Androidアプリストア Amazonファミリー 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 DVD ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集  Summer Sale 第2弾 家電 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.6
63
5つ星のうち2.6
エディション: 通常版 Amazon特典なし|変更
価格:¥4,280+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年1月22日
バージョン1.06にアップデートしてから、vita版にBGMパックが適用されなくなる不具合があり、PS4とのクロスセーブが使用できなくなりました。おまけにvita版の過去のセーブデータも読み込めなくなりました。
PS4に先駆けて配信されたvita版バージョン1.07で、この不具合は解消されました。
(2017年1月25日時点でPS4の最新バージョンは1.06。vita版は1.07)
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月6日
このシリーズは毎回購入しています。
今回も楽しみにしていたのに、
ps2クラスの解像度で+処理落ちで
開始5分で萎えました。
ps4版はわかりませんがvita版は絶対オススメ出来ません。
[2016/11/13 追記]
何度も挑戦しましたが、最初の町を出るまで耐えられず、二回の大容量パッチでも全く改善されなかったので結局売ってしまいました。
0コメント| 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月9日
度重なるエラー落ちに耐えこれからエンディングに向けてイベント回収だ!というところで何かもういいやとなってしまいました。
エラー落ちに怯えながらこまめにセーブ→落ちるの連続に疲れました。
個人的に内容はソフィーの2倍くらい面白いし音楽も良いなと感じたのに残念です。
アトリエは毎回発売日に購入していますが、まともにプレイできないゲームを売るべきでないと思います。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月2日
良い作品だと思いますが、最初の街での移動が苦痛です。処理が遅く、カクつきが酷く、スローモーションで歩行するので、イラつくし、テンポが悪すぎです。採取ポイントで採取しようとしても、採取出来ない事があったりもします。一応パッチはあてたみたいですが、全く改善されていません。作品は面白そうなのに、とても、まともにプレイ出来る環境では無いです。あまりにも酷いので、最初の街でプレイを止めてしまいました。購入して失敗したかな?とさえ思えてしまいます。Vita版での購入は止めた方が良いかもです。
0コメント| 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月3日
もうアトリエはVitaプレイ無理かな?というぐらい最初の導入部分でのかくつきが多すぎ
あと前作とカメラワークが違うのか操作がしにくい
最初の町でやる気0になりました
PS4で購入すれば違うのかもしれませんが、もうちょっとVitaのほう動作なんとかなりませんかね・・・
続ける気が起きないのでやめました。
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月8日
アトリエシリーズが昔から好きで、今作も楽しみにしていました。しかしこんなにガッカリするとは思いませんでした。
まず処理落ちが酷い。町を歩いているだけで頻繁に処理落ちします。
次にグラフィック。下手すればPSPより酷い。
解像度もかなり低い。ソフィーのvitaは普通に綺麗だったのに。まるでモザイクかけてるみたいです。
3Dモデルも違和感が凄い、特にソフィー。
さらに大量のバグ、フリーズ地獄。
パッチがありますが、ほぼ無意味でした。
ただ、BGMだけは良かったです。
次回作では改善されるよう願ってます。
0コメント| 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月2日
二周目やっている途中ですが改めてレヴュー書きます。
まず、さんざん言われているエラーですが、対策すればそこそこ回避できます。
その対策とは、
①最新パッチをあてて一時間ごとに再起動(できれば電源を一度切る)。
②セーブはひと仕事終えるたびに必ずする。
この二つです。再起動は本当に面倒ですが不意のフリーズはある程度は防げます。
疲れてきたなぁと感じたら再起動。調合できた!よし、セーブ。
これさえしていればエラーは事前にかなり防げます。
特に後半からは水中などのダンジョンでエラーが頻発しがちですので、
出発前にできるだけ再起動しておくと、ある程度回避できます。
もちろん、そもそもエラーなどないに越したことはないのです(ここ重要)!
それから、画質についてはVitaとしては普通だと思います。
動作処理は最初の街(エルトナ)の一部が特に重い以外はたまに少しもたつく程度です。

