Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年11月5日
7種類ものBluetoothイヤホンをランニング用に購入して使ってきましたが、最終的に
これが一番いいと思います。

わずか二、三回で動かなくなったもの、音はいいが運動するとずれてくるもの、持続
時間がカタログの半分程度だったもの、ペアリングが不安定で毎回必要になるもの
といった具合で、どれも一長一短でした。総じて2~3千円程度の価格帯のイヤホンは
それだけのことはあるなあという感じです。

これは運動時の安定度が抜群です。耳が痛くなったりもしません。持続時間もカタログ
値はクリアします。音も悪くないと思います。汗に対する対策も完璧に近いです。

もうちょっと安いといいんですけど、それはしょうがないですね。Bluetoothイヤホンに
関してわたしは「安物買いの銭失い」を散々したので、今使っているのが駄目になったら
次もこれを買うでしょう。
0コメント| 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月23日
完全防水ではないらしいのですが、
間違えてジャージのポケットに入れたまま洗濯したけど普通に使えています。
壊れなかったのはたまたまかもしれませんが、頑丈にできていて感動しました。
1コメント1件| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
本機の購入動機はケーブルレスへの憧れ(Bluetooth系の多くは首元にケーブルが残る)、そして同等Bluetooth機の中では比較的長い約8時間(公称:音楽用途)というスタミナから。あとは散歩やジョギング時、はたまた各種ヘッドセット用途も鑑みて。とは言え、結果して本機のメインのお供はiPod nanoがほとんどなので、ここではヘッドセット的な使い勝手は簡略化させていただく。

本体は意外と「ふにゃけて」おり、アウターのポケットに投げ込んでも問題はない。水没は無理としても、汗や雨をもろともしないコーティングがされている(方向性としては耐汗>防水。だが左右内側に印字された各種ライセンス表記はそのうち読めなくなるだろう)。付属ポーチは本機収納の他、リバーシブルでiPhone等を腕に固定装着するバンドになる。質感は良好だが販売価格におけるポーチコストもそこそこある印象。バンドがポーチ内にある為、本機は収納できてもiPhoneを入れるには少し無理がある為、あくまでも本機収納用と割り切るか、Bluetooth対応のiPod nano辺りで使うと良い。尚、イレギュラーな使い方ではあるが、バンド根元を切り取る事でかなり汎用性の高いポーチに化ける(特に小型バッテリーやデバイス系備品入れ等)。また現行品はiPhone 6想定のせいか、初期ロットで付属していたポーチよりひと回りサイズが大きくなっている。

スイッチ部円周は充電時、充電完了時&電源投入時に色を変えて発光。本体電源を入れるには、右耳ボタン面の上部の「爪スイッチ」をアナウンスが流れるまで(または起動の青い発光が確認されるまで)押しっぱなし(電源オフの場合も然り)。右耳ボタンは通話着信時応答(着信拒否は2秒程押したまま)、左耳ボタンのシングルタップは曲の再生と一時停止、曲のスキップはダブルタップ、トーン音が聴こえるまで押したままにすると曲の出だしに戻り、ダブルタップ後に押しっぱなしでトーンを待つと前の曲の出だしからとなる。音量はiPhoneやスマートフォン依存であるが、左耳ボタン面上の爪スイッチにより調節可能(音量↑はタップ、↓は押したまま)。再ペアリングする場合は、電源入れ直し後に電源スイッチを押し(アナウンス待ち)相方デバイス処理すればよい。各種操作はやや慣れが必要であるが、都度トーン音やらガイドアナウンスが流れるので、最初はそれを動作確認とすると良い(音声ガイドは右耳ボタンをトーン音が聴こえるまで押しっぱなしで有効化:操作慣れしたら解除)。

ペアリングは1台のみではあるが、接続状態維持は優秀で、今の所は勝手に認識を見失うという経験はない。Bluetooth(v3.0)として10m程の距離内で使用可能であり、我が家や仕事場では同フロアは勿論、別階や庭に出ても問題はない(あくまでも庶民空間だが)。外音認識できるので外出時にも向いているが(特に屋外運動時:見た目的にも)、個人的には特定の場所で長時間の作業時用に収まっている。

