Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 SOS1216 Amazon MasterCard nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

2010年5月1日
本書であれば「話が旨すぎる」FXがはらむリスクや落とし穴について
もう少し納得のいく説明をしてくれるのではと期待していたのですが、
ちょっと期待はずれでした。

「ローリスクで年利20%」などと歌っていますが、
高々10年分のHVさえ意識すればローリスクと言えるのでしょうか?
そもそも為替レートの分散が定数値である保証なんてどこにもありませんし
(この点は著者もお気づきのようですが、そもそも計算時期によってころころ変わるHVや共分散がリスク指標として有用と言えるでしょうか?)、
仮にそうだとしても99%程度の信頼区間で大丈夫なんですか?
"毎年"0.5%の確率で破産するって、相当なリスクですよ?年利20%でも割に合うかどうか。
実際この方法で、昨年冬の円高でロスカットになった人も多かったのでは?

一番恐ろしいインフレリスクについてもちょろっとだけ触れていますが、
「為替レートはインフレ率だけでは変動しない」と、大した考察もせずあっさり切り捨てています。
確かにこれまでのレートがインフレ率から受けた影響は少なかったようですが、この傾向が今後何年もつづくという根拠はどこに?
インフレ率の影響を100%無視して、高々数年分の過去実績だけを見れば年利20%も容易に思えるでしょうが、
この旨すぎる話の「しわ寄せ」がどこに来ているのか、
本書を読んでFXに挑戦しようとしている人には慎重に考えて欲しいと思います。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告| 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。