Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire さあ、楽器をはじめよう ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 降雪対策グッズ特集 Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
15
5つ星のうち4.7
星5つ
11
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト500レビュアー2016年9月19日
FAG:バーゼラルドは、FAの「YSX-24:バーゼラルド」を「女子化」したモデル。
フル装備の他、脚組み換えで素体状態も可能でウサギに似せた尻尾付きとか、バニー表現のこだわりがある。
配色再現がプラモの域から一歩抜きん出た美しい仕上がり。巧みなキット。
高めのプラモではあるけど微塵も後悔しなかった。星5個と評価しておきます。

(以下、詳細です。項目ごとの星評価も付けておきます。

コトブキヤ・ショップで購入してる場合、「特別カラーの髪の毛パーツ」が特典。ピンク色っぽい。
発売日~特典がなくなり次第終了…というか、オンラインでは発売前の予約段階でSoldOut。
オンラインのは予約開始日~完売次第終了が実際。

組立では ──── ★★★☆☆3個
・マルチカラーキット、接着剤不要のスナップフィット組立。
 ゲート処理だけカッターで全切断面を整えて爪擦り処理して組み立ててます。
・組立説明書は、ブック式。カラーページもあるので塗装見本もしっかり見れる。
 塗装補完で使う色の配合見本、水転写デカールの貼り方、など明記あり。
 パッケージや説明書に描かれたバゼ子イラストのレベルが高すぎ。説明書の表紙だけで価値あり。
 切ってはいけない部分の表記が入ったのが解りやすさでプラス。
・組立時間は、本体が4時間くらい。武装などは6時間くらい。武装脚は2時間半くらい。
 ゲート処理しない場合、もっと短時間で組めます。
 作業工程が50以上。途中で挫けそうだった…2日に分けて組立。
 バゼ子本体の他、サブアームや武装脚も両方左右あるので実質2機ぶんくらいの作業量。

・ランナーは数が多く20枚超え。
 ランナー色は、髪イエロー、装甲ホワイト、装甲ブルー、肌、タイツ。
 武器ブルー、武器・装甲イエロー、フレームグレー2色、透明グリーン。
 タイツの色が特徴的でマボガニー+ブラック。ブラウン気配を微かに感じる色合い。
 透明グリーンのはクリアパーツで胸の上あたりにある部分の表現用。
 装甲ブルーと武器ブルーには違いがあり青系統は2色。フレームも微妙な違いの2色。
・POM素材の関節用ランナーについてFAG:迅雷では選択式でしたが、バゼ子はPOM素材のみ。
・どのランナーのパーツも細かいバリがあったりして精度が低い部分も。組む前にカッターでバリ落としは徹底。

・手首、表情、胸部、切り取り済みPCパーツ3個、兎テール、台座板など管理すべきパーツが多い。
 胸部パーツは一部、白が塗装済み。
 切り取り済みPCパーツの用途は、FA:フレームアーキテクトの腕をサブアームの横に付けるときに使用。
 旧フレームの場合に使う。リニューアルverの腕なら、そのままで使用可能と一例にあります。
 アタッチメントも専用パーツが2個あり(パーツはL2とL3)、サブアーム4本の構造にできる。
・肌パーツなどは表面がザラつき加工でツヤ消し感があります。
・PC(ポリキャップ)パーツは、肌色と濃いグレーの2色。

 組立で気になった箇所など。
・頭にある白いバニー耳のようなパーツは角度違いで2種類あり選択式。あとでの付け換えも楽。
・切らずに残すピン部分が結構多いので慎重に。
・武装脚のヒザ関節のピン軸で差込が固すぎ。折れるか動かないかくらい。修正して組みました。
・背部フレームの組立時の固さがネック。緩いよりはマシだけど組立時に指にダメージを受ける。
・サブアームの肩のあたりにある白くて細い部分のあるパーツ…破損する確率、高そう。
・サブアームのブレード取り付けは溝に深くハメ込む。外側に出っ張りが残らないくらいの結合のもよう。
・武装のアタッチメントは左右どちら用か解らなくなりやすい。
 取り付けようとしたときに、しっくりしてるほうに付くので取り付け作業時に判明する。

