Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4



2016年5月1日
自分のなかでは、ポールのソロアルバムで最高の出来だと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年1月23日
ポールのCDでこれが買えなかったので長年待ってました。安く買えて満足です。内容は予想通り素晴らしい
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年9月9日
名盤です。ジョンの死によって受けた多大なショックを乗り越えて発表された作品。

BeatlesのLET IT BE以外の全作品をプロデュースしたジョージ・マーティンと、Sgt.Pepper等での音作りに重要な役割を果たしたジェフ・エメリックのコンビなら怖いものなしでしょう。

Ebony And Ivoryのヒットも手伝って、このアルバムは英米で1位を獲得しています。まるでYesterdayのようなアプローチの、ジョンへの追悼歌のHere Today、スティービー・ワンダーとの共作What's That Your Doing?、リンゴとスティーブ・ガッドのツイン・ドラムが聴けるTake It Away、カール・パーキンスと共演したGet Itなど、聞き所はたくさん。

BAND ON THE RUNなどと同様にポールのドラミングが聴ける楽曲もちらほら。やはり彼のマルチ・プレイヤーぶりが発揮されてます。ジャケットとリンクするようにカラフルな音作り。まさにポールらしく、ポップ、ポップ!一度聴いて損はないでしょう。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2015年11月11日
初めて買ったCDがTug of warでした。今でも当時のパッケージを部屋に飾ってあります。
新たにミックスしなおされた音源をとにかく聞いてください。
「Here today」は自然に涙がこぼれます。
どの曲も鮮やかで心地よい響きに溢れています、気持ちよく一気に聴いてしまいました。 

ボーナス オーディオは、曲の原型であるデモが8曲、シンプルで飾りが無く、素顔のポールを感じます。
「Ebony&ivory」のソロバージョンも気に入っています。

中ジャケットの何かを一心に書いているポールの横顔が美しい!
傑作です。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2002年5月6日
名曲が多く、バンドからソロ名義で出した久しぶりの快心作。どの曲もよく練られていて、ジョンに送ったHere Todayも泣ける。タイトル曲をはじめメロディーがすばらしく、ビートルズ時代を彷彿とさせるアルバムである。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2003年6月7日
これは大好きなアルバム。名曲揃いですばらしい。また、一曲ですが、リンゴも参加してます。その「テイク イット アウェイ」はなんとリンゴとスティーヴ ガッドのツインドラムです。この曲大好き。二人のコンビネーションが素晴らしい。他にもジョンを歌ったと思われる、「ヒアー トウデイ」など話題作ぎっしりですが、白眉はスティービー ワンダーとのデュエット、「エボニー&アイボリー」でしょう。メロディーも良いが、詞もすごい。人種差別批判としては、ビッグな二人だけに大いにPRになった事でしょう。スティービーはドラムまで叩いているし(それにしても、盲人でどうしてあんなにたくさんの楽器が弾けるのか。天才です)。ポールの傑作の一つで、お薦めです。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年10月13日
ポールも好きなんだけど、松村雄策さんを見たくて買った。
満足した。

いろんなモノが、まざまざと甦り、立ち籠める。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2003年4月13日
ポールのソロ名義では最高傑作だと思う。ポールは天才だから、適当に手抜きで作ってもそこそこのものができてしまうし、たまになぜかくだらないものも作ってしまう。これはギリギリに追い込まれて本気で作ったものだと思う。全体のトーンは地味だけど、とにかく捨て曲なし。Band On The Runと並ぶ傑作。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年1月14日
ジョージ・マーティンをプロデューサーに迎え、リンゴ・スター、スティーヴィー・ワンター
カール・パーキンス、スティーヴ・ガッド、スタンリー・クラークといった錚々たるゲストメンバーを
迎えて作られたこのアルバムですが、彼らに負けじとポールがやる気満々で作った名作。
ソングライター・マルチプレイヤーとしてのポールの存在感も堪能できます。

タイトルナンバーからメドレー風につながる“テイク・イット・アウェイ”
スティーヴィーとのファンキーな“ホワッツ・ザット・ユー・アー・ドゥーイング?”
ジョンの死後、彼への想いを初めての公式発言として歌で語った“ヒア・トゥデイ”

そしてエンディングは、再びスティーヴィーと白人と黒人の関係をピアノの白鍵と黒鍵に見立て、
人種差別について歌った“エボニー&アイボリー”。
アルバム全体に漂うさりげない平和色も好感がもてます。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年2月12日
正統派ロックって感じですね、このアルバムは!まるで、「各曲」が「全部」繋がっているような「統一感」があります。特に、「EBONY AND IVORY」は、名曲です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

Ram
¥1,165

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック