Androidアプリストア 知育学習玩具大賞 まとめ買い・セット本ストア Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 ハロウィンストア2017 家電_秋のセール Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 戦闘車

カスタマーレビュー

この作品は銀行の「閉塞性」を解りやすく描いているので、特に就職活動中の学生には特にお薦めの本である。面白く簡単に読め、しかも若く、正義感やチャレンジ精神に横溢している学生なら痛快なストーリーに特に共感できるだろう。人事考課などがどのようになされているのかは企業説明会では絶対に解らないのでこうした本は有益であると思う。しかし、銀行の「閉塞性」にスポットライトを当てた作品としては評価できるが、小説のプロットとしては破綻しているし、銀行や企業、バブル経済の背景知識を吸収するには余りにも貧弱である。社会的背景をもっと深く知りたいならば山崎豊子の経済小説の方が遥かに優れている。この本を有り体に要約してしまえば、主人公の乾坤一擲→天網恢恢→大逆転→勧善懲悪な痛快物といった類のものであり非常にチープであると思う。

小説のプロットとして破綻している箇所を指摘したい。以下ネタバレ要素を含むので未読の人は控えて欲しい。融資先の企業の社長は5億円を横領し、銀行の支店長は横領を助ける見返りに5000万円を受け取った。主人公は社長の横領を暴露するが、支店長の事は黙秘し見返りとして前代未聞の昇進をなした。主人公が支店長の悪事を暴き、恐喝して出世することが銀行の閉塞性をぶち抜くという構造になっているのだが、「銀行の閉塞性の打破」に注意が向けられすぎていて、このストーリーの欠点が蔑ろになっている。非常に簡単なことであるが、社長が「支店長もグルだった」と一言警察に証言すれば、支店長は逮捕され、更に支店長の犯罪を恐喝することで昇進していた主人公も共犯のような形で不利な立場になる筈ではないか。また、社長が支店長を庇って支店長に関する事は黙秘するという都合のよい想定があったとしても社長は支店長に5000万円を渡しているのであり、警察が社長の5000万円の使い道を調査すれば、どの道、支店長の犯罪にも行き当たるだろう。主人公は支店長を警察に突き出すのではなく敢えて恐喝による昇進を選んだが、これは自身も犯罪に荷担する行為となり非常に愚劣な選択だと思う。作品自体も「銀行の閉塞性の打破」という焦点は面白いが、その打破の方法が恐喝による昇進とか、上司にギャフンと言わせて土下座させるとか、目的がチープ過ぎてただ呆れるばかりである。
3コメント3件| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告| 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。


商品の詳細

5つ星のうち4.4
395
5つ星のうち4.4
¥1,800+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料