造形では ──── ★★★★★5個
 娘部分について。
・単純な構造してるのに…何、この、可愛い子♪、プラモでこれは信じられないレベルの高さ。
・兎テールでバニー化率アップ。テールバーニアとの付け換え仕様。
・サイズは、15cmくらい。(商品仕様にある180mmは頭のパーツを含む高さ。
・顔立ちが整ってて、そのまま組んだだけでフィギュアレベルの顔してたから嬉しすぎ。
・上半身の胸のあたりはパーツ数が多いため何かと隙間の目立つ結合が多い。
・股のあたりのパーツが縦長で気になる。たぶんVじゃなくてTな形状のほう。
 引出し構造で腰の辺りはパーツごと動くので、引出したときは縦長感はさらに強まる。
 股関節周辺のパーツで脚との連結で隙間があるのは構造的に妥協点。

 装備について。
・背部フレーム、サブアーム左右、サブアーム用武器2種類。
 スラストアーマー左右とそこに装着してるセグメントライフルが左右2個ずつで計4個。
 素体脚から武装脚に換装できる。
・バゼ子に装備を付けたフル装備ゴテ盛りバゼ子…超カッコ良くてニヤニヤが止まらんです。
 実機で見るべき逸品。

・3mm穴は、素体状態では腰裏に1つ。
 他は、サブアーム先端や肩の横、背部フレームの腰横に4箇所と背後に2箇所、脹脛:左右内外で4箇所。
 アレンジするなら背部フレームを活かす方法でオリジナリティを出していく。
・背部フレームのサブアームとの連結箇所が3mmピンなので他の腕を付けることもできる。

配色補完では ──── ★★★★★5個
・手を加えなくても配色が美しい。
・配色の再現率は、かなり細かく再現されてて塗装品の配色と大差ないのが驚き。
 表面にプラか塗装面かの質感の違いが出るのと、スミ入れでの立体感の差くらいしか目立つ違いはなし。
 違いを探そうとしても、「間違い探しをしたのに答えがどこか解らなかった」くらい高再現。

可動では ──── ★★★★☆4個
・よく動く。ちょっと動きが固いのが困るかわりに保持力はバッチリ。繊細な尖りパーツは多いので可動時注意。
・髪は、背後側で持ち上げ動作の可動。持ち上げたあとなら左右への回転可動は多少あり。
・首が前後に可動して、頭とはボールジョイント接続で可動。
・腕は肩口がボールジョイントとスイング可動。上腕で回転可動して、ヒジは1軸。
・手首は、可動ジョイントなので表現力があります。
・胸の下にボールジョイント可動。
・股関節の引き出しは腰部分ごと下にスライドさせて3mm程度下げることができる。
 真下にスライドするのではなく、湾曲したラインの動きで下がるのがポイント。
・脚の真横への開きに干渉がありすぎてV字に開くのがやっと。太もも上げは水平までくる。
・太ももの中間あたりで差込による回転可動。武装脚との交換位置でもある。
・ヒザは2軸で折り畳めるくらい可動。脹脛の干渉は素体状態の場合は少ない。フル装備ではそれなり。
・足首は素体足は必要最低限の3箇所可動。回転や角度付けは可能なので表現力に問題なし。
 武装足はボールジョイント可動。

・背部フレームは、それ自体が腕のように、曲げ、広がり、角度調節など様々な動きをする。
 少し色が濃いNランナーパーツで作られてるスイング可動部分は注意点。
 干渉しててもスイングし切るんでパーツの山が潰れて動く。
・腰の横にくるパーツは、ボールジョイント。その他、回転軸もあるので意外と動く。
・サブアームは、ヒジ1軸、上腕に回転可動、肩口ポリキャップでスイングと回転可動。実質、腕と同じ動き。
 サブアーム用のブレードは開いたり挟んだりの動作が可能。
・スラストアーマーは取り付け位置がピンなので回転して調節が可能。
 アタッチメント箇所で上下への開きスイングもする。

付属品では ──── ★★★★★5個
・簡易スタンド有り。差込かたが組立状態により違う。
 素体状態:テールバーニアの中に穴がある。フル装備状態:支柱先端に専用パーツを付け背部フレームに接続。
 飾りつけの自由度を上げるなら別売りの台座を用意する必要あり。
 素体状態で兎テールが付いてると、接続穴がないので自立させなければならない。

