Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5



2017年9月3日
まず、出演している俳優が、エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ルーク・エバンスなど美男美女ぞろいでとても豪華、その点だけでも見て見たい映画だと思う。内容は、もっと謎解きなミステリー的なものを想像していたけど少し違っていました。エミリー・ブラント演じる主人公の目線、心象風景からゆっくりストーリーに入っていきますが、自分には少しテンポが遅く感じられました。そういうのもあってか失礼な話なのですが小説で読んだ方が面白いかもと感じてしまいました。ストーリーを、ものすごく大雑把に言うと、ある辛い出来事をきっかけに、いつも乗る列車の車窓から見える風景を心のよりどころにするようになってしまった主人公に、その風景に絡んで起こる事件と、それを通した主人公の再生のストーリーで、派手さはありませんが、悪くはないと思います。ただ、いわゆる面白い映画というのではない気がします。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2017年5月7日
『酒に溺れる女が毎日のように車窓から見つめる、
元夫が妻子と暮らす家と理想のカップルが暮らす家』
登場する3人の女性の人生が交錯する中で起こる1人の女性の失踪。
真実は記憶の中に立ちこめた霧の向こう …。
女の情念 ? 傲慢な男の身勝手 ? どんよりとした後味のミステリ。

レイチェル (エミリー・ブラント) は、離婚の原因はすべて自分にある、
その罪悪感と喪失感から酒をやめられずにいた。
前に進めない、思い出せば出すほど辛い過去を彷徨っていた。

アナ (レベッカ・ファーガソン) は、晴れて妻となり出産。
すべてを手にした瞬間それを失うこともある … あの頃の情熱。

メガン (ヘイリー・ベネット) は奔放な女性。
だが誰も知らない、彼女が抱える闇を …。

よくあるドロドロの愛憎劇、そんな一面もある作品。
そこに3人の女性の心情と事件が絡み合う。
レイチェルの真実、メガンの心の傷が明らかになって行く。
最後まで観客を引き付けたのはエミリー・ブラントだったのでは。
苦悩するレイチェル、悲しみの中のレイチェル、怯えるレイチェル …
エミリーの演技に惹かれたことは間違いない。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月31日
前作は未読なため素直にミスリードにはまりました。
エミリーブラントの演技は迫真に迫るものがありますね。
街並みもいい感じに撮影されています。
フィルム撮影でしょうか?4KHDRの画質としては平均点の域を超えないのが残念ですがフィルムらしらが
味わえるという点では評価できます。明るさよりも暗さにおいてフィルムルックを狙った4KHDR化だと思います。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年6月15日
海外ミステリーで売れているということと、主演のエミリー・ブラントよりヘイリー・ベネットが見たくて視聴しました。ミスリードは古典的ですが、演者さんたちの演技が素晴らしいので引き込まれます。主演のエミリー・ブラントは登場シーンから別人のように落ちぶれた印象で登場しますが、哀れな感じというか悲壮感を纏った演技が素晴らしかったです。ヘイリー・ベネット、相変わらず綺麗でした!全体的によくまとまっていて普通に楽しめました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年11月19日
単に車窓から事件を目撃するという単純な話ではなく、そこから女性3人男性3人が絡んだドラマが、やがては事件に繋がるさまがじっくり描かれる。
殺人事件の犯人が誰か最後まで分からないようにしっかり作られていて、少し冗長な原作を、その雰囲気は織り込みながらテンポよくまとめた脚本の出来が良い。
車窓からの目撃という単調になりがちな画面作りを、色々なアングルで見せながら、短いカットでヒロインの心情をうまく浮き彫りにするテイト・テイラーの演出が上手いし、何よりこのサスペンスに必要な画面の雰囲気作りがしっかり出来ていた。
エミリー・ブロンテは美人にもブスにも演技が出来る女優なので、相対するレベッカ・ファーガゾンにヘイリ・ベネットが美人だけにそのキャスティングの巧さが光るし、ルーク・エヴァンズ、エドガー・ラミレスと男優陣も豪華。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月24日
 サスペンス系スリラーは嫌いじゃないが、スリラーというよりメロドラマ。評論家の評価も真っ二つで、悪く言えば脚本の段階でコケちまったかな。主役のE・ブラントの演技が卓越してたので少し勿体無い。美人のH・ベネットの肉体を投げ打った演技も少し空回りしたか、自慰のシーンが圧巻だっただけに。
 ただ、精神科医の男の存在は曖昧に思えた。でも、映画の作り自体はよかったから、話題になっただけでも良しとしよう。流石の美女も30を過ぎるとスッピンはキツイ。顔のアップが多すぎて、女優さんは大変だったろう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月7日
話の先を読みながら観る人にはホントに面白い映画だと思います。
「やっぱりな…」「そっちか…」「うわ、そうきたか…」と最後まで楽しめます。
知らない映画でしたが、他の人のプレビュー見て買ってみましたが、損はしませんでした。
皆さんありがとう!(^^)!
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月24日
アル中の人間が自らの嫌悪や疎外感で壊れて行くドキュメントの一端をかいま見た気がした。
主演オスカーの日もそう遠くない気がする。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト1000レビュアー2017年6月2日
原作以上の出来だと思います。
複雑な話では無いのですが、最期迄飽きず楽しめます。
エミリー・ブラントは、上手い女優ですね。
原作を読間無い方が良いのでは。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月22日
ありそうで、なかった脚本。主演のエミリー・ブラントとそれ以外の登場人物の面々の演技力の素晴らしさ。私は気に入りました。観て損になるような映画ではありません!
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告