Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 2,000円クーポンプレゼント 9000 ポイントアップチャンス 今すぐエントリー nav_flyout_biss DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire7タブレット Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
1,299
ペルソナ5 - PS4
機種・種類: 1) ソフトのみ|エディション: 1) 特典なし|変更
価格:¥8,850+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2018年3月18日
全てがカッコいい!アトラスありがとう
名曲揃いだし、主人公カッコ良すぎてシビれます
ペルソナ5 の為にプレステ4買ったけど良かったです!
怪盗団に時間盗まれすぎだけど幸せ
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
私事ですが今年41歳になります。
ファミコンが発売されたのが小学2年生。
マリオやドラクエで遊び、その後PCエンジンの華やかなゲーム画面やメガドライブの地味なゲーム画面(笑セガ派ですからね!)、スーパーファミコンの回転、拡大機能やプレステ、セガサターンのポリゴン全盛時代とゲームハードの成長と共に自分も成長してきた。
そんな世代のおやじであります。

しかしながら、あれほど熱狂していたゲームも大人になるにつれてだんだんやらなくなりました。
社会人になり単純に遊ぶ時間がとれないこと、家族との時間を優先するようになったこと、その原因はいろいろありますが、一番大きな原因が『ゲームをおもしろいと思わなくなった』という自分の気持ちが大きいかと思います。

これは歳のせいなのかなぁとちょっと寂しい気持ちになっていましたが、よく考えるとそれだけでない気がします。

最近僕が買ったゲームといえば、メタルギア5とアイドルマスターPSの2本で、
メタルギアは未完成品かと疑うばかりの商品をメーカーの都合で押し付けられ、
アイドルマスターPSに至ってはバンナムお得意のDLC商法と課金ガチャ。
これらゲームの共通点はユーザーのことは放っておいて、「金」「金」の拝金主義が前面に来て、肝心のゲーム自体のおもしろさは二の次なことでしょうか。

口ではユーザーファーストというくせに、その実はゲーム会社と制作者ファーストだったような気がします。
多大な広告費をかけた過大広告と、ニコニコやツイッターによる制作ディレクターの吹聴で、バカなユーザーをだまして金を巻き上げようという心持ちが見えて、やり場のない怒りを抱えていました。

そんなだまし討ちのような誠意のない商売をしていたら、ゲーム業界だけでなくどんな業界でも愛想がつきますよね。
本当、最近そういうことばかりが続き、ますますゲームをおもしろく感じなくなってしまっていました。

そんなゲームに愛想が尽きかけてた中、たまたまレビュー高評価だったペルソナ5を手にとってみました。
アトラスさんのゲームはスーパーファミコンの『真・女神転生』以来であの鬼畜な難易度がトラウマになったこともありそれ以来はご無沙汰でした(笑)

遊んでみての率直な感想は「よくここまで丁寧に作り込んだなぁ」と思うほど、製作者の方の強い意思と、
ゲームをつくるということへのプライド、そしてユーザーを真に満足させたいといった気概と誠意がこのゲームのプレイを通じて感じました。
おかげさまで、すっかり頭の中はペルソナ一色、ゲームがやりたくて早く家に帰るなんて小学生以来でしょうか。
「あ、まだゲームを楽しいと思える感性が残ってたんだな」と気づかせてくれただけでも、ペルソナ5をやった価値がありました。

聞けばペルソナ5は発売するまでは延期の連続だったようで、
きっと社内での意思疎通や難しい問題がたくさんあったのだろうとお察します。
しかし、あくまでユーザーファーストを貫き、責任をもって制作されたアトラスさんには
久しぶりにゲーム業界の「良心」を見たような気がします。

きっと自分はこれからもアトラスさんが作ったゲームならば、例え新規ナンバリングタイトルでも
「アトラスが作ったんだから大丈夫だろう」と思って新品で買うでしょう。
そこには「誠意」を持ってゲームをつくってるアトラスさんとユーザーである僕との間に「信頼」があるからです。