次に、内容について。
本作の最大の特徴は何と言っても「オープンワールド風のフィールドでアトリエができる」という点でしょう。
正直、最初に外のフィールドに解放された時は感動しました。
アトリエの世界が完全な状態で広がっていて、そこを駆け抜けることができる!これが本作最大最高の魅力でしょう。
次に、モブ市民の依頼クエスト。
モブのお願いを錬金術で叶えてあげると、直接お礼を言ってもらえます。
「アーシャのアトリエ」でも同様のクエストがあり、私はこのクエストが大好きだったので嬉しかった。
次に、ストーリー。
本作は一人の錬金術師の成長の物語で、私はかなり楽しめました。
キャラ同士の掛け合いもユーモラスで可愛くて、あぁアトリエだな~と言う感じ。
過去作からの出演キャラもいてシリーズファンとしても嬉しい。
次に、時間制限について。
前半の時間制限部分は手探りで進めていく緊張感があって良かった。逆に後半からは自由行動で、やり込みも出来ます。
時間制限自体は余裕があるので、さほど気にしなくていいですが。

ゲーム性はいつも通りやり込みの要素が多く、品質をカンストさせたり良い特性を探したりして遊んでいると、たまに愉快なイベントがあったり、強い敵にボコボコにされたり…。
あと、主人公のフィリスさんはテンション高いし可愛いです。

以上、内容については非常に良いと思います。アトリエと言えば、毎度のように新要素の加わる調合システムが楽しみで、
探索、調合、戦闘の合間に結構良いお話も添えられていて、より強い特性を求めてひたすら探索しては調合するという、
時間を惜しまないやり込みゲーマーにはたまらないゲームで、本作には、そんなアトリエの新境地を見た気がします。
(であるがゆえにエラーだけは本当に改善してほしい…)
とにかく、多めなエラーも吹っ飛ばすほどの意欲作に★4です。

※ps4持ってる方にはps4版をおススメします。
 エラーの点でやはりこのVita版は辛いプレーになりますので。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月16日
本作がアトリエシリーズ初プレイでしたがとにかくフリーズが多く残念でした。
敵と接触するとフリーズ、このゲームの醍醐味の調合をしようとするとフリーズと、安心してプレイできません。現在、公認試験まで行きましたがここまでに4〜5回程フリーズして、合計5時間ほど無駄になりました。
他の方のレビューにある動作がカクカクになる現象はそれほど気になりませんでしたが、このフリーズに関してのパッチが未だになされていないのはどうかと思います。
個人的にストーリーはまあまあだと感じたので、こまめにセーブするのが苦でない方ならある程度楽しめるとは思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月2日
バグで強制終了多発
やる気を削がれたので途中で売りました
アトリエシリーズで一番ひどいかも
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月11日
最大の問題として、頻繁にフリーズが起きる。度重なるパッチでも全く改善されない。ゲーム中全ての局面でフリーズの可能性がある。
次に、処理落ちがひどい。タイトル画面ですら処理落ちしている。
システム面・シナリオ面でも前作から劣化している面が多い。
クオリティが維持できているのは、キャラクターデザインとBGMくらい。

買うならせめてPS4版にすべきで、vita版は全くお勧めできない。

以下は細かい感想。

【フィールド・街】
 とても広くなって、旅と冒険している感じがよく出ている。・・・とポジティブに受け止められるのはMMORPGとか全くやったことのない人だけで、少しでも経験があると、新鮮味も見どころも全くない。フィールド探索のテンポはとてつもなく悪い。LPの減りが異常に速く、回復手段が寝る以外に一切無いのが探索を一層面倒にしている。とにかくLPがもりもり減るので、MPとかカゴの容量はほとんど気にならない。
 昼夜の概念があるが、フィールドはともかく街中だとストレスの原因にしかなってない。律儀に夜に戸締りされても、何も面白くない。
 ダンジョンは数だけは多いが、何のために存在しているのか意味が分からないのがほとんど。地形もコピペ。
 ホウキは爽快感がある、と言えないことも無いが、ホウキ入手前がひどすぎるだけ。
 水中マップはキャンディー残量の足かせがあるだけで、システム的な面白みが無い。水中であることを活かしたギミックが全く無いのは何故か。むしろホウキが使えないので、単に苦痛。

