Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー2014年3月21日
私は2007年時に就活をやっていたものです。なので、今、就活が、どうなっているのか?よく知りません。
当時は、比較的、景気がよく、私の場合でも6社の内定をいただきました。そのあと、某大手企業に入社し、
2年でその会社を辞めました。それから、中国の大学に入り直し、今は、中国の某都市で開発営業の仕事をしています。

「就活」っていったいなんだったのか?今でも、たまに不思議に思います。ある一定期間に、大学生が、「自分のやりたいこと」「自分が行きたい会社」を考える、とても奇妙な活動です。非常に、日本的かもしれません(みんなが、一斉に、同じことを始める点で)。

私は大手企業に内定を貰った時点で、満足してしまいました。だから、日本で働いていた期間は、なんとも言えない気分で仕事をしていました。つまり、「働く」ということに関して、実感が伴っていませんでした。モチベーションが殆どありませんでした。これは、私の問題でもありますし、また、少なくない社会人が、会社を辞める理由でもあります。

この本は、無名大学から大手企業へ入社するために以下のことをするように勧めています。

1突き抜ける経験
2論理的、構造的にまとめ、書く、話せるようになれ

1,2「できるようになる」と、当然、学生は自信が湧きます。おそらく、「自信」を持たせることが、氏の目的ではないかと思います。あるバイトで1番になる(何のどの分野で一番になるかは、知りませんが)、なんかは、非常に具体的で面白いと思います。

また、あとがきに、氏は「やりたいことなどというものを今は考える必要はない」、「目の前の仕事を思いっきりやって成長していければそれが一番いい」と言っています。

私は、この氏の主張には、大賛成です。自分がやりたいことは、趣味でやればいいし、自分がやりたいことが、社会的に、成立するためには、あくまで、他人からの需要(困っていること、解決してほしいことなど)がなければいけないからです。

ただ、就活(本)に関して、何か問題点を挙げるとしたら、内定後のことを、あまり、考えていないことかもしれません。つまり、内定がゴールという意識が非常に強いことです(それでも良いとは思いますが、、、)。例えでいうと、結婚を最終目的にして、その後の二人の生活のことを考えていない、、、ちょっと滑稽に思わないでしょうか?

私の実感からして、少なくない人が、就活で脱落して、悩みます。また、入社しても、組織に疑問を感じて辞めます。悩んだり、辞めたりするのは、個人の判断なので、尊重しますが、その後、「働かない」という選択肢も、どうやら、この数年で一般的になりました。

日本は今、「働かない」「働けない人」を大量に生み出しているような気がします。それは、どうしてなんでしょうか?私は、就活というものが、一つの原因だと思います。ただ、これは、構造的な問題なので、私には、上記のことを、
言うぐらいしかできません。
2コメント2件| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告| 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。