Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
23
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年6月30日
私が20代の頃、とてもお世話になった先輩の口癖が「オレは甲殻類でいたい」だった。
それは「(何回でも脱皮して)変化し続けていたい」ということで、そんな先輩が面白く、憧れてもいた。
本屋でこの本の帯に書かれている『あなたを「脱皮」させる習慣のつくり方』というコピーを見て、
そのことを久しぶりに思い出した。

手にとって読んでみると、内容や文体は中学生くらいでもすんなり読めるくらいのとても読みやすく、丁寧で親切。
かつ多重的な切り口が具体的に書かれていて、ちょっと読み進めた段階で既に「自分もちょっとやってみようかな?」という気になっていた。
読了後、一番感じたことは、方法論としての「シンプルさ」と「柔軟さ」だった。
わからないが、非常にロジカル?に組み立てられている内容だからこそ、そう感じるのか?
いずれにせよ、読み手を選ばず気軽にオススメすることができる一冊だ。

「変化する」ことは難しいように思う。
歳を重ねるにつれ「変化しようとする」ことさえも難しくなってきている。

と、長々と書いてしまったが、実はこの一節を紹介したくレビューを書こうと思った。
引用させていただく。

本の「おわりに」より引用:
【この「小さな変化の道のり」が楽しいのです。純粋な心に触れながら生きているときこそ、人生は彩られるのですから。】

最後の最後でまたぐッときた。
私もそうだ。まだまだ、甲殻類になるまでの道中を楽しみたい。
0コメント| 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月22日
私は、
中長期のゴールを設定し、
そこから逆算して目標設定をすることが苦手なタイプです。
 
そうやって、設定した目標は
自分とは分離したもののように感じられて
頑張ってモチベーションを上げないと、
取り組めない、そう感じるからです。
 
ですが、
できたことノートを使って、
「今すでにやっていること」に注目し、
掘り下げることで、自分とは分離していない、
自分の心と一致感のあるテーマ・目標を見出すことができます。
 
そのテーマ・目標は
誰かに押し付けられたものではなく、
常識に影響され、こうした方がいいと考えてつくったものでもなく、
自分の内側からでてきたものなので、
 
モチベーションが自然に上がり、
スムーズに取り組むことができました。
 
できたことノートは、
 
心と一致した目標を見出したい方
(むしろそうじゃなければ動けない傾向の方)
にオススメしたいものですし、
 
やればやるほど
自分の経験から自分の強み・成功パターン・取り組みたいテーマを学び、
そこに集中していく、という一連のサイクルをグルグル早く回すことが
できると感じているので、
 
自分を知れる・結果を出せる喜びがどんどん増えていきそうで、
これからがますます楽しみです。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月9日
できたことノートとして、毎日できたことを書き、週一回内省といわれる作業をする。
それによって、自分に自信が出てきて、出来るという、いわゆる自己効力感を増やそうというメソッドです。
著者はオリジナルと強調されていますが、この手のメソッドは大昔からあります。
そこにすこし何かをプラスしてオリジナルと言われても、という感じはします。

また、正直言うと、立ち読みで十分な内容でした。本の紹介に書かれていることそれ以上のことは
ほとんど書かれていません。あとは、内省の質問リストをさっとメモすれば他に見るべきところはありません。
他の人の体験談も、そんなことはこれを使わなくても気づくだろうというレベルのもので、
プラスはありませんでしたね。

また、その質問の一つ、「なにがあったの?」という聞き方が不愉快で仕方がなかったですね。
その直後に「なにがあったのか?」と正しい聞き方に聞き直してるのにも関わらず、
なぜこの微妙に不愉快な言い方にしているのか、不思議なところです。

それでも、実践すれば、一定の効果はあるかもしれません。人生を変えるというよりも、
ちょっとしたスパイスとして考えればちょうどいいと思います。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
よい習慣を無理なく身につけるにはその日できたことに注目するだけ。
必要なのは反省ではなく「内省」。
なぜそうなったのかを内省すると本当の理由を導き出すことができる。
できたことメモの活用、1日の終わりに今日できたこと3つをメモる。
自分でできたことを認めるのは自分の未来を切り開くホルモンを増やすこと
である。
(特に日本の教育ではできなかったことを反省、マイナス面にフォーカス
する傾向がいまだに強い。思い込みから脱する殻破りツールの重要性、
複眼的思考のトレーニングで思い切った自己改革をすることは必要不可欠)
記録を行うことで振り返った時に気づきが多い。
そしてその蓄積がよい習慣を身につけさせてゆく。
1日5分、できた事柄を記録し無理なく続ける。
ちょっとした積み重ねがやがて大きな力になる。
このことはぜひ心に刻んでおきたい。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 繰り返しの毎日の中で悶々とするだけの変わらない自分から抜け出す手助けをしてくれる本。「変わり続ける存在」としての自分に気付かせ、ある程度一貫性のある「次の一歩」を楽しんで踏み出し続けられるよう支援する仕掛けが「できたことノート」。半日で読み終えられる自己啓発系ビジネス書。

