Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル SOS0630 Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame 秋冬新作ファッション 【新登場】Fire HD 8 Fire TV ふくしまプライド便 2018 サプリメント・プロテイン3点以上購入で10%OFF ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン シーズン1 (字幕版)

カスタマーレビュー

2017年3月29日
​私は著者の韮澤氏に対しての個人的な感情はありませんが、氏が本書で熱心に唱えている地球の終末論を危惧して、コメントをします。

タイトルのスペースプログラムという言葉は、ジョージ・アダムスキーが伝えた異星人による地球援助計画についてのことですが、そこには地球の終末は予言されていません。太陽系、および地球の寿命がいつ尽きるかは、異星人にも予測できないと伝えられていました。しかし、その当時、地球がまもなく滅びるというデマを流したスタンフォード兄弟の書籍の影響を受けて、日本で終末預言カルト的なUFOグループ(CBA)が地球滅亡の予言をして社会問題を起こしました。その会合に著者の韮澤氏も出席していたと過去に泉麻人氏との対談で述べています。

たま出版では、過去にもイギリスのエイプリルフール番組と同様に、ノンフィクションのように装った「第3の選択」という本をベストセラーにして荒稼ぎをしましたが、2008年には、ブラジルの偽予言者ジュセリーノの本を全国紙で大々的に宣伝し、TV局にも企画を持ちかけるなどして、多くの日本の人たちを不安に陥れました。それについての謝罪は現時点においても一切なされていません(その点を韮澤氏に問いただし、「私がたま出版の社長なら、新聞に謝罪広告を出しているでしょう」と謝罪を促しましたが、「その後にソフトバンクからも本が出たので、できないのです」等、意味不明の釈明をしていました)。

UFOと宇宙人に関わる終末預言では、地球滅亡の日に、地球人を空中に引き上げて救済するUFO群がやってくるという根拠のない予言が昔から利用されてきています。つまり、世の終わりにやってくるUFOは集団(フリート)である必要があるため、それを待望する人たちは、風船や照明弾の群れを、終末の空中軽挙を予告するUFOフリートだと宣伝してきています。また、聖書の終末論も利用するために、この本でも言及されているように、反社会的な組織や人物を反キリストとすることで、この本やメディアを通じて地球の終りが近いと、事あるごとに主張しています。テロ組織のISの登場は、反キリスト役を押し付けることができる格好の材料だったわけです。

「オオカミ少年」の寓話のように、日ごろから嘘を言い続けていると、本当に大変な事態が迫ってきたことを告げても、誰からも信用されません。しかし韮澤氏は今でも「すべては地球破滅に向かっている」とのポリシーを貫き、折に触れてこの本で唱える終末論を強調し続けています

年末TVの超常現象特番で、テレビ朝日上空にUFOフリートが出現したと韮澤氏が現在も主張しているものは、撮影時に向かい側のビルのテラス(結婚式場)から放たれた風船群(バルーンリリース)であることは、私の調査や他の専門団体の検証により判明していますが、韮澤氏は全く聞く耳を持ちません。沖縄の海上で海軍が演習で打ち上げたと公式に発表している照明弾も、韮澤氏の盟友の水島保男氏らによって、実際とは異なる撮影地点による計測を証拠に那覇市近くに出現したUFOだと主張され続けています。そして照明弾でしかありえない見え方の指摘を全て無視し、自分たちの意固地さを「ブレない姿勢」と自画自賛しているありさまです。彼もかつて西暦2000年終末論の本を、たま出版から出していました黙示録の真実

韮澤氏は、核戦争を防ぐためにUFOが飛来してきていることを強調するために、スクープ映像として、海外のアニメーション動画をトリミングして、本物のUFO動画として宣伝したりもしてきました。これについての謝罪や訂正も現在まで一切なされていません アポロ計画の秘密―驚異の映像とデータ

韮澤氏と水島氏らは昔メディアで、NASAの映像にアダムスキー型UFOが映っていると言って不鮮明な動画を見せていましたが、近年の鮮明な映像では、それが氷片に過ぎないことが明白であるにもかかわらず、水島氏「真相を隠すためにNASAが映像をCGで捏造した」という、あきれた詭弁を弄し、当初は氷片を認めた韮澤氏も水島氏の助け舟に同調しているありさまです。しかも、最初は彼らは鮮明な映像を発表したNASAを称賛していたにもかかわらず、氷片であるという私の指摘を受け、最初は見苦しい抵抗を見せたものの、否定できなくなると、一転してNASAを悪者扱いし始めました。このような醜態をさらすこと自体がUFO問題の信ぴょう性を著しく低下させていることに気づかないほど自己保身だけしか眼中にないのでしょうか。

