Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 本を聴くオーディブル 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 あったかアイテム特集 冬物家電セール Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental

カスタマーレビュー

2015年10月21日
SONY CDP-333ESDのトレーの調子が悪くなったので買い替えました。
CDP-333ESDは30年前の当時の価格で定価 89,800円。
7~8万円出して買った覚えがありますが、それに対してDENON DCD-755RESPは実売2万円のCDプレーヤー。

手持ちのCDを両機で再生して比較してみると、分解能が高いのかCDP-333ESDよりDCD-755RESPの方が情報量が多くて今まで聞こえなかった音が聞こえます。
それが理由なのか、オーケストラを再生すると広がりというか臨場感を感じます。
また、T-SQUAREを再生するとサックスの音がCDP-333ESDより生生しくて実際の楽器らしい音がします。
音の艶とか質に関する部分は昔の機械とはいえ価格の高いCDP-333ESDの方が上だろうと思っていただけに、なんとも意外な結果でした。
また機能面では手持ちのAVアンプ DENON AVC-3808Aがipodとデジタル接続できなかったので、DCD-755RESP経由でデジタル接続できることも自分にとっては大きなポイントです。
たった2万円のCDプレーヤーですがその実力は侮りがたし。
AVアンプDENON AVC-3808AとスピーカーDIATONE DS-77HRXと組み合わせた音は、低音のしっかりした押しの強いDENONらしい音がします。
次にこの価格のCDプレーヤーにはややオーバースペックになるSUNSUIのプリメインアンプ AU-D907G ExtraとスピーカーDIATONE DS-77HRXと組み合わせると音の密度や力強さが増してバランスの取れた音になりました。
このクラスのプリメインアンプと組み合わせるとDCD-755RESPの素性の良さが分かります。

次に気になった点を挙げると
1.ipodの曲名をDCD-755RESPの液晶に表示してipodを付属のリモコンで操作できますが、液晶に日本語表示ができないので、使い物になりません。結局、ipod本体で操作するしかないです。
2.CDの取り出しボタンを押してもCDが完全に露出しないので、意識しないでCDを取り出すと、CDプレーヤーにCDをぶつけます。
3.同社のAVアンプのAVC-3808Aが付属のリモコンで操作できません。メーカーサポートに確認したところ、リモコンのコードが違うので操作できないそうです。
4.CDが中に入った状態、またはipodが接続された状態で電源を入れると、自動的に音楽再生が始まります。例えば、夜静かにクラシックを聴きたいと思って電源を入れたら昼間聞いていたロックやジャズが大音量で流れ出し、慌ててアンプのボリュームを絞ったことが何度もありました。これもメーカーサポートに確認したところ、「オーディオタイマーを使ったときに自動的に再生できるようにした。そしてこの機能を無効にすることは出来ない。」との回答でした。しかし今時オーディオタイマーを使う人がどれだけいるのでしょうか?前述のSONY CDP-333ESDのようにタイマー連動をスイッチで切り替えできないなら自動再生しないようにして欲しいです。
5.液晶ディスプレイを消灯して音質を向上するPURE DIRECT機能はON・OFF切り替えても音質の違いが判らないので、こんな小手先の機能は不要です。むしろコストのかけられない低価格機だけに少しでも高品位な部品を採用してくれる方が全然嬉しいです。
と、これらの点で不満ですが、実売2万円のCDプレーヤーなので十分満足しています。

SONY CDP-333ESDが壊れて完全に使えなくなってからでも良かったのですが、来月の11月4日から価格が改定されて4000円高くなるので、今がチャンスとばかりに買ってしまいました。
プリメインアンプのPMA-390REの価格も高くなるそうです。
review imagereview imagereview image
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告| 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。