Androidアプリストア クリスマスプレゼントおもちゃ特集 クリスマス特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションギフトセレクション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick お歳暮・冬のギフト 大掃除特集 高評価アイテムセレクション Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア ドキュメンタル
カスタマーレビュー

21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 カメラに付けっぱなしにしてます。, 2016/1/13
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: Panasonic マイクロフォーサーズ用 30mm F2.8 単焦点 マクロレンズ LUMIX G MACRO ASPH./MEGA O.I.S. ブラック H-HS030 (Camera)
マイクロフォーサーズのマクロレンズはパナ45オリ60に続いて3本目です。画角が標準的なので、マクロ以外の写真も基本的にこれ一本でまかなえます。これまでのマクロレンズと違ってフォーカスリミッターがなく、ピントがすっぽ抜けて遠くの背景に合うことは多々ありますが、そもそものAF速度が速いので3本のマクロレンズの中で最も使いやすく感じます。フォーカスリングも少し動かすだけで無限遠から最短まで動くので、ほかの2つのマクロレンズのようにひたすらグルグル回す必要がありません。これは実際に使ってみるとものすごく快適です。AF中でもピントリングに触れたらMFに切り替えるような設定がカメラ側でできればいいのですが、レンズの問題というよりカメラ側の問題だと思いますが、この点は不満です。

等倍撮影の時の画質は、30mm>60mm>45mmであるように感じます。あくまで印象の話なのですが、45mmは無限遠がベストで等倍に近づくにつれて荒れていく印象、60mmは1/2倍まではとても良いのですが、1/2倍から等倍にかけて赤がにじんできます。30mmは等倍でもしっかり写るように見えます。

手振れ補正をオンにしているとマクロ域で撮影した時に手振れ補正の影響によるブレが見られて微ブレの影響で解像しなくなるのを確認しています。このあたりはSSやピント位置などの情報をカメラが自動で判断して手振れ補正が悪さをしそうな条件なら自動でオフにする設定になっていて欲しかったと思います。

最新のマクロレンズとケンコーの電子接点付き中間リングはあまり相性がよくないようで、マイクロフォーサーズの3つのマクロレンズはどれも何かしらの欠点が出ます。この30mmマクロの場合は、像面湾曲が出ます。45mmは色収差の増大、60mmは倍率は稼げても解像性能が上がらない等ありますので、中間リングと併用はあまりおすすめしません。

コンパクトなカメラと組み合わせて使うのも良いレンズですが、フォーカス切り替えスイッチがあり、手振れ補正のオンオフ設定が素早くできるカメラと組み合わせて使うことで完全に性能を発揮できるレンズだと思います。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについてはここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]