星のドラゴンクエスト Amazonベビーレジストリ nav_flyout_akuta Amazon MasterCard Wintertire nav_flyout_videogame WinterSale 【新登場】Fire HD 8 Fire TV バレンタインギフト特集2019 定期おトク便の初回発送分がお得に DIY・ガーデニング 降雪対策グッズ特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツ グランド・ツアー シーズン3

カスタマーレビュー

2010年2月15日
取材で寺田氏の速読講座を受けたのだが、はっきり速くなった。ロジカルな教え方にも感心した。私がレポートを載せたPCfanの連載「男の科学」から抜粋。

速読を訓練可能な技術として教えているのが『ビジネス速読塾講座』である。主催の寺田昌嗣氏によれば、この講座、わずか3日間で受講者の7割が、ビジネス書1冊を10分で読めるようになるのだそうだ。
「速読をしたい人は速読が目的ではなくて、本を読みたいわけですね。どういう読書をしたいのか? そのために速読をどう生かしたいのか? 速読教室はよく1分間に5000字が読めるようになる、1万字が読めるようになる、と言われます。しかしそうした教室のインストラクターから相談を受けました。“1500字を超えると読書としては崩れますよね? 寺田先生はどう対処されていますか?” 1500字ですよ?」
 寺田氏は3日間の研修で読書速度を2倍にすることを目標としている。
「一般的な読書スピードは1分間に300〜800字です。それを2倍上の1分間に1700字で読めるようにします。1ページなら約12秒、1冊20分で読めるようになります。1冊5分でいける人もいます」
 分速1500字とは、寺田式速読では初心者中の初心者の読書速度であり、その速度で読者が壊れるなんてありえないのだ。
 速読の読み方は普通の読み方とは違う。1冊を読むのに5分しかかけない読書と2時間かける読書は根本的に違う。
「速読は下読みでざっと概要をつかんでからメリハリをつけながら読んでいきます。だから小説は速読には向きません。小説はイメージをつけながら読まないといけませんから」(寺田)
 速読の訓練とは基本は目と脳の動かし方の訓練だ。普段、私たちは目の動かし方を意識しないし、読むという行為にそれほどの集中力も要求しない。目を素早く視界を広く保ちながら本を読むと本の内容を読むのではなく見る状態になる。本の1pを数秒で読む時、一つひとつの文字の意味を考えていては間に合わない。昔の速読は右脳で読むトレーニングであり、現在も写真機のように本の内容を記憶に植え付けていくフォトリーディングが流行しているが、すべてを記憶することは普通の人間には不可能だ。寺田氏の速読は本の内容をいかに素早く要約して記憶するかの技術であり、すべてを覚えるわけではない。
 3日間受講した結果、私の場合、3日間で初日は1分間712文字だった読書速度が3500字になった。およそ5倍である。

拙著「大人の怪しい実験室」 はお笑い本です。
大人の怪しい実験室〜都市伝説の検証
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.8
70