・塗装済み表情は4種類。(付属してるのは5種類で、その内1個が印刷なし。
 通常顔:正面目線、通常顔:右目線、叫び顔:正面目線、叫び顔:左目線、のっぺら。
 頬紅は入ってる。この印象は個人差ですが、結構濃いので年齢が低いほうに修正される印象を受ける。
 叫び顔は口に塗装あり。通常顔の口は横線で塗装なし。
・交換用手首パーツは、6種類に増えた。握り持ち手の種類増加。色が白というのが意外と盲点。
 グー、パー、平手に、持ち手用として握り2種と人差し指伸ばし。各左右セット。
 増えた握り持ち手がセグメントライフル用。(スラストアーマーから取り外して手に持たせる銃。
・脚に差し換えパーツがあり、素体状態と武装状態の組み分けが可能。
 素体状態用にウサギの尻尾のようなパーツも付属。

・デカールは水転写なので、水に浸して扱うため上級者向け。
 目のデカールがメインで特別な感じのデカールはなし。目の色に緑と赤い感じの2色あるのがポイント。

エトセトラetc. ────
・髪と肌をテカリ防止のために磨きで艶消しにしてみました。ちょっとだけ、こだわりたい。
 磨きに使ったのはメラミンスポンジ。(塗装面は磨いてはダメ。水に濡らして磨かないと粉塵がキツい。
 肌の部分は少ないので、髪が整うくらいしか効果なし。

・2017年2月予定ですが『フィギュアJAPAN 「フレームアームズ・ガール」編』にてカラバリもあり。
 髪:紺、基調色:赤、特製デカール、印刷なし表情5個付属、肌色手足付属などなど通常版とは異なります。
 コトブキヤ・ショップ先行予約品では「貼って剥がせるステッカー」がさらに付く…が、SoldOut。
 『フィギュアJAPAN 「フレームアームズ・ガール」編』は書籍。
 「付録」で『フレームアームズ・ガール パーゼラルド LIMITED COLOR HJ EDITION(仮)』が付属。

画像は ────
・造形改造なし、塗装なし、の製品基本仕様のままで撮影してます。
・1~2枚目:垂直兎耳で素体組みと兎テール、3~4枚目:傾斜兎耳で武装組みとテールバーニア。
・武装はパーツ単位の画像も入れておきます。サブアーム先端のパーツ構造は組立説明書から抜粋。
(画像の台座はfigmaの台座を使ってます。
review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント| 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月17日
シリーズ最新作と言うことで、箱を空けると予想に反せず部品点数が多い。パーツも細かく小さいものも多く、完成品と間違って購入した場合は悪戦苦闘必至です。自分は最近は素組みしかしませんが、素組みでも充分設定通りに完成します。色分けならびにパーツ合わせもいいですね。色を塗ればなお完成度が上がること間違いない。背部のパーツが大きいので置く場所に困りそうです。本体はいろいろと汎用性がありそうなので、改造する人は良い素体になりますね
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月14日
スティレットを買い、そしてこれを買いました。

まず組みやすさからスティレットより進化を遂げています。パーツ数は相変わらず多いですが、その分素組みでもかなりの情報量。

足は太腿から変えられ、素足とアーマー付きとで変更出来ます。また、太腿が回せるのでペタン座りも可能。

顔の造形もよりデザイナーのそれに近くて好印象。ただ忠実に過ぎるせいか、若干前髪で表情が隠れ気味。少し削ると丁度よくなるかも。

新作が出る程どんどん良くなっていくFAGシリーズの、ひとつの完成形だと思います。ポロリもかなり少なくなり、初めての人もこちらを買うのが良いかと。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月5日
言いすぎじゃありませんよ
と言うか出るたびにシリーズ最高傑作を出す辺り、進化させることに余念がありませんね…
まずバニーガールを模した機体本体は、マテリア並みの可動性を持ちながら、腰や脚ポロなどの弱点を解決した最強の素体です。
そのデザインも曲線美は見事と言う他無いです、特にお尻の}{度は群を抜いて高いです。

そして脚は取替え式、腰のしっぽを取り替えることで背面の副腕武装を取り付けます。

そしてできあがったこのシルエット!「ん?あぁ…これ神姫のレーネアイネスじゃあないか?」と思いますよね?
本家FAバーゼラルドだけでなく、こっちのデザインにも、アルト姉妹の武装デザインも手がけた、柳瀬敬之パパンがかかわっている(柳瀬敬之、海老川兼武、島田フミカネトリプルパパンの早秋の自由帳と言う同人誌が初出)為、割と本当にアルト姉妹を半セルフパロディしている可能性が高いです。

