Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3
カスタマーレビュー

166 人中、141人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 とても危険なヘッドホン, 2011/10/6
投稿者 
レビュー対象商品: ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD25-1 II【国内正規品】 (エレクトロニクス)
大変長文になってしまいました・・・申し訳ないです。
ネット上で本製品が大変評判なのを知り、前々から購入意欲が湧いており、8月30日にAmazonで注文しました。

箱を開けて目に飛び込んできたのは
とても2万円前後するとは思えないようなプラスチックのチープなHD25-1IIの姿でした。
写真で何となくの外観はイメージできてたけど・・・これは大丈夫なのか?
そんな不安が一瞬頭によぎりました。
ですがこのヘッドホン、耐久性はとても高く頑丈な設計が施されているようです。
自分で分解・部品交換ができる仕様らしく、もしどこかのパーツが破損してしまっても新しくヘッドホンを買い直す必要はありません。
ケーブルは一般的なイヤホンのそれと比べると太く硬いものが使われており、普通に使用すればまず断線はしなさそうです。

装着してみると、しっかりと頭部がホールドされます。
頭頂部のヘッドバンドが二股にわかれる仕様になっており、耳乗せ式でありながら良好な装着感です。
しっかりと耳に密着してくれるので、遮音性はかなりのものです。音漏れ防止にも一役買っていると思います。
ですが、その強力なホールド感ゆえに、使用していると徐々に締め付けられるような感覚を持ち始めます。
自分の場合は、眼鏡を掛けた状態での使用で、1時間程度すると少し側頭部に違和感を覚えます。
あまり長時間の使用には向いていないと思われます。
一度掴んだらガッチリと捕まえて離さない・・・そんな強力な側圧が、「危険」な理由の一つです。

もう一つの「危険」な理由は、その音質です。
両耳に、強い勢いをもってしてダイナミックな音が飛び込んできます。
イヤホンではなかなか味わえない迫力のある音。音が塊のような「モノ」として耳を押し付けてくるような感覚。
低音は量・質ともに申し分なく、曲の迫力をグッと高めてくれます。
HD25-1IIの最大のウリはこの低音だと思います。
次々と音のパンチを浴びせられるかのような、充分な量の締まりがある、すごい勢いを持った低音を楽しめます。
高音は、一つ一つの音をしっかりと細かく表現してくれて、低音が非常にパワフルであるにも関わらず埋もれてしまいません。
最初のうちは高音が耳に刺さるように聴こえて不快感がありましたが、この点はエージングにより改善されました。

例えるなら、低音は力強く押し寄せて防波堤にぶつかる波。
ドッシリとした波のような低音が、暴力的なパワーで耳に押し寄せてきます。
そして高音は、細かくはじけ飛ぶ水しぶき。
無数の鮮やかな水の粒が、細かく頭の中で次々に弾けてゆく。
「これまでのどんな音とも違う音楽体験」を提供してくれるのではないでしょうか。
少なくとも、これまでこの価格帯のイヤホンもヘッドホンも使ったことがない私にとっては未知の体験でした。音楽はここまで楽しくなるのか、と。
オーケストラ・室内楽などには向かないかも知れませんが、ロックや打ち込みやポップスなど多くのポピュラーな音楽に広く対応できます。
自分の中で持っていた「イヤホン・ヘッドホンの音質」のハードルが、このヘッドホンを使用することによりグンと上がってしまいます。
これまで満足して使っていたイヤホンやヘッドホンの音に物足りなくなる可能性があります。
下手(?)すれば、高音質を求めてあれこれと新しいイヤホン・ヘッドホンに手を出すようになってしまうという
終わることのないヘッドホンスパイラルに突入してしまう危険性すら秘めています。
これがこのヘッドホンが「危険」であるもう一つの、最大の理由です。

ガッチリと掴んで離さない強力な側圧、
一度聴いたらやみつきになる繊細かつパワフルな音質。
色んな意味で「もう放せない」、非常に危険で獰猛なヘッドホンだと感じました。
末永くこのヘッドホンと一緒に音楽を心から楽しんでいきたいと思います。

余談ですが。。
Amazon含む、ネット上の様々なレビューにてこのヘッドホンが「漢」と評されているのが本当にピッタリだと思います。
『外見を飾り付けるのではなく、無骨に、中身(=音)で勝負する』
そんな意志のようなものをふと感じることができる男臭いヘッドホンです。

(10月29日追記)
購入してから2ヶ月ほど経ちました。
毎日のように楽しく音楽を聴かせてくれていますが、特にガタがきたり不具合が生じたりはしていません。
頭を締め付けるような強力な側圧はいまだに健在です。
少し太めのフレームの眼鏡をかけた状態で使用して、だいたい1時間に1度くらい休憩を取るようにしています。
使っていればすぐにユルユルになるかとも思っていましたが・・・
この辺りから、ゼンハイザーの製品の頑丈さが良くも悪くも垣間見えるなと思います。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]