【シナリオ】
 主人公自身に物語が無い。おおざっぱに言うと、試験合格前は「旅を続けるための旅」・合格後は「旅の目的を探すための旅」で、NPCやパーティメンバーに振り回されるばかりで主体性があまりない。それが悪いとは断言できないが、少なくとも異質。
 キャラクターが増えた分、一人当たりのシナリオが薄い。パーティメンバーですら薄い。また、主人公以外のキャラ同士での掛け合いがとても少ないので人間関係の深みが無い。
 一部のイベントが明らかに手抜き。カメラワーク無しでアトリエの壁を背景に立ち話するだけのイベントが多い。キャラ二人が会話するのに二人とも正面を向いて話すなど、演出のレベルが低い。3Dモデルを使う意味が無く、立ち絵に回帰したほうがマシ。
 イベントの大半がアトリエ内で起きるのに、アトリエの内装デザインが犯罪的にチープ。「アトリエメイク」という模様替えのシステムはあるが、チープさは全く軽減されない。
 パーティーメンバーの友好度が上がるスピードが異常に速く、ベッドで寝てるだけでグングン上がる。パラメータの存在意義が無い。
 フラグ管理が理不尽。イベントの攻略よりも、いかにイベントを発生させるかに頭を使う。NPC含めた全キャラのストーリーをコンプリートするつもりでプレイしないと、何かの拍子にストーリーが全く先に進まなくなる。

【調合】
 調合自体は前作の発展形で、改善された点もある。しかし周辺のシステムがひどい。
 最大の戦犯は熟練度システム。熟練度を上げないとまともに調合できないので、完成品を捨てる前提で無駄な調合を反復する必要がある。
 レシピを閃くシステムもひどい。閃くための条件が異常で、普通にプレイしているだけだとなかなかレシピを入手できない。入手した後に「何をきっかけに閃いたのか」の答え合わせができない・条件を知っていてもそれを満たすのが面倒くさいので、周回プレイが苦痛。発想を軽減するための発想ポイントがあるが、発想ポイントが使えるようになるまでが大変なので、ポイントがほとんど役に立たない。閃くまでが大変なので、錬金レベルは存在意義がほとんど無い。
 量販店が無い。そのため、下準備のための単純な反復作業を強制される。アイテムの使用回数をチャージする仕組みだけは健在。
コンテナの容量が異常に少ない。頻繁にアイテムを捨てるか、アトリエメイクでアトリエ内をコンテナで埋め尽くすかの二択を迫られる。
 超弩級錬成は単に必要となる素材の数が異常に多いだけで、面白みは全くない。コンテナの狭さが影響して、ただただ苦痛。
 最近のアトリエシリーズに共通するが、上位の特性は説明文が異常に不親切で、実際に使ってみるまで効果が分からないのがほとんど。攻略本の売り上げを伸ばしたくてわざとやってるんじゃないか、と疑うレベル。
 上位の防具を調合するレシピが無い。最終防具に二級品を使うしかない。ひどい。

【戦闘】
 戦闘システムは、前作の悪い点がほとんど全部解消されて洗練されている。特にバフ・デバフの効果はとても把握しやすくなった。
 戦闘スキルが装備品に付くようになったので、キャラ格差が少し軽減されている。根本的な解決にはなってないが、方向性は正しいと思う。
 戦闘中の処理落ちはとてもひどい。武器が強くなってくると追加ダメージの表示で画面が埋まり、それに比例して処理落ちが一層悪化する。
 同一の攻撃手段を繰り返し使うとダメージ量が落ちる仕組みがある。大火力で押し切る作戦に偏りがちで、持久戦はほぼ否定。取ってつけたようなやり方で、作戦の自由度が狭まっている。
 上位の特性の一部が、戦闘でしか入手できなくなっている。パターンの確立した戦闘を何度も繰り返す必要があり、苦痛。
 強スイングや雑魚消しアイテムが存在しない。倒す意味の全くない雑魚が狭い通路の上にいると、無駄な戦闘が避けられない。

【依頼】
 前作の酒場のようなシステムが無くなったので、依頼を受けるのも報告するのも面倒になっている。その分シナリオ性が出るようになったが、差し引きすると評価はマイナス。周回プレイではメリット皆無。

【一年間の時間制限】
 マイルストーン的なものが無いので、今のペースが速いのか遅いのか確認する術がない。そのため、知恵を絞って有限の時間をうまくやりくりするという面白みが生まれない。仮にペースを知る手段があっても、一年という制限は実のところ異常に余裕がある設定なので、どちらにしろ緊張感は生まれない。一言で言うと、時間に関するシステムとバランス調整がでたらめ。

【その他】
コスチューム:プレイ一周目でコスチュームの恩恵をフルに受けようとすると、とんでもない回数の着替えを強要される。二周目以降のコスチュームの仕組みを、最初から使えるようにするべきだった。
認定試験:試験受けてる感は良く出ていて楽しい。ただし合格難易度が異常に低い。
見聞院:バグでコンプリートできない。喧嘩売ってるのか。
DLC:DLCのキャラが、本編に一切登場しない。何故?何がしたい?
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告