家庭用ゲームが普及して35年になろうとした今、ペルソナ5は今いちどゲーム会社とユーザーの関係を考えさせてくれました。
ありがとうございます。

よし!ペルソナ6が出るまでゲーム業界に悲観することなく気長に待つかな!
頑張れアトラス!!
11コメント11件| 1,864人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年9月27日
1周クリアしました。プレイ時間は105時間程度。
過去作はP3、P4G、女神転生シリーズなども少々プレイ済み。
明らかなネタバレは書いていないつもりですが、クリアレビューなので気になる方は敬遠してください。

・キャラクター
今作の味方キャラも前作に劣らずいいキャラしてると思いますし、戦闘面での役割は異なるので使い分けできてGOODです。
どうしてもモルガナと真がPTに入るのは性能上致し方なし。
声優さんも有名な方が多く、演技も当然完璧。文句を言うとすれば、アルセーヌ(主人公初期ペルソナ)にもっと喋ってほしかった。
モルガナは可愛いし、女性キャラはどれも魅力的でだれを恋人にするか心底悩みます。
各コミュキャラクターも十分魅力的。そうじろう好き。

・音楽
完璧。毎度のことながら、耳に残る曲が多い。
通常戦闘曲と、予告状を出すときのBGMが特にお気に入りです。

・シナリオ
ストーリーだけでここまで時間を要したゲームってそうないと思います、それだけで単純に作りこみの凄みが分かります。
ただ、それは部分部分でくどいだとか、引っ張りすぎているということの表れでもあってスマホでの仲間とのチャットであったりだとか、ダンジョンの仕掛けなどだらだらと不必要ではないかと思う箇所がありました。

ストーリー内容については、序盤から中盤の怪盗活動をしている辺りこそ引き込まれますが、終盤の12月ごろの急ぎ足感が否めないのがとても気になりました、これが☆1つマイナスの大きな要因です。ほぼ唐突にラストダンジョンに強制的に行かされ、現実での活動ができなくなります。
そこからは急展開で、話が大きくなりすぎて付いていくのが大変でした。よって、他の方が言っておられるのも見かけますが、エンディングまで見ても不完全燃焼感がすごいです。わからなくはないんだけど、う~ん・・・といったような感じです。
結末は良く言えば王道、悪く言えばチープ。少しがっかり。ラスボス判明までの盛り上がりはよかった。
ストーリーの空気は、ダークヒーロー的な立場である以上仕方ないかもしれませんが、全体を通して暗い展開が多いです。(それが不満というわけではありません)

・新アクション、戦闘面
カバーアクション関係で、潜伏・カバー移動・エネミーへの先制がすべて〇ボタンであることで、タイミングが悪いと、取ろうとしていた行動を取らず、最悪敵に見つかり問答無用で殴られることが結構ありました。この辺は異なるボタン配置できなかったのかなと。
また、せっかく潜伏してもエネミーシンボルが自分の横を素通りせず、結局戦闘を行わなければいけないのが少し不満です。
見つかったあとに、相手の目をくらませるアイテムがあってもいいように思いました。マップ移動や段差などをなしに足のみで逃げ切るのはほぼ不可能。
戦闘面はほぼいつも通り。悪魔召喚システム、悪魔(シャドウ)との交渉、基本は弱点を突くetc・・・
バトンタッチや、銃のシステムが一新されたのはとてもよかったです。仲間と戦っている感、実際に銃を撃っているかのようなアクション性を感じました。
状態異常や属性がさらに増えていて、初めてやる人は困惑するかもしれません。

・日数関係
今作は過去作よりも行動できる日数がかなりシビアな感じがあります、これも少し残念。
ダンジョン攻略~ボス討伐だけでも最短3日程度は取られます。あとはイベントが多く、強制的に寝床に付かなければならないことも多いです。加えて12月半ばで自由行動が終わるので全コミュ達成がかなり難しいです。
人間パラメータで途中詰まされるコミュも多く、自分磨きのほうに時間を割くことが必然的に多くなり、1周目はほとんど満足にコミュ周りは楽しめないと思います。
自分はストーリーでMAXになるキャラを除き、1周目では2人しかコミュMAXにできませんでした。(なのでエンディングのあたりがとても寂しいことに・・・;;)
1周目にすべてをこなすのが不可能なのはいつも通りなんですが、1周目に某コミュMAXで「ダンジョンに行った日でも夜行動できるようになる」アイテムを手に入れないと2周目であっても厳しいように思います。
もう少し活動日数を多くしてほしかった。そう思うのは自分の甘えでしょうか・・・

