Androidアプリストア Amazonファミリー 新生活におすすめの本 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
26
5つ星のうち3.7
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年1月20日
QNAPに取り付けた東芝のハードディスクですが、またI/Oエラーが出ました。以前と同じです。[...]

先日購入したWDのハードディスクに交換してしまいます。RAIDのディスクの同期はQNAPが勝手にやってくれますので楽ちんです。問題はここから。

東芝のハードディスクをアマゾンに交換してもらおうと連絡しました。交換は購入から30日以内なのですね。1ヶ月ちょっと前に買ったので、どうしていいかをアマゾンに聞いてみたら、丁寧に調べてもらいましたが、結果は東芝に連絡してくれ、ということでした。しかも連絡先はわからないと言われてしまいました。部署はパーソナルストレージというところらしいと言っていましたが、ここは外付けのハードディスクだし、とりあえず聞いてみてくれ、とのことでした。アマゾン限定東芝製ハードディスクですがその仕打ちですか。

東芝のホームページから、パーソナルストレージのサイトを探して、お客様サポートに入ると、案の定外付けハードディスク / ポータブルハードディスク専用のサポートでした。SSD/HDDは違う部署のようです。ご丁寧にリンクがありましたので、そこからWebフォームで連絡してみます。今はここまで。これからどうなることやら。まあ、東芝から回答があればよいな。

たまたま外れの東芝ハードディスクを引きましたが、2つしか買っていないので、これで東芝のハードディスクが壊れやすいのかどうかわからない。

しかしながら、売っているアマゾンもサポート連絡先がわからないとは残念。アマゾンの保証も短いのもこれまた残念。ハードディスクは壊れる前提なら、最初からメーカー保証があるほうがいいかもな。

追記(2016年1月26日)

東芝のハードディスクの故障で、アマゾンから東芝に言ってくれと言われて言ったら、見事に断られました。まあ、半分仕方ないと思っていますけど。

回答を簡単にまとめると、「東芝の内蔵HDDは単体ではなくてOEMで出荷しているし、OEMメーカー向けに合わせた仕様だから正しく動作しないことがあるよ。アマゾンから返却したらサポートしてやる。何で単体でハードディスクを売っているか知らんしな。あとはアマゾンに聞いてくれや。この方針はアマゾンに言ってもいいぜ。」(まとめすぎ?)となりました。そのままアマゾンにサポートに転送して、こんなこと東芝から言われたけど、どうしたらいいの? と聞いています。今ここ。

私はアマゾンから東芝のハードディスクをOEMではなくて単体で買っただけのですけどね。アマゾンはそんなこと黙って仕入れて売っていたのね。

返品できるか交換してくれればラッキー、くらいに思っていますから、まあ良いのですけど。東芝のハードディスクは個人で買ってはダメということで勉強になりました。

当たり外れのあるハードディスクを買うのは大変だということですね。今度はキチンとメーカーサポートしてくれるか販売店サポートしてくれるハードディスクを買うことにします。
1コメント1件| 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月11日
7200rpmですのでいい速度が出ています
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.4 Shizuku Edition x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
Crystal Dew World : [・・・]
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 197.863 MB/s
Sequential Write : 196.639 MB/s
Random Read 512KB : 58.102 MB/s
Random Write 512KB : 86.717 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.726 MB/s [ 177.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.979 MB/s [ 239.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.908 MB/s [ 465.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.060 MB/s [ 258.7 IOPS]

Test : 1000 MB [P: 0.0% (0.2/2794.4 GB)] (x5)
Date : 2015/11/11 17:14:34
OS : Windows 7 Home Premium SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2015年10月26日
TOSHIBAの高速で静音なHDDです。

WD傘下になったHGSTの流れをくむ7200rpmのHDDです。

実容量は約2794GB。

CrystalDiskMark 3.0.4 x64
(C) 2007-2015 hiyohiyo

Sequential Read : 194.752 MB/s
Sequential Write : 194.384 MB/s
Random Read 512KB : 49.322 MB/s
Random Write 512KB : 85.312 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.756 MB/s [ 184.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.798 MB/s [ 194.8 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 3.644 MB/s [ 889.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.867 MB/s [ 211.6 IOPS]

