カスタマーレビュー

2004年11月14日
角松敏生の本質が分からない人には、異色に見えるアルバムかもしれない。フルに聞くと長いし、硬派な仕上がりだから、敬遠する人も多いかもしれない。しかし、いつだって“挑戦するサウンドクリエーター”だった角松氏が、その持てる力を十二分に発揮した作品であることは、彼のことを分かる人にはよく伝わってくる。「TIME TUNNEL」から「FANKACOUSTICS」までの一連の作品を見ていくと、「INCARNATIO」が如何にストイックであり、また孤高の存在であるかが分かる。今後またこういう作品を角松氏が制作するかどうかは僕には分からないが、“記念碑的なものになった”というのが感想である。僕にとってはイエスの「海洋地形学の物語」と同じ位大事なアルバム。そういえば、角松さんもイエス好きでしたもんね!
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
22 customer ratings
5 star
65%
4 star
35%
3 star 0% (0%) 0%
2 star 0% (0%) 0%
1 star 0% (0%) 0%
¥2,403+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料