・オンライン要素
オンラインにしてゲームをすると、他プレイヤーがこの日は何をして過ごしたかの平均値を算出してくれます。
これが自分にとっては地味にGOODな点。
ネットの攻略サイトを見れば一発な情報ではあるんですが、自分がまだ知らない場所でバイトしてたり、知らない人とコミュ活動してたりで、新しい探索を促してくれます。

不満点をいろいろあげましたが、もちろんゲームとしてはあらゆる面で完璧に近く、全体を通してスタイリッシュだし2周目以降もやりたいと思います。
ペルソナ・メガテンファンなら迷わず買ってよし。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年12月11日
タロット用語や臨床心理学用語を用い、心をテーマとしたRPGシリーズ5作目。
シリーズ初期から作風が変わってきているので、思い入れが強いと違和感があるかもしれない。

[気に入った点]
◎丁寧に作りこまれた日常パート
戦力を強化したり、金策を有利にするための日常パート。具体的には、同級生と信頼関係を育んだり、勉強したり、バイトしたり。
「雰囲気ゲー」というと悪口のようになってしまうが、ペルソナシリーズはゲーム内の雰囲気作りに強いこだわりが感じられる。今作も相変わらずセンスが光っていた(キャラデザ、街並みや部屋の内装、会話のテキスト、音楽etc..…)。
実際の東京の再現度も高かった。
ともすると作業になってしまいそうな日常パートだが、ゲーム内の箱庭世界が丁寧に作りこまれていたためか、気持ちよくプレイ出来た。操作性もシリーズ最高だろう。

◎シナリオ
高校生が手に入れた不思議な力によって世直しを進めていく、というストーリー。
賛否分かれるだろうな、という部分はあった(主人公たちの独りよがりな正義感、悪人と善人が線引きされている単純さ、など)。
ただ私は好みであった。プレイヤーに考えさせるシナリオになっていると思う(法治国家の限界とか、他人を改心させることの是非とか)。意表をつく展開もあり、失速がなかった。

◎過去作関連のネタ
小ネタも豊富。過去作を遊んだプレーヤーは感じるものがあると思う。

[気になった点]
〇日常パート
ジュブナイルRPGと銘打っている通り、「普通の高校生を疑似体験出来る」というのがペルソナシリーズの肝だと思う。
前作はここが非常に面白かった。前作をたとえるなら、小学生を疑似体験してシミジミ出来るゲームである「ぼくのなつやすみ」。あれの高校生版のような感覚であった。
今作は何かが足りない気がした。学内で話しかけられるモブキャラが減ったせいか、キャラの魅力が減ったのか、はたまた部活に入れなくなったせいか…(単に好みと合わなかっただけか)。

〇声優
YouTubeで英語版ソフトでの戦闘シーンを見たが、仲間たちの「ペルソナッ!」の音声が非常にクールだった。なので欲を言えば音声(とテキスト)の日本語か英語かを設定から選べると、なお良かった(もちろん日本語版も力は入っていた)。

[イマイチな点]
△自由度
シリーズを通してだが、やはり育成、戦略の自由度の低さが気になった。
キャラの育成ルートの分岐や、性格が違う様々な武器の選択肢はほぼなく、成長は一本道である。パーティー編成も敵との相性によってほぼ決定されるので、誰がプレイしても概ね同じ攻略の仕方になりそう。そういったゲーム性は低い。
シナリオも一本道で本を読み進めるような感じである。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年12月1日
ペルソナ3からやっていますが、今作も素晴らしい出来です。
キャラクター毎にドラマあり、戦闘も音楽もなかなか飽きさせない印象です。
一気にレベルアップ~みたいなものはありませんが、周回するにしてもしないにしても、良く作られているなーと感心しました。
一度2週目入って辞めましたが、しばらく置いて忘れたころに出来ればあと6週はしたいところです(笑)
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年10月1日
先程ようやくクリア。難易度ノーマル、プレイ総時間は90時間ちょいでした。
購入してからというもの、仕事から帰宅しては寝る時間を削って外が明るくなるまでプレイするという生活を余儀なくされました。恐るべしペルソナ5。ちなみに今作が初ペルソナシリーズです。

