Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIYはじめて講座 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.3
95
5つ星のうち3.3
購入形態・種類: USBフラッシュドライブ|エディション: 通常版|変更
価格:¥14,674+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月24日
はじめまして、当方1993年ころのWindows3.0から自作している者です。

Windows10の認証とマイクロソフトの自動アップデートによる各個人のPCの「マイクロソフトの製品の正規利用」の自動確認について、経験を元に使い勝手などをレビューしたいと思います。

まず、Windows10を導入したら、ハードと一緒に購入したDSP版やメーカーPCに付属していたOSの場合、使用していたPCのハード構成のうちマザーボード、グラフィックスボードなどのボード類・OSが入ったHDDを変えた時点で認証は切れてしまい、再認証は出来なくなります。Win7や8.1を使用していて10にUPした場合も同じです。

HDD交換は、他のPCを使ったり「HDD楽々交換」とか言った機器を使い、よくある1TBから中身をそっくり2TBに移動したっていうやつです。
CDドライブをBLドライブに交換した、マザーにUSB機器を接続した位では大丈夫ですが、マザーなどのボード類本体は全く同じメーカーで全く同じ型番でも交換した時点で認証は切れ、どんな事をしても、マイクロソフトの認証オペレーターに泣きついても再認証は出来なくなります。

Win10になった時点で、インストールされているマイクロソフトの製品は全てOSと同期され、Officeなども同様に認証が切れてしまい再認証は不可能になります。

マイクロソフトに何回も電話して確認を取りましたので間違いありません。

実は先日当方の自宅にある自作PC7台の内、1台のハードを交換したことにより2回も散々な目に遭いました・・・。

(1回目)
マザーボードが故障し同じメーカー(GIGABYTE)のインテルの6×系チップから8×系チップのマザーボードに交換し、CPUも交換しました。その他の機器はそのままです。
よって、導入後はドライバーの再インストールを何回かしたのみで直ぐに使用できました。
OSは7のDSP版からのUPです。

暫くすると画面右下に「認証は無効です、再認証してください」「あと30日で使えなくなります」とグレーで表示が出てきました。
それと同時にOffice2013Proも使用中に「認証されていません、認証してください」「あと30日で使えなくなります」と表示されました。

常に表示されウザいのでWin10の状態で双方とも再認証をかけましたがインストールID番号を入れても、プロダクトキーを入れても「このインストールIDは無効です」「このプロダクトキーは無効なためロックされています」と表示され認証できません。

マイクロソフトの認証オペに電話したところ、「DSP版からの10へのUPの場合、ハードを交換した時点でDSPの有効が切れるので、元のハードに戻さない限り絶対に認証されません」との回答でした。
Officeもそうなのかと確認したところ、「弊社(マイクロソフト)の認証が必要のソフトの場合、大元のOSの認証が無効になった時点で同じく認証が無効になります」と言われました。

対応はどうすれば良いかと聞くと、「ハードを交換しても使用するなら『Windows10の正規の通常クリーンインストール版』を購入してHDDをフォーマットしてからOSをクリーンインストールし、そしてOfficeも再インストールしてからご使用ください」と言われました。

さすがに頭にきてかなり言いましたが「ご不便をおかけしまして申し訳ありません」と言うのみで話になりません。
いい加減に疲れたので電話を切りましたが、私が頭に来ていたのが滑稽だったのか切る直前、オペのお姉さんに「クスクス」と笑われてしまいました。

私は手の施しようがないので、ここでWindows10のHomeを買い、最初からクリーンインストールをしました。(元はPROです)
重要なデーターは内臓の別のHDDにバックしていたのでかなり助かりましたが、元の構成に戻すまで一週間かかりました・・・。

(2回目)
3週間くらい使用していて、USB3.0のスピードが異常に遅いことに気づきました。ハードやドライバーを入れ直したりいろいろしましたが改善しません。
どうやらマザー本体に搭載されているUSB3.0のチップが壊れていて2.0で動作していることが判りました。マザーボードの初期故障です。
購入した店舗に電話したところ新しいのと交換してくれるとのことでしたので、マザーボードを外して速攻で販売店に行き「全く同じもの」と交換しました。
「全く同じ」マザーボードでしたので再装着したところ、すぐさま使えるようになりましたが、またもや!!
画面右下に「認証は無効です、再認証してください」とグレーで表示が出てきました。
やはり同時にOffice2013Proも使用中に「認証されていません、認証してください」と表示されました。

ガッカリして再度マイクロソフトの認証オペに電話しました。

今回はかなり親切で親身なお兄さんが出て、「ハードを交換した時点で認証は切れます」と言われました。
しかし今回はOSは「通常インストール版」なので認証番号は出ます。との事でしたので言われた認証番号を入れたところ、OSは即座に認証され、Officeもすぐさま自動認証されました。

