Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 今すぐエントリー nav_flyout_biss DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire7タブレット Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
1

ベスト500レビュアー2017年4月11日
 米国がシリア政府軍にミサイル59発を撃ち込み、米露の対立が顕著になる中、
 米国は、さらに、空母カール・ビンソンを朝鮮近海に派遣することを決定し、
 日本経済は、地政学リスクを懸念され、何やらきな臭い状態になってきています。
 そのため、円高が進行し・・・同時に日経平均もさえない状態になっています。
 しかし、なぜ有事の円買いなのだろう?、円高になるとなぜ日経平均は下落するのだろう?
 また、日本政府の債務残高は、対GDP比230%を超えていて、これはあのギリシャ高い数値なのになぜ破綻しないのか?
 黒田日銀総裁は、異次元の金融緩和をしたのに、なぜ2%のインフレが達成できないのか?
 AIが進歩し、2040年代には、シンギュラリティを迎えると言われていますが、その時雇用状態はどうなるのか?
 そして、少子化が進行する日本の未来は明るいのか、暗いのか?
 こんな様々な疑問に答えるため、「週刊ダイヤモンド」 2017年4/15号は、
 「思わず誰かに話したくなる 速習!日本経済」を特集しています。
 しかし、今号、私にとっては結構目新しい内容で、乗数効果、マンデルフレミングの法則、フィッシャーの交換方程式、
 囚人のジレンマ、限定合理性、サンクコスト、など様々な事を学ばせてもらいました。
 また、経済の見解は、その人の専門によりかなり違いますが、本誌に株は楽天家、債権は皮肉屋、為替は直観派、とあるのを見つけ、
 納得した次第です!!
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)