良かった点
●BGMがお洒落
後からサントラ付きの豪華版を買えばよかったと後悔。
●戦闘がスタイリッシュ
攻撃の度にペルソナを召喚する姿に興奮。
●敵の強さが絶妙
弱点を見極めて戦略的に攻撃しないと道中現れるモブ敵にも普通に負けます。そこが良い。
●作中で扱われる悪に現実味がある
実際に現代日本で見受けられる問題ばかりで考えさせられました。
●キャラクターの心理描写が丁寧
ここが疎かだとストーリーにイマイチ入り込めなかったりするのですが、どのキャラも心の動きが自然で違和感がない。登校中や電車の中で漏れ聞こえてくるモブキャラの会話もリアリティがあって好きでした。
●女性キャラと恋人関係になってイチャコラできる
この要素はゲーム終盤で初めて知ったのですが嬉しい誤算でした(笑)条件を満たせば何股もかけられるのですが良心が邪魔をして一人しか選べませんでした。二週目でハーレム築きます。

気になった点
●一日に取れる行動が少ない
効率を考えずプレイしていると終盤になってコープ上げや人間パラメータ上げにてんやわんやする羽目になります。
●マップの移動可能範囲が狭い
直前までウィッチャー3をプレイしていた影響もあるかもしれませんが正直驚きました。ただ、これ以上マップを広くした所で一日に取れる行動の数は限られているのであまり恩恵は無いかもしれません。

と思いつくものを一通り上げてみました。

正直当初は買う予定になかったタイトルだったのですが、FF15が延期になった事と、東京ゲームショウでのステージを拝見した事で購入に至りました。
結果、買って大正解。
8年ぶりの新作という事でリアルタイムでこのお祭りに参加できて楽しかったです。購入を迷ってる方は是非。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月9日
戦闘やりやすいしダンジョン謎解きも簡単なので良いです普通にプレイしても時間かかるのでこれぐらいの難易度が丁度良いです。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月8日
前作のペルソナ4が面白かった事や発売延期などもあり、かなりハードルが上がった状態でしたが
軽々と超えていきました。
ストーリ、システム、ボリューム、音楽、どこを切り取っても文句なく素晴らしい作品です。

その中でもペルソナシリーズの良いところはやはりオリジナル性だと思います。
どのRPGでもどこかで見た設定、見た構図だったりしますが、ペルソナに似たRPGは日本どころか世界中探してもありません。

1日1日をリアルに過ごすという他にはないゲームシステム、オープンワールドRPGが悪いわけではないですが、
むやみに流行に合わせるのではなく、こういう独自のオリジナル性を追及していく事が今後のJRPGにとって重要だと思います。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月9日
先程二度目のクリアをしました。本当に素晴らしい作品です。
魅力的なキャラ、かっこいい音楽、細部まで丁寧に作り込まれた芸術品のよう。
久しぶりにハマれるゲームでした。
素晴らしいゲームをありがとう。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年9月26日
先週末に1周目のクリアを果たせたので簡単にレビューを。
前作と比べてやや暗い雰囲気のP5ですが、逆に4の明るさがシリーズ中で特殊だったと思うくらいなので
今作くらいが私としてはむしろ好みでした。

難易度についてはHARDモードで最初から最後までプレイしましたが先手を取らないと
常に全滅のリスクが伴うバランスで息の詰まるようなバトルが好きな方はオススメしますが
2周目からHARDにしても引き継ぎ要素がある為、特に意味は無いので
本当の意味でのHARDモードを楽しみたい方は是非最初からをオススメしたいです。

シナリオなどについては皆さん書かれてるでしょうから私的にシリーズ中もっとも(個人的に)気に入った点を
言わせてもらいますと、コープで交流出来る女性キャラ達が魅力的である事です、ここも3以降のシリーズの
一つのポイントでもあると思いますので。

製作からの情熱を感じる作品ですし、出会えた事に感謝したい作品でもあります。
先が気になり寝る時間も削ってしまう、けれどもずっとこの世界に浸っていたい
そう思える作品に出会えたのはユーザーとしてはこの上無い喜びでした。

拙い文ですが、少しでも多くの人に体験してもらいたいと思いレビューさせていただきました。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック