Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
37
5つ星のうち3.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年4月17日
2013年に購入したのがライセンス切れになりそうだったので、更新のために購入しました。
あの時は台数無制限でしたが、今回は5台になってたのでさすがにやりすぎだったのかなという感じでした。
自分は5台分必要だったのでちょうどよかったのですが、購入の際はご注意下さい。
自分はずっとカスペルスキーを使用してきたので他の商品との比較や過去との違いは分からないのですが、これまで安定度や重さやセキュリティの強さに問題を感じたことはないので安心して他の方にもお勧めできる商品だと思ってます。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月6日
2013ではスキャン後に自動でのシャットダウン、再起動等が選べましたが、2016ではその機能が廃止されており実に不便に感じました。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月26日
CPUはAMD FX-8320E(8コア)、CドライブはSSD、OSはWin10Proです。
以前はF-Secureインターネットセキュリティを愛用していた、カスペルスキー初心者です。
過去にこちらの体験版をインストールした際に動作が重たいと感じましたが、今回は軽く感じます。
F-Secureインターネットセキュリティと比べてきめ細やかに設定できて機能も豊富で良いですね。

ただ一点だけ、ゲームからDLCショップを立ち上げ、DLCをダウンロードするとnVidiaのディスプレイドライバを巻き込む形でブルー・スクリーンになり驚きました。
マイナーなアプリを使うときは注意してください。
他の方がすでに述べているかもしれませんが、以下の手順で解決しました。

1.カスペルスキーの「設定」(左下のアイコン)
2.アプリケーションコントロール
3.アプリケーションの管理
4.許可したいゲームを右クリックし、「詳細とルール」を選択
5.「信頼リスト」タブを選択し、全項目にチェックを入れ、保存する

起動するときに実際に使用される実行ファイルのみ指定すればOKです。
ゲームランチャーから起動するときはランチャーを指定すればOKです。
ちなみに一度は起動しないとアプリケーションの管理に表示されません。

せめてブルー・スクリーンに至らない方法でブロックしてくれると嬉しいのですが、この点だけが残念でなりません。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月22日
Android6環境は問題ありません
Windows7環境も大筋で問題ありませんが、使い勝手が悪いところも少し残ってます。
例えば
・htppsサイトのダイアログボックスのコピペがキーボードではできない(マウスではできる)
・Firefoxが何かの拍子で急に重くなる
・tumblrで表示されない画像がある
・AdSenseの広告の一部(DoubleClick経由など)がブロックされる
セキュリティ上の問題をブロックしてくれているのかもしれませんが、
過剰反応ではないでしょうか? 使っててストレスになることもあります。

今までと同じようにアップデートで改善されることを期待しています。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月20日
試用期間中に安定して動作していたため購入に至りました。
しかし、初回使用から2カ月ほど経ったところで、「スタート」を右クリックすると
砂時計が出たまま、動作しなくなりました。
原因等は不明ですが、"msconfig"->システム構成の「サービス」で、Kasperskyのサービス
(今は、完全消去したため正確なサービス名がわかりません)を切って再起動すると発生しなくなり、
入りにして再起動すると再発することから、本サービスが原因と考えました。
また、発生タイミングもばらばらであることから、本ソフトを特定するまでに時間を要しました。
他のwindows10機やandroidスマホでは起っていないので、こちらでは本ソフトを利用しています。
星2つの理由ですが、上記の止まってしまうことは個々の環境があるので、やむを得ないと考えますが、
・5台分が個別にアクティベートできるのではなく、すべての台数分が初回にアクティベートした日からカウントするため、
 たとえば4台分しか使っていなくても、残り1台分も残日数しか使えなくなること。
・試用期間中にアクティベートすると残りの試用期間終了日からではなく、その日が使用開始日となること。
 (ウイルスバスターは、試用期間終了日の翌日が使用開始日になるようです)
 しかも、それに対する注意を促すメッセージもなく、非常に損をした気分になりました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月8日
2013から2016年に変えたのですが動作が重くてダメです。
特にインターネット等が顕著に重いと感じます・・・。

PCのスペックは低くはないので完全にこのソフトが悪影響を及ぼしています。

IEなどのブラウザを使用していると時間経過とともにメモリの使用量が増加していき、インターネット時の動作低下を招いている模様。
カスペルスキーのプログラムの一部であるavp.exeがメモリを蝕んでいるためこれに追随する形でブラウザに影響しているのかもしれないです。

設定を色々変えて多少改善はしたものの、いまだに時間経過後のブラウザ動作は重い・・・

次回はノートンとか違うメーカーを買うかもしれないですね
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月2日
10月にバージョンアップがリリースされた時に2015から2016へメインを移行。
移行と完全スキャンは何の問題も無く終了。

まず最初に、adobeflash等の更新が行えないので少々焦りましたが、システム変更コントロールを無効にすることで対処できました。
OSの乱立時期なので、こういう機能も無いよりはある方が良いと思います。今の所 私は使用しませんが。

次にfirefoxでamazon等の検索時に2バイト文字が入力されない問題がありました。
あれこれ試したのですが、データー入力の保護設定→入力情報の漏洩防止機能だと判明したのですがなかなか設定が難しくカスタマーに問い合わせた結果

「2016製品では、「Firefox41.X」をご使用される場合、入力情報の漏洩防止機能が動作するテキストボックスでは日本語入力が制限いたします。
【参考:カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016 の入力情報漏洩防止の制限】
[・・・]

と回答を頂きました。
「入力情報漏洩防止」のカテゴリにいつも使う所は保護しない設定を行う方法もありますが、私は面倒ですが状況に合わせて「入力情報漏洩防止」の入り切りをしています。
パスワード使用時に有効にしていれば基本問題ないですが、カスペルスキー本社で早く対応してほしいと思います。

また、Webトラッキング防止のアドオンを有効にしたまま商品検索すると、(PNG 画像, 1x1 px)と表示される問題もありますが、現在は私の使用しているプラウザfirefoxの画面上では、有効無効を簡単に切り替えられるので取りあえずいいかなと。

セキュリティの性能は折り紙つきなので今後も使用していきますが、上記3点と他の方もおっしゃっているスキャン後のシャットダウンが無くなったが不便です。

ただ、どこぞのセキュリティソフト会社の様に「日本仕様」を日本法人で勝手に作らず、カスペルスキー本社に対応してもらいたい問題です。

現状はある程度の知識を持った方用かと思いますので、あまりセキュリティソフトの知識が無い方が使われるのであれば、2015が使用できる環境であれば2015を使われるのをお勧めします。

12月20日追記
 forefox43からアドオンが無効になります。
 webトラッキング防止等のアドオンを現状で使用するには、Firefoxのabout:configの設定でxpinstall.signatures.requiredを「false」に変更しないといけません。
 しかし、これはFirefoxの動作保障の対象外になるので、Firefoxでもkasperskyでもどちらでもいいので早々に対応してほしいです。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月23日
3年前までこの製品を使っていました。試用版で試しましたが、更に高機能になってる様子。
高機能だがリソース喰いなのでPCを選ぶ製品だと思う。性能は良い。CPUがi5やi7、メモリーも豊富でSSDを使っているPCなら満足できると思う。
ただ、古いPCや低スペックPCやだと他の作業の邪魔をするので試用版で確かめたほうが良い。
WindowsUpdateやセキュリティソフトの定期更新をきちんとやっていればこれほどの性能を必要とするケースは少ないと思う。
どのセキュリティソフトを導入しても駆除率100%ではないので自分はもっとリソースを喰わない他社製に変えたが特に障害は起きていない。
評価を低くしたのはセキュリティソフトやOSは黒子であるべき存在だと思うがこのソフトが動作を始めると処理速度が下がるのがわかるといった理由。
ハイスペックPCをお持ちの方にはおすすめ出来ると思う。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年9月6日
環境により、依存などがあるかもしれませんが、ブラウザのメモリの使用量が増え続ける症状(メモリリーク?)が発生しました。
最新のバージョン(16.0.1.445(e))でも発生しており、サポートとやり取りしたところ、どうやら「仕様」のようです。
製品に表示されている機能(標準設定)を使うと、ブラウザが徐々に重くなり、ブラウザがフリーズするのが「仕様」というのは、製品としてどうかと思いますが、以下の設定変更で解消されました。
※セキュリティが多少落ちますが、重いのを何とかしたい(またはWEBの動作がおかしくなった)人はこの変更で解消されるかもしれません。

設定 -> 詳細 -> ネットワーク 内の下記のチェックを外す(※変更後にブラウザを再起動)
「Webページと連携するためWebトラフィック内にスクリプトを埋め込む」

上記の設定が原因で、一部の検索サイトの検索欄にある記号を直接入力(テキストなどに入力したものをコピーして貼り付けるのは問題なし)すると、ブラウザが強制終了します。(※入力した途端に強制終了します)
この強制終了は認識していて修正予定だそうですが、このソフトに変更した結果、今まで問題なかったサイトの動作がおかしくなった場合、この設定により問題が起きている可能性があります。
※不具合を色々と抱えてそうな機能なので、人によっては上記設定をオフにして利用した方が安定するかもしれません。

パソコンの情報を送って指示されたことを実施した結果、最後に「仕様」という回答を送ってきたことに一番釈然としなかったりします。
会社としては都合悪いかもしれないが、そういうことが起こりえることを始めから案内してください。
1コメント1件| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月30日
シャットダウンできなくなりました!
インストールしてから、パソコンが異常に重くなり、しばらくするとシャットダウン、再起動が出来なくなってしまいました!
困り果てて、アンインストールしようにもできなくなり、ますます動作不安定
サポートに電話するも何やら改善せず、で
挙句の果てに、最新版はバグがあるので、一個前をダウンロードしてくれって、事でしたが
そこまで行きつくのに、約10日 延べ10時間あれこれあれこれ、
でも、普通に動いているときは、確かに軽いし、メニューも使い易いです
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

この商品を見た後にお客様が購入した商品

ベストセラー • 最低価格

高評価


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)