その他にも、韮澤氏はボートの白波を水中UFOだと強弁し、水島氏は窓ガラスに映った天井ライトを宇宙母船だと執拗に言い張るなど、彼らの詭弁は枚挙にいとまがありません。

上記の虚偽や虚言について、社会的な責任として、きちんと世間に謝罪をするように私から韮澤氏に何度か直接言いましたが、その度ごとに、はぐらかされて、逃げられました。そのやりとりは公開掲示板(UFO Station)で行いましたが、韮澤氏を擁護する管理人より、理由もなく「削除をします」という一方的な通告があり、さらにアダムスキーのUFO写真やフィルムの偽造の証拠を指摘した私の画像付き投稿(韮澤氏を始め誰も否定できずに逃げていた指摘)も理由もなく全て削除され、私は出入り禁止を命じられ、それに疑問をもつ閲覧者の声も削除され、質問のある者は書き込みをせずに管理人へのメールで身元を明かすようにとの通知がなされました。

私の指摘に少しでも誤りがあるなら正々堂々と述べればいいだけです。彼らが私に言ったのは「アダムスキーが使った模型の実物を入手しない限り、あなたの主張は有効ではない」といった、あきれた逃げ口上だけでした。

彼らが宣伝するUFO映像がニセモノである証拠を私が見せても、その指摘は無視され、「自分で撮影を試みない者による机上の空論」等と批判されましたが、実際に私がキャンプを張って本物のUFO映像を撮影すると、彼らは途端に沈黙し、映像の検証すら拒みました。

精神的にも進化した異星人がいるとすれば、彼らと我々地球人の最も大きな差は、多くの地球人は自己防衛(恐怖)のために相手を傷つけるほうを選ぶということでしょう。友好的なスペースピープルの喧伝者たちは、尊敬する宇宙の兄弟姉妹たちの生き方とは真逆の道を選んでいる人がほとんどで、真実を指摘する私の声は抹殺されてきました。

UFO業界では、「大衆にUFOへの関心をもってもらうためには、マスコミを使っての嘘も方便」だと考えている人たちが主流となっています。しかし実際は、そういう悪しき慣習によって、いまだにこの分野は多くの人からの嘲笑の対象となってしまっています。

このような現状を憂い、公開掲示板等で諫める発言をすれば、取り巻きの人たちから締め出しを食らってしまいます。そして掲示板は常連の年配者たちのみとなり、UFO写真とフィルムの偽造の決定的な証拠の話題はタブーとして、写っているのは本物の宇宙船だという暗黙の了解のもと、世間の人たちのことは完全に無視して、写真を堪能しながら空想を膨らませる場となっています。

宇宙人を悪用した終末論ビジネスに決して騙されないでいただきたいと思います。

私はテレビ朝日の年末超常現象特番の収録に招かれた際、事前にUFO映像の真偽の判定を求められ、それら全てがニセモノであることを証拠を添えて伝えたにもかかわらず、本番では全て本物として紹介され、訂正を求めて私が何度も挙手しましたが、無視されました。

終末論を唱える自称UFO・オカルト関係者たち、そして視聴者を欺く番組を制作しているテレビ局(制作会社)を、賢明な視聴者はしっかり見抜くようにしてほしいのです。

最後に、この本の感想をまとめると、「この地球社会なんか滅びてしまって、素晴らしい他の惑星に連れていってほしい」という願望を若きヒッピー時代から抱いていた著者の執念の結実のようです。同じ類の仲間たちと終末を切望するのは自由ですが、他人を巻き込まないでほしいと思います。このようなUFO終末論本は、未来の世代のためにUFO界を健全にしていこうとする方向とは真逆の、自分たちが存命のうちに地球の破滅と宇宙人の救済が実現してほしいという往年のコンタクト派の断末魔の叫びともいうべき老害本だと思います。
その昔、まだインターネットもなくて、嘘のUFO情報を一般の視聴者や読者が見破れなかった時代を牽引していた仕掛け人たちがいまだにくすぶって残っているのです
review imagereview imagereview image
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。


商品の詳細

5つ星のうち1.0
2
¥1,512+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料