Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 父の日特集2018 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 ドキュメンタル シーズン5



2017年7月10日
マグネットで端子に吸い付かせるだけで様々な周辺機器との接続ができます。出先でサーフェスを使い、自室に戻って据え置き環境にすぐ復帰できるという手軽さが大変重宝します。
追加モニタやスピーカー、有線LANなどにより作業効率と快適性を大幅に向上させるでしょう。

有線LAN、ディスプレイ出力に問題はありませんが、usb機器の接続は不安定なものがあります
・hddは認識しないことがあります。抜き差し、ドックの電源入れ直し(ボタン付きコンセントタップが便利です)、本体の再起動などで環境をリフレッシュするとうまく行きます。
・手持ちのiodataの1tbポータブルhddは数分毎に接続が途絶えては繋がりという挙動を見せます。その度エクスプローラがポップアップして面倒であり、また大きなデータの移動には不安を覚えます。buffaloの500gbポータブルhddは前述の認識問題以外上手く使えています。
・私のドックでは、バスパワー機器はminiDisplayポートやLAN差込口のある側のusb口を使うと比較的安定します。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|1コメント1件|違反を報告
2018年5月4日
■TL;DR
・Surfaceシリーズ、特にSurface Book 2(以下SB2)をデスクトップマシンとして使いたい人に最適
・これ単体で4K 60Hzx2は無理(DPの仕様的に)。
 Surface Proシリーズを持っているみんなは本体側mDP端子との合わせ技必須だ。
・ACアダプタでかい。おもい。

■Summary
 昔からよくあるノートを拡張するためのドッキングステーションとかポートリプリケーター(懐かしい!)の一種
ガチャッとはめ込まないぶん、着脱がすごく楽。
外出先ではSurfaceを単独または外出先のDockで使い、家では自分のDockにつないでデスクトップ環境構築というスタイルに最適。

デスクトップとラップトップ、2つ以上所有していてそれをなんとか一本化したいと考えていて、
かつデスクトップがSurfaceで置き換えられると判断した人におすすめ。

■Contents
○使用感
・スペックが完全にデスクトップ並になった今のSB2 15"のために購入してみた。
→GTX970世代のデスクトップを完全に置き換えたといってよいほど。もうデスクトップはこのところ起動してない。
 →置き換え元の環境……
  ・WQXGA(2560x1600) + WQHD(1440p)x2の3枚
   →うち後者の1枚を除いて接続中。SB2と合わせて3枚の構成
   →ちなみにAppleのMini Displayport(以下mDP)からDL DVIに変換するアダプタ(¥10k)で動作OK
  ・Intuos Pro M
   →SB2そのものが液タブみたいなものなのでPurge
  ・サラウンドヘッドフォン
   →Win10の立体音響(Windows Sonic)で十分だったのでDiscontinued
  ・ストレージまわり
   →ほとんどアーカイブのようにごくたまにしかアクセスしないか、
    頻繁にアクセスしてももとからネットワークドライブ経由だったりしたので、思い切ってすべてSMB化
  ・Steam
   →外付けHDDにインストール。ロードが遅いが将来的にSSDにすれば解決するし、肝心の動作自体は問題なし

・本体もACアダプターもでかくて重い。
→間違ってもホテルに持っていったりしないように。そういう用途なら端子の豊富なLet's noteかVAIOを買おう。
→あるいは各種の変換アダプターを。
→ちなみになんとDockが重いのは「おもり」が入っているからである。そりゃ重い
 →そもそも想定用途として持ち運びは考えられていないのだ

○拡張できる端子の種類と数について
・mDPが2つついてさらにUSB3.0とかLANがあるのはうれしい。USB-Cのドックでもあんまりないのだ
→まだmDP端子が足りない!という諸君。
 世の中にはDisplayport Hubというやつがあってだな……7000円くらいするけど。
 →ちゃんと映るかどうかは不明ながら、参考までに。DP1.2aの帯域に収まる範囲ならいけるかと。
 →DP1.2以上ならデイジーチェーンという選択肢もあるのでお忘れなく

・HDMIはないが、mDPからHDMIに変換するアダプタがあればOK。今どき大抵の人は持ってそう

・あとDockのいいところはACアダプターは普通の丸極端子なので、たぶん自分で好きなのをつけられる=Watts数を変えられるはず。知らないけど。
 なのでSB2 15インチのMAXパワーでも、フル充電できるアダプター兼Dockにできるかも。知らないけど。

○Surface Connect端子について
・端子形状は同じなので、複数台のSurfaceファミリーを持っている場合でもとっかえっこできる。
→例えば職場や研究室などで共用スペースにDockを置き、大型のディスプレイや複合機・高価な専門器具類などの複数購入がしづらいものを接続することで、
 個人にもたせたSurfaceからワンタッチで簡単に共有利用する、ということも可能。

・USB-Cと比較して
→USB-Cって使ってみるとわかるけど意外と抜き差しがめんどい。
 Mag SafeやSurface Connectのようにパッとひっつく感覚がないのって、味わったことのある人間からすると物足りない。
→結局USB-Cのドッキングステーションも安くて1万~2万弱なので、いろいろ考えると公式のDockが一番いいような気がする
 →SB2のUSB-Cではフルパワーでの充電ができない、という理由もある