しかし、マテリア、アーキテクト、そしてそれらの長所を組み合わせた迅雷で連続で最高傑作と言っていたような気がしますが、
こうなるとこの完成度ですら次のFAGに最高傑作を取られてしまいますね
やっぱりコトブキヤは技術の変態ですね
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月7日
コトブキヤのプラモデル初の挑戦になりましたので、フレームアームズ・ガールも必然的に初になります。

まず、筆者はガンプラ製作歴が最近まであり腕には自信がありました。
しかし、別会社ということもあり表面上は似ている構造であっても「パーツの締まり具合」は別仕様だったと思います。
基本的にきつめのパーツ合わせになります。故に、可動させるにも硬い印象です。可動範囲に影響する部位に滑りを良くする対策もあるようです。
またパーツの向きを間違えて分解する場面で、ガッチリはめてしまった時は緊迫した分解作業を行うことになります。説明書は見る方ですが、ちょっと早とちりする時もあって太股の向きを間違えて分解しました。その代償が白化ですが…もし、これから購入を考える方は「説明書は注意深く、慣れていても1つ先の図で形や向きを確認しておく」という点を留意して製作することを進言しておきます。

しかし、完成させることが出来たなら感動が待っているのは間違いないと思います。今までガンプラの域で楽しんでいた私ですが、模型の新たな可能性をこのフレームアームズ・ガール バーゼラルドで感じとりました。
とてもオススメですが、組み立て時は細心の注意を払って、ガチャガチャ動かしてディスプレイを楽しむには関節の硬さ対策を忘れずに。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月27日
今となってはFAG4体目となる私ですが、バーゼラルドが初FAGでした。
コトブキヤキットは過去に数体組みましたが、時代の進化を感じさせる良作で、フィギュアタイプのキットとしてはバンダイのフィギュアライズやすーぱーふみななどより完成度の高い製品に仕上がっています。

対象年齢が15歳以上という事もあり、髪などシャープに造形されており、組み立てるだけでまるでパッケージから飛び出してきたかのような完成品が手に入るのは同シリーズの魅力の一つですね。

しかし問題点も幾つか…
キットがABSと通常プラの2つの材質から構成されており、関節に関してはこれでもか!と言わんばかりにABSが多用されています。
ABSは塗料などに含まれる溶剤浸透に弱く、特にスナップフィットのピン周りなどテンションの掛かってる部分は注意して塗装しないとプラが割れます。
私も塗装派なのでかなり注意して塗装したつもりでしたが何箇所か割っちゃいました。
普段ガンプラなど組んでる方なら分かると思いますが、昨今塗装が難しいところから可変キット以外はABSも見掛ける機会も減り扱いも久しかったというのも一因かな?

もう一つこれはコトブキヤキット共通の問題点でスナップフィットが固い事。
何でしょう?ピンが長いのかな?
仮組みの際大抵合わせ目が浮く場所がありますね。
これはピンの先端を少しカットする事で解消されるのでこれから組まれる方は覚えておくと便利です。

ランナー構成とかも面白いですね。
スライド金型がこんなに多用されているキットというのも珍しく、髪パーツなど立体的に抜いてある箇所とか軽く感動します。
キットのインスト通りに組むと素体になるバゼ子が先に関節するのですが、そこまでは大した作業量でもないのでそこで満足しがち。
でも実はそこからが本番というか、このキットのメインは背負い物にあります。
そうこのキットは色分けはほぼ完璧ですが、その分ランナーの枚数がかなり多め。
特に背負い物は複雑なデザインで細かいパーツをチマチマと成形→組込の繰り返し。
全長15㎝程度のキットですが、1/100MGを一体完成させる位の作業量になりますかね。

ABSの接着にはよくABS専用の物が使われますが、私のオススメは流し込みタイプのタミヤセメント。
これ知ってる方も居ると思いますが、流し込みタイプの接着剤はABSも接着可能で、樹脂成分の含まれている接着剤よりも乾燥時間が早く通常プラとの使い分けも不要な事もあり重宝します。
しかし流し込みタイプはその名の通り合わせ目の隙間に流し込んで接着するので、余計な箇所にも接着剤が流れていく恐れがあります。
不慣れな方や初めて使う方はランナータグ等で試してから使う事を勧めます。