☆結論☆
どうやら、Windows10になって自動アップデートが導入されてから、自動アップデートの度に各個のパソコンの中のマイクロソフトの製品が正規に使用されているか常に確認(監視)しているようです。

マイクロソフトとしては違法使用を防止するために今回のWindows10からこのシステムを導入し、ユーザーの統制をし始めたようです。
確かにDSP版はハード付属なのでハードを交換した場合、DSPは無効になるのは正規ですが、使用者側の立場や利便性を全く考慮していないのではと感じました。
Windows7から8.1までのユーザー全てにWindows10の無料UPを提供したのを聞いて、何か裏があると思っていましたが案の定でした。

以上参考までに・・・・。
10コメント10件| 732人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月3日
認証出来ません、「すでに他のPCで使われています。」になります。
連絡先電話も通じないです。悪質な詐欺商法?
review image
0コメント| 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月13日
商品紹介ページにて、"Amazon.co.jpが販売・発送します。"となっていたので安心して注文したところ、実際には"SINP NeT"という所から商品が届きました。
届いた商品をインストールするとライセンス認証エラー(0XC004C008 プロダクトキーがロック解除制限を超えている)の為、認証できません。プロダクトIDは末尾AAOEMでした。
もし万が一商品ページの販売者と実際の販売者が異なる場合(注文履歴から確認出来ます。)、開封せずに即返品手続きをとって下さい!!

Amazonには、私達がもっと安心して買い物ができるように改善を望みます。
2コメント2件| 233人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月27日
他の方のレビューにもありますが、プロダクトキーが使えず、Microsoft サポートに問い合わせると、このプロダクトキーは他のPCで使われています、と言われました。
0コメント| 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月15日
プロダクトキーを入力したところ他の端末で使用されていると表示されました。マイクロソフトに電話で問い合わせたところ正規のプロダクトキーではないということでした。また販売元もマイクロソフトではありませんでした。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月14日
OSXのBootCampにてインストールするため,Microsoftからインストール用isoをダウンロードしてセットアップ完了しました。
USB版であれば,当然新規インストールできるものと思って購入したのですが,この製品のプロダクトキー(同梱のカードに貼付)では「他のPCで使用されている」とのことでライセンス認証できませんでした。Microsoftサポートに連絡したところ,プロダクトキーがOEM製品のものであることが分かりました。
このままでは利用できないので,この商品は返品としました。
別途量販店で購入した正規品に同梱のライセンスキーでは,問題無くライセンス認証を完了できました。
こちらの商品で「使えている」とされている方は,スタートボタン→設定→更新とセキュリティ→ライセンス認証 を確認されることをお勧めします。

追記
Professional版の方で海賊版に関する情報(レビュー)が多数ありますので,こちらもご参照ください。
Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版) [オンラインコード]
1コメント1件| 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月6日
同梱されているプロダクトコードが「他のPCで使われています」と出てきて、ライセンス認証ができませんでした。
通常価格よりも安かったですし、amazon出品でなかったためだと思われます。
これから購入される方は、amazon出品かどうか必ず確認されることをお勧めします。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月13日
偽物をつかまされました。
注文時の店舗と発送時の店舗が変わりますので注意が必要です。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月2日
Vista搭載ノートPC(Core2Duo T7200 2.00GHz、メモリ2G搭載)に32bit版をカスタムインストールしてみました。
OSのインストールはすんなりと終わりましたが、ドライバ関連で少し苦戦しました。
用意していたドライバが古く、新OSに対応していなかったのです。
ネットで新しいドライバを入手し、何とか使える状態にすることができました。
結果的に使用不可になった機器はなく、以前と同環境で運用できています。

Vista SP2からWindows10へと一気に進化したわけですが、動作が著しく重くなることもなく、体感的にさほど変わりないように思います。
今となってはスペックが高くないPCに導入してもそこそこ動くのですから、最近のPCだったらやや低スペックでもサクサク動きそうです。

私の場合、できるだけ安く済ませたかったので本製品を購入しましたが、Vistaマシン(特にVistaが登場して初期に販売されていたもの)をお使いで、PCについてあまり知識のない方や、金銭的に余裕がある方には新しいPCの購入を強くお勧めします。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月5日
無事インストールでき問題ないと思いきや
「Windowsのライセンス認証
設定を開き、Windowsのライセンス認証を行ってください」
というメッセージがでました。
設定をみてみると、Windowsはライセンス認証されていません。
このプロダクトキーは他のPCで使われています。
とありました。
Microsoftサポートに問い合わせたところ、
同梱のプロダクトキーはOEM製品用のもので
販売形態に誤りがあると、回答いただきました。
返品し別の販売元から購入します。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)