Androidアプリストア Amazonベビーレジストリ nav_flyout_honyataisho Amazon MasterCard nav_flyout_biss 春の運動会 SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV 父の日特集2019 実質無料サンプルストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ミッション:インポッシブル フォールアウト

カスタマーレビュー

2013年5月16日
渡辺さんにしては長い(?)、全5巻で完結。
全部読み終わってから書評を書いてます。

それにしても渡辺さんは、人の心理の「揺れ」を描くのがうまいな、と思います。
特にふと、目の前の会話から離れて自分を客観視する際。
自分が宙に浮くような描写や、どう対応すべきかカードを選ぶ描写やなんかとともに、感情の揺れを追体験するような気分になる。
同著者の他の本もそうですが、そうした主観と客観を行き来する描写が、本当にリアルだなぁと思います。

読んで第一に思ったのが、陳腐な言い方かもしれませんが、女性の強さと男性の弱さ。
理不尽な状況を受け入れようとするあっちゃんや、一人で生むことを決める高野さんの強さに比べ、コーヘーのなんと弱いことか(笑)。
もちろん彼女たちの心の揺れも描かれるのだけど、それでも男の自分からみれば、「なんでここまで」というほど強く思える。
よく、女性は強いといわれますが、その本質はこういうことか、などと考えてしまいます(これも何事も一般化したがる男の悪い癖かも・笑)。
女性がメインの読者だと思うし、女性はまた全然違う解釈をするのかとも思いますが、男性にも十二分にお勧めの一冊です。

あと、俺もむるたんにアドバイスしてもらいたい!
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
16
¥607+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料