HDDにしては7200rpmのおかげか高速です。
熱をもつ傾向はありますが、静音で使い易いHDDかと思います。
コストパフォーマンスもいいので、PCで稼働させるのにもってこいかと思います。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月3日
2016年2月下旬の購入で本体ラベルには DEC-2015 とあるので2015年12月製造と思ってよいのでしょうか。
速くて比較的静かだと思いますが発熱はそこそこするのでケースに入れるなら冷却ファン必須かもしれません。冬の暖房無し10℃室温でもファン無しケースに入れてしまうと簡単に50℃突破するでしょう。あまり高温になるとHDDは誤動作したり製品寿命が極端に短くなるようです。
またCFD販売株式会社さんは、製品購入日より1年間正常な使用状態で故障した場合、無償にて本製品もしくは同等品との交換をしてくれるそうです。そういった旨の製品保証書が同梱されていました。
ファン付きケースに入れて11ヶ月ほぼ毎日使用特に問題ありません。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月25日
ほかの書き込みで、3TB全部を読み込めないとあったので心配でしたがとりこしでした。
当初のままで接続したときは、2TBしか領域がなかったのですがパーテーションの設定で初期化をし直したら3TBの領域が確保されました。
今、快適に読み書きできてます。これから何年使用できるのかが課題です、別メーカーの2TBは3年位でダウンしてしまい大切なデーターが
全て取り出せなくなりました。現在は、メインHDD1TBを使用し、今回のHDD3TBはミラーコピーでbak保存として使用しています。
今後は、SSDの採用を検討していますが、まだ値段が高いので待ち状態です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2016年2月5日
昨日注文し、本日届きました。
今までデータ保存用にWD/Green/3TBを使用していました。今回、容量不足のため、この製品を購入しました。
現在、大量にデータ移動させているところです。

①梱包については、非常に丁寧なHDDを意識した中吊りの梱包になっており、安心できました。
②今までのWDが5,400回転で、今回購入した製品が7,200回転ですが、データ大量移動させても音は全く気になりません。
③温度は、WDが32℃、この製品が36℃になっており、やや高い程度です。

購入時レビューなので耐久性、故障率などはわかりませんが、非常に満足のいく状況でのスタートです。
なお、実容量は、3TBで、2,794GBでした。(これはWB3TBも同じ容量でした。)

1年保証が付いており、安心して購入できる商品だと思います。
値段的に一番安いと思われるWD/3TBが9,980円(評判の悪いintellipark動作)ですから、7,200回転であることを考慮すればコスパは最高レベルだと思います。
以上
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月25日
同じような性能であるSeagate(ST2000DM001:既に所持している)と迷いましたが、今回は違うメーカをチョイス。
SeagateのHDDがスピンアップ時以外、ほぼ音がしないのに対し、個体差かもしれませんが、こちらはけっこうガリガリと音がします。

売れ筋のHDDは5400回転でシーケンシャルが150MB/sくらいだったので、結局は7200回転のこちらのHDDを購入しました。
システムはSSDにしているのでデータ用としての使用ですが、大きなファイルを扱う場合があり、やはり速いほうが良いという判断です。

OSの設定にもよりますが、データ置き場としてのHDDの場合、使用してなければスピンダウンしてしまうので、そこまで発熱をきにする必要はないかと思います。ちなみにHDD温度はMAX時で40°くらいでした。
ベンチもとってみたので、添付画像を参照ください。
review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月26日
WDの緑ラベルが安価で、信頼していたWDブランドだったので合計10TBほど使っていました。しかしメインPC の動作が異様に遅くなり困っていたときにたまたまネットで緑ラベルはアクセス速度が致命的になることがあるとの情報を得ました。私の状況に合致したので、この東芝製に入れ替えてみたところ症状が嘘のように消えました。東芝がすばらしいと言うよりはWD が欠陥を隠したまま売り続けたことにより10TBのHDDを廃棄するはめになりました。
結局主要ドライブは東芝製に入れ替えましたが、大きな金額、時間の損失を負いました。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
iMacとMacBook ProのバックアップのためにHDDドックスタンドに載せて使用しています。

接続してすぐに認識して使用できました。
使用中はHDDがむき出しのため放熱製が高く、
熱さは全く気にならず、動作音も静かで気になりません。
見た目の無骨さ以外は問題ないです。

とても安定していて、読み書きも速く気に入りました。
review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月30日
2016.01.01に購入。2016.12.29に故障。
自作PCの中に入れたままで使用。比較的ほかのHDDよりも使用頻度は低い。(他の2つの内蔵HDDはWD青だけどこちらは3年使用しているが異常なし)
経緯はというと
PCを起動→S.M.A.R.T Status Bad と出て東芝のHDDに異常があると表記。
→OSをそのまま起動させたらOSを入れてあるインテルのSSDのラピット・ストレージ・テクノロジーというソフト上でも上記のHDDが危険な状況にあると表示。
→ぎりぎり保障期間内であったためアマゾンに連絡→東芝に直接言ってくれと言われる。
→既に正月休みであったが東芝のストレージのページから故障内容を入力。
→思いがけず翌日に返信がくる。内容は他の方がレビューに書いてある通り。「うちでは単体でHDDは売ってない。まとめ買いした会社に直接言え。そこから連絡があった場合のみ対応する。単体で販売して使用する前提で作ってないから壊れることもある。」などと書いてある。

日本企業の東芝だから大丈夫だろうと考えていたら痛い目をみる買い物でした。
(因みに私のHDDには「中国製造 MADE IN CHINA」の文字が入ってた)
そもそも1年程度で壊れる3TBのHDDなんて話にならない。
さして値段が安いわけでもないですし、WDとかの製品の購入をおすすめ致します。

メール返信があった後に連絡し、その時に真摯に対応していただいたアマゾンにのみ感謝です。
自分の中の東芝のイメージが覆る一件でした。今後、東芝の製品の購入は見送ることになりそうです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)