Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 SOS1216 Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

2014年12月14日
日本は、アメリカが「もうあんたたちを守れませんよ。自分のことで精一杯」
となったとき、自国を守れる準備ができているでしょうか?(本文より)

筆者からのこの問い掛けにどう答えますか?その答えは「準備は全く出来ていません」です。そして、そのためにはまず私達一人ひとりが何から始めれば良いのか?というヒントが満載しているのが本書です。

何をすればよいのか?筆者は「自立」と説きます。「日本の自立」。その意味ややり方に関する議論はすでにたくさんあり、右から左まですべての陣営の人が「日本は自立するべきだ」と考えていること自体は間違いないはずです。当然です、日本は曲がりなりにも「独立国」ですから。

しかし、現状はどうなのか?このことも、右から左のすべての日本人が薄々(またはハッキリと)感づいていることです。筆者は、この状態を脱するためにはまず「発想の大前提」を変える必要がある、と言います。その大前提とは何か?それを余すところなく披露しています。

1世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ
2世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである
3国家にはライフサイクルがある
4国益とは「金儲け」と「安全の確保」である
5「エネルギー」は「平和」より重要である
6「基軸通貨」を握るものが世界を制す
7「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく
8世界のすべての情報は「操作」されている
9世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」
10戦争とは、「情報戦」「経済線」「実戦」の三つである
11「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない

筆者のメルマガを購読している人なら御存知の通り、筆者の視点は、盲目的に日本を礼賛するような愛国主義ではなく、また、無批判な外国(欧米)礼賛とも違い、極めて「現実」に基づいた冷静な視点です。この11のメソッドは、そのメルマガ、またこれまでの著書でもお馴染みの話題を体系的にまとめ直して、国際政治の”本当の姿”を読み解く際の普遍性のある「発想のメソッド」としたものです。

この11の項目を見て、鋭い人はピンと来るはずです。これは、国際関係論の中で「リアリズム学派」といわれる人たちが唱えている説と見事に一致します。つまり、この著書は、タイトルこそ「クレムリン・メソッド」となっておりますが、実のところ、とてもわかりやすい「リアリズム入門書」という、まさにプロパカンダチックであり、そして、日本人に「真の自立」を促す本なのです。

最後に、筆者からの問いをもう一度繰り返します。

日本は、アメリカが「もうあんたたちを守れませんよ。自分のことで精一杯」
となったとき、自国を守れる準備ができているでしょうか?
0コメント| 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告| 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。