色々書きましたが私個人としては凄く満足しております。
普段はガンプラ専門モデラーですが良い息抜きになり、また他の魅力に触れる機会になりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月22日
フレームアームズガール:スティレットからの進化点
・手首がボールジョイントから球体三軸関節(リボルバージョイント状)に進化
 関節強度が上がりました
 共通フレーム構造により、フレーム強度が弱い部分は新商品になっても弱いという欠点を抱えていた
 フレームアームズ本家と違い、フレームアームズガールは逐次進化させています
・武装解除が可能
 非武装状態の脚部、しっぽなどが付属しており非武装形態を再現可能です

また、本家バーゼラルドには一対しかついてなかったセグメントライフルが二対になっていたり
サブアームで武装が追加されバーゼラルド感を残しつつも重武装なシルエットを楽しむことが出来ます
オススメです
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月20日
フレームアームズガール(FAG)もシリーズを重ねてもう6弾(バリエーションはカウントせず)。
今作は技術の蓄積を感じられるキットとなりました。

まず利点を。
・パーツ分割や配色がほぼ完ぺきで塗装しなくてもイメージ通りの仕上がり。
・KPSとABSの使い分けが巧妙。
・一部の武装以外は完全新規、可動の見直しもなされている。
・パーツ構成が武装神姫に近いので、交換や追加がしやすい。単体の組み換えだけでも結構遊べる。
・今までのシリーズと違い素体状態にもなれるので、別売りのマテリアを購入しなくても非武装で飾ることが出来る。

次に気になる点をば。
・台座の強度が少し不安。気になる人は別売りのフライングベースの使用を推薦。
・色分けがほぼ完ぺきである代わりに細かいパーツがあるので人によっては組みにくいと感じる。

あと注意してほしいところは、
・ジョイント穴が浅いところがあるのでカスタムパーツによっては軸が長くてはめ込み難い
ことでしょう。同社のパーツでも軸が長くてはみ出ることがあるのです。
カスタマイズする方は覚えておいたほうが良いと思います。

今までのFAGの技術蓄積で色分けがほぼ完ぺきになりましたし、パーツ構成も見直されていますので、
始めてFAGを購入したい人には適切なキットといえます。
それなりに細かいパーツや接着推薦のパーツもありますが、コツを掴めばサクサク作れると思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月28日
FAGシリーズの中でもトップクラスにクオリティの高い子です。しっかり色分けされているので素組みでも十分映えますし、新規造形により可動域も広がっています。そして、なんと言っても可愛い。元イラストの幼い雰囲気を上手い具合に立体化しています。アイプリントもほとんどズレが無く綺麗です。ですが、これはフィギュア全般におけるジレンマのようなものですが、前髪の造形で眉毛が見えないのが少し残念です。(私はデザインナイフと紙ヤスリで削って見えるように加工しました)体のラインも綺麗で特に腰回りは非常にエロい。
ここまで来ると最早プラモデルの域を超え、figmaやfiguartsといった美少女フィギュアのレベルに達していると言っても過言ではないでしょう。
ただ一つ、パーツの成型ミスやゴミの混入の報告が多く見られるのが残念です。実際、私の購入したものも幾つかのパーツにゴミが混入していたので、コトブキヤに問い合わせてパーツを交換して貰いました。初期ロット特有のものでしょうから、恐らく今後はこういった成型ミスやゴミの混入はほとんど無くなると思いますが、万が一購入したものが欠陥品だった場合は早めに問い合わせて交換して貰いましょう。(たとえ欠陥品であってもランナーから切り出して塗装したり接着をしてしまうと交換出来なくなる可能性がありますので、組み始める前に入念にチェックしておくことをオススメします)
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月20日
フレームアームズガール7体目の作製になります。
今回は迅雷やマテリアとは違う設計で腰ポロリが少なくなったかな。
デザインもかなり良く背部ユニットは部品数も多くカッコイイ。
ただ背部ユニットが重いのとバーゼラルドのヒールが高いのが原因か
付属のスタンドベースが微妙に長さ足りない様な気がするのと耐久が心配でしたので、
アクションベース2が使えないかと購入してみたら使えたので使ってます。
他のフレームアームズガールより値段が高いですが可愛いしオススメ!
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告