 「できたことノート」は、常に変化し続ける自分に心躍らせ、ワクワクした気持ちで次の一歩を踏み出し続けるための、ある程度マニュアル化された「ポジティブ反省術」。同時に、自分自身の価値観や強みに気付かせ、その歩みに一貫性をもたせるための仕掛けでもある。社会人としての業績アップに直接結び付かなくても、「活き活きとした毎日を送る」ことができるなら万々歳だ。

 ワクワクとした気持ちを持ち続けるためには、自分自身が毎日変化していることに気付かなければならない。「変わらない自分」なのではなく「変わっていることに気付かない自分」なのだ。そのせいで悶々としているのだから、自分に対する見方が少し変わるだけで毎日を「面白がれる」ようになることだってあるのだ。

 「面白がり精神」で自分自身の毎日を眺めてみれば、改善点はいくらでもある! その積み重ねを意味あるものにする秘訣は、本来の目的を忘れずにいること(人はすぐ近視眼的になってしまう!)。そのための「軸」の役割を果たすのが、「人生において自分は何を重視しているのか」という価値観と、「自分のどんな点を他者は評価してくれているのか」という自分自身の長所。軸さえ定まれば、歩むべき「次の一歩」が自ずと見えてくる。あとはその一歩を踏み出せば良いのである。自分らしくノビノビやっているときにこそ、人は活き活きするワケだから。

 著者は3か月で効果を実感できるハズだと言っている。ちょっと試してみようかと思う。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月12日
「人の行動を変える専門家」が、一般向けに書いた本。日々の生活の中で「できたこと」をみつけていくことで、行動できる自分をつくるというもの。

読んでみると、いかに自分自身に対して、マイナスの評価ばかりしていたか、ということに気がつく。「反省するな!」という主張も新しい。気がつくと、上手く行かなかったことに目がいき、それを反省する…… そんなスパイラルから抜け出すためのヒントになりそうだ。

3カ月行えば定着するとあるので、できることなら巻末にブランクのシートを3カ月分つけてほしかった。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月7日
まず読んだとき、私はすでに小さい事でもなにか出来ているんだという事を発見させてくれてました。またノートに書くこともシンプルでいい事のみに目を向けられるのは気持ち的に嬉しいので続けられそうです。また内省文なるものを週一日書く理由が腑に落ちるというか、自分の良い行動の確認、パターンの発見が出来るという部分で次の行動に結びつくのではないかという希望が出来ました。まだ初めて日が浅いので星を4にしていますが結果につながれば5にしたいです。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月29日
私がこの本を買った理由は、仕事をもっと楽に気分良くこなせるようになりたかったから、定時でビシッと帰りたいから、です。

本の帯にあるように、最終のゴールはなんでもいいんですね。そのゴールに近づくことができる、具体的に行動に移すことができる方法論がまとめてあります。

私の場合は、会社行事の前、接客をする時など、気負いすぎてプレッシャーに感じることが多々あり、失敗もたくさんしてきました。

どうすればうまくいくか?を今まで何度考えてきたましたが、そこを見つめても答えが出ないことも多くありました。

そこで、こちらの本です。

瞑想にも通じる「内省」の方法論でした。何か達成したいことがある方はもちろん、そういうのがなくても、自分をみつめることが手軽にできる方法だと思います。これなら無理せず、自分を振り返りできる。そこから、無理なくレベルアップしていけそう。難なく続けられそう。

さっそくやってみたいと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月11日
永谷さんの著書は絶対に達成する技術、絶対に行動定着させる技術から愛読しています。
自然と考えを深めていき、みんなが無理なく自分の目標を達成して、自分らしく生きる方法を色々な角度からサポートされていることに共感しています。

本著は、前作の2作をもっと分かりやすく、身近に落とし込みやすくした本でした。

印象に残ったのは次の箇所です
自分の行動、感情を振り返ることで、どんなふうに仕事をしたいのか、どんな人になりたいのか、どんな人生を歩みたいのかが見えてくる。そして、自分はどのような使命を持っているのかが見えてくる。

自分の本音に向き合うことで、自分が望む生き方が見えて、自分の役割が見えてくる。
実際に、この本で書かれているワークを知人5名と実践しました所、みんな、自分の奥底にある感情の部分まで引き出すことが出来ました。

たくさんの方に、実践していただきたいワークです。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月24日
わたくしは一般的な日本人に比べて楽観的で自己肯定感が強く、人や自分の良いところを見つけるのが上手なほうであると自負しているため、この本から得るものがないかも?と半信半疑で購入しましたが、結果、得るものがいくつかあったので満足です。

「できたことを記せば気持ちが前向きになるのでやる気が起きる」というありきたりのことだけを書いた本かと思っていましたが、そのたぐいについてもごくごく短くは触れているものの、メインで記載されているできたことリスト作成の目的・効用がそれを大きく超えたものでした。今後の人生に活かしたいです。

本日以降、できたことノート(手帳に書きます。。)の記載が続くか否かだけが問題です!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告