右耳イヤーパッド脇に蓋に隠れたマイクロUSB端子がありそこから充電を行う。この蓋の開け閉めがわりと配慮が必要(いつの日か劣化してとれない様に)。PCからの充電時間は2.5時間程で完了するが、急速充電の類い(例:Anker 25W 5ポート USB急速充電器:1A枠使用時:ただし充電量は不安定なので、フル充電用に急速充電でないタイプと使い分けが必要)では70分程。iPhone 5以降では画面上のBluetooth接続マークの横に、本機バッテリー残量を確認できるバーが表示。本体もバッテリーが少なくなると、ボタン円周が一定のタイミングで赤く光る。音楽時のスタミナは約8時間とされているが、流しっぱなしで平均5時間半前後(音楽ファイルビットレート影響差の可能性も)。本機のみでも(電源が入った状態で)電源を押せば、音声ガイドによりバッテリー残量がわかる(五段階:英語)。どうも本機利用は、電源入れっぱなしで待受(スリープ状態)で使う事を基本としている様子(未使用90分程でスリープ)。ただし音楽用途オンリーであれば、都度電源を切る方が良い。

PLANTRONICSはヘッドセットを主力とするメーカーのため、正直通話音質以外は期待してはいなかった(A2DP)。音質として目立つのは、高音の荒さと音場の狭さ。ただこれらは、長く愛用してるうちに熟れてくる可能性が高い。仕様上、充電を始めてしまうと音楽が止まってしまう為、エージング長期放置という手が使えないのが痛い所。かと言って、許容できない音質か?と問われればそうでもない。基本的に「聴き入る」ではなく、作業やスポーツ「ながら」という状況であれば、文句等は大方出てこない。音楽(楽曲)以外でおすすめなのは、PodCastやネットラジオ、Bluetooth拡張したTV音(特にスポーツ)、またはPCゲームやBluetooth対応の据え置き&携帯ゲーム機での併用。参考程度に手持ちの「Jabra ROXWIRELESS」との音質差としては、あちらの方が低音域の底が微妙に深い(反面高音域がやや弱い)。装着によるストレス差は、「耳下から首元のケーブル感」を取るか、本機の「耳へのクリップ的装着圧」を取るかという所。この差は好みではあるが、個人的には首周りがケーブルから解放された事は、値段以上の高い価値があった。

装着してしまえばどんな作業も邪魔する事はなく、どんなスポーツをしたとしても、外れてしまう事はないだろう(水泳は別)。耳元から首にかけては当然ケーブルがなく、首の後ろ(肌)も接触していない。髪型にもよるが、装着した様を通行人が気付く事は難しい(振り返らない限りは)。何よりも装着ストレスがとても低く、その恩恵(快適性)が購入満足感を分厚く底上げしている(特に夏場に恩恵があるだろう)。

注意点としては、ほぼクリップ状なので、当然ながら従来のタイプよりも着脱しにくい。イヤーパッドの向きが何気に重要(フィット感や音質、頭内での音位置に影響)。購入後、箱から出す時に丁寧に外さないと、イヤーパッドの角度が傾いたまま装着し続ける事も有り得る。また耳の形状は個人差が大きいので、挟み込んだ場所が時間経過で痛くなる可能性もある。装着時、左右スイッチは耳穴から浮いた状態となるので、操作クリックを安定させる配慮は必要(耳穴にやや沈み込む為)。冬季の襟高な衣類やアウターでは、首後ろで本機と接触しタッチノイズが発生してしまう(格好次第では、襟に押し上げられ最悪外れてしまう事も)。マットでソフトな表面加工は、砂や埃の多い場所に落としてしまうと諸々付着し、綺麗にするにはかなりの手間がいる。また、スポーツ等である程度ヘビーに使ったなら、清潔感を保つ為その都度イヤーパッドを外し洗う必要はある(本体も拭き取り等)。メガネ併用ができるか否かは手持ちの形状(または自分の耳のサイズ)に左右されてしまう。また外音把握はできるが、道路交通法で禁止されている地域での自転車時使用は重々注意する事。

