこの音量調節できるのは夜寝る前等、かなり小さめの音量で音楽を聴きたい場合に、非常に便利です。

肝心な音質ですが、iPod直挿しとHA2で何度も聴き比べたところ、やはり別にアンプを使うということは音を増幅する過程に余裕が生まれるのでしょうか。音の多いJ-Popなんかの後ろのほうで小さく鳴っていた楽器の音が鮮明にはっきりと聴こえるようになります。
音の分離がよくなります。クラシック、ロック、いずれもギターやバイオリン等の弦楽器のタッチノイズとか演者の奏法の違いによる味なんかがより伝わるような気がします。iPod直では歪んでしまっていた極小音量の波形をしっかり再現している証拠でしょうか。
あと女性ボーカルのクリアさが違います。目の前にいるようです。

さてBass boost機能ですが、これは正直私には合いませんでした。80Hz~100Hzあたりをブーストしてるようですが、フラット厨の私にはあまりにもブーミーになり過ぎてダメでした。低域をブーストしているのに大事な50Hz以下の超低音が埋もれてしまう。
「中高域に影響を与えることなく低域に力感とインパクトを加えることができます」と謳い文句にはありますが、どうしても高域をマスクしてしまってるように聴こえてなりません。
とは言っても使いみちが全く無いわけではないです。電車やバス等で低域の騒音が大きい場所ではこれをオンにすると埋もれた低音をカバーしてくれるので助かります。逆に言えば、そういった場面専用の機能かも知れません。
低音好きな人には良いかもしれません。つなぐイヤホンのほうが大事かもですね。
この辺はあくまで好みです。
簡単にオンオフ出来るのは当然評価ポイントです。

その他
VOOC高速充電いいですね。電池切れちゃっても小一時間充電すれば1日使えます。
プレイヤーの補助バッテリーとして使えるのも高評価。充電するかしないかをボタン一つで切り替えられるのとか親切設計です。
本体をポケット等に入れて使う人の間で、USB端子とイヤホン端子が一方にまとめられていない取り回しの悪さが言われてますが、私は休憩中や寝る前にかばんから出して置いて使うので気にはならないです。
接続するイヤホンの推奨インピーダンスは16Ω~ですが、8ΩのK3003でも問題なく使えてます。

上を見ればキリが無いですが、ようやく大きな不満がない本品にたどり着きました。値段は安いとは言えないですが、ポタアンスパイラルに陥ることを考えたらこれ買っときゃオッケーですから安いもんです。私と同じ環境の方には本当オススメですよ。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]

コメント

コメントの更新情報お知らせEメール受信設定

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿2件中1件から2件までを表示
最初の投稿: 2015/09/30 2:48:19:JST
後藤 栄樹さんのコメント:
k3003を4極GND接続するには どうすればいいですか⁉︎

前の投稿への返答(返答日時: 2015/10/01 23:28:45:JST )
じんさんのコメント:
すみません。私は現状4極接続に興味なく、ちょっとだけ調べてみたので参考程度にしていただければと思いますが、k3003はリケーブルができないのでおそらく不可能です。
イヤホンの接続部を開いて線をつなぐところから改造すれば出来ると思いますが…
4極対応のリケーブル可能なイヤホンを買うのが早いかと。
‹ 前 1 次 ›