・Surface ConnectはTB3の2.5倍の帯域があるというが……
→現状もっとも高スペックなSB2のi7 8th GenはPCIe x4ひとつまでしかサポートしない(*)うえ、
 DockはDPベース(*)なので、コネクタだけやたらと時期尚早な気がしないでもない。

* CPUは Core i7-8650UのIntel ARK情報を、DockについてはTeardown記事をググって参照のこと。
 ちなみに2.5倍うんぬんというのはReddit情報なので噂程度で。

○その他
・Q「どういう人向け?」 A「ものぐさ族向けです」
→そもそもドッキングステーションはカテゴリー的に、ラップトップがメインマシンながらもデスクトップ的な使い方をしたい人むけ。
 今まではラップトップの性能が低かったため、それで済むけど周辺機器とかいろいろつなぎたい人のためだけにあるようなものだったが、
 SB2の出現でミドルハイエンドのデスクトップ並ラップトップという構図が現実になり、
 ハイスペックマシンが必要な勢力にもにわかに需要が発生したという状況。
 →過去: 「家ではデスクトップ、外出先ではラップトップ」
 →SB2: 「家でもデスクトップ、外出先でもデスクトップ」
 ※MBP 15"?あれは知らない子ですね……
→デスクトップとラップトップ両方持つというのが普通だが、やっぱりデータの同期がいちばん面倒
 →作業データからアプリケーションのワークスペース設定、Windowsのレジストリからデスクトップのアイコンの配置などなど……
 →環境・スペック・設定・作業データをわざわざ各デバイスで現地調達しているようなもの
→効率化のためにPCやmacを使っているのに、それらが原因で効率を下げているなんて本末転倒
 →究極は環境・スペック・設定・作業データを持ち運んで、必要な接続デバイスだけ現地調達が一番楽

・チップなど
→STMicroのDP1.2aスプリッタを使用しているとのこと
 →もう1個Dock買ってもいいよ!という人はDock側のケーブル引っこ抜いてみよう。DPオス端子が見れるらしいぞ!
→イーサはカニさん
→USBはGL3520なので安定的

■Conclusions
 スマフォ、タブレット、デスクトップ、ラップトップ、2in1、……エトセトラ。
増えすぎた端末間でデータ同期のめんどくささや物理的なばらけ具合に嫌気が差して、
実質オールマイティー機しか使っていないという悩めるものぐさ現代人におすすめ。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年6月6日
もともとVIDIA GeForce GTX 980Mを2台接続しているモンスターノートが4Kモニター3台出力できるので、これを使って、ノートの4K画面と外部の3台のものとで、4画面の株式トレード環境を作って、トレードをしておりました。このバックアップ用にと、Surface book (Win10 Core i5 256GB 8GB GPUモデル)SX3-00006を購入しました。
そして、現在使用中のASUS 32型4Kディスプレイ2台をこのドックのミニディスプレイポート経由で接続して1週間ほど株式をトレードしてみました。もともと2次元のチャート画面ですので、それほど負荷があるわけではないのですが、非常に綺麗にチャートが表示されています。
他の方の事例にあるような、画面がちらつくとか全く経験しませんでした。ですので表示については、大満足です。

しかし、よくわからないのは、アダプタがSurface book本体にあるミニディスプレイポートをふさぐ事です。
せっかくあるのですから、使用して、外部4Kモニタを3台接続したかったです。なので、星一つ減点です。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年3月14日
皆さんレビューに書いてあるとおり質感もよいです。基本的にデスクトップ化するためにあるので重量は問題外。
USBも計4つあるので十分です。
MINIジャックははじめ必要あるかなと思いましたが、スピーカーの置けない職場での使用でも、ワイヤレスではない予備のヘッドセットをアンプを使って使用することでリスニングに最適でした。本体側にジャックを使わなくても不用意に音が鳴る心配もありませんので便利です。
|0コメント|違反を報告
2016年6月28日
ポートが多く便利です。ちょっと重いですが使いやすいです。電源アダプターもちょっと大きいので場所をとります。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年4月5日
とても便利ですが、HDMI欲しいですね。モデルチェンジ近い?
|0コメント|違反を報告
2016年12月9日
純正品と明記されていましたが、届いたものは正規品ではありませんでした。箱に何も印刷はなく、製品の梱包も雑で粉がたくさん付着していました。説明書等の付属書類もついていません。
review imagereview image
51人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|1コメント1件|違反を報告
2016年2月8日
機能的にはきちんと動作しますし、前のドッキングスタイルの方がカッコイイ気もしましたが、実用的です。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年10月31日
注意点
 (1)「ドッグ」=「机上据え置き」のための設計がされています。
  すなわち、日本人的な感覚で持ち歩くためのものにはなっていません。
(2) マイクロソフトのオフィシャルサイトの写真にも表示されてない気がしますが、
  本体のほかに本体と全く同じサイズのAC/DC電源がついてきます。
  →もし、持ち歩くことを想定されているのであれば、本体×2個のサイズを想定する必要があります。

所感
 あちこちのレビューに書かれているので、想定していおり、びっくりはしませんがとにかく重たいです。
 Suface 本体についてくるAC/DC電源より重い。
機能面に特に不満はありません。
review image
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2016年1月23日
pro3をパソコンの代用品として使ってます。
そのうえで これがなくては話にならない。
、、、にしても、高っかぁ〜
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)