装着ストレスがとても低い事が、使用者の生活を一変させるかもしれない(理想はペアリング数が増えて欲しい所)。大袈裟かもしれないが、視覚情報を省いた聴覚スマートデバイスの未来すら予期できる程である。とにかく、一度装着してみればその価値がわかるはずだ。また本体ファームウェアの更新は「BackBeat FIT」というAppで行われる。2015/02/10より「Version E」へ更新が可能なので、購入時期などを鑑みて確認し導入した方がよいだろう。その際はiPhoneとペアリングを維持し「BackBeat FIT」を起動、本体を充電状態にして項目を進めれば更新作業が始まる。因みに更新内容は接続安定性の向上、App「Start2Run」(英語)&「Hardlopen met Evy」(英語:入手にはリージョン要変更)との連携(どちらもiOS&Android版有り)。
0コメント| 177人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月25日
今までMDR-NWBT20Nを使用していて特に不満はなかったのですがやはりケーブルはジャマ!といっても何万円もする物は二の足を踏み本器を購入しました。耳にかけるタイプであり、インナーではないのでちょっと違和感はあります。こんなんで音漏れしていないか不安でしたがその点は問題ありません。眼鏡をかけているので長時間付けていますと耳が痛くなりますがそれほど気にはなりません。音質は高級イヤホンを使ったことがないので比較できませんが高音の切れは良いように思います。個人的にはもう少し低温に迫力を期待しますが!通勤時に使用し、音切れは街中では何かの拍子に切れる時がありますが概ね良好です。耳にかけたままなので操作には慣れが必要かと思います。バッテリーの持ちに関しては毎日充電しているので?です。この値段なら納得しています。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月11日
お供自然で良かったです。艶のあるBackbeat Senseの音と比べて透明感があり聴疲れしません。

両方の先端に磁石が付いているタイプは失くさなくて便利だな、と迷ってのですが、このイヤフォンは、音を止めておけば周りの音が普通とほぼ変わりなく聴けるので、着けたままでも大丈夫。
耳の穴に差し込むカナル型のイヤフォンは耳が密封されているようで不安感があったので、外の音が聞こえる安心感は何にも代えがたいです。

ただ、ヘッドフォンや普通のイヤフォンに比べて、着ける際に私は5秒から10秒かかります。慣れれば違うかもしれませんが。
それ以外は、最高。迷った挙句これを選んで良かった!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月8日
音は悪くないと思いますしハンズフリーで通話が出来るのも魅力です。
他の方も言っておりますが私の耳には合わず30分位で耳が痛くなりました(ボ◯ズ社のものは大丈夫でした)
更にマイナス評価としては充電部分のマイクロUSBが外れやすい、製品まわりのゴム?コーティングみたいなモノが浮いて剥がれて来ています
このゴムにより防滴なのかはわかりませんが見た目も含めカッコよくはありません
review image
0コメント| 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月13日
通勤時に、音楽やポッドキャストを聞くのに使用しています。
とくに通勤電車では、スマホから延びるケーブルは邪魔でしょうがないので、
ケーブルレスに一度なれてしまうともう戻れない。

かつ、外を歩く時にも使用したいので(英語のリスニングを長く聞きたいので)
カナル型は候補外なのだが、そうすると途端に候補が少なく、これを見つけた時には即買い。

人によっては、装着が合わない人もいるようだが、自分は極めて良好にはまってくれます。
首の後ろを廻す部分も柔すぎず堅すぎずで非常に取り扱いがしやすくてよい。

色が派手な緑か水色の二択なのが唯一残念なところ(黒orグレー系が欲しい)だが、
それでも、派手な面は装着時には内側に隠れ、外側の緑はややトーンが落としてあるところは
とてもナイスなデザインと思います。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月3日
購入して2年ほど経ちましたが、衰えることなく現役で活躍しています
素晴らしいBluetoothイヤホンです
nexus5、新型vita(2000型)で使用できました

製品の見た目
私は青を購入しました。内側は鮮やかな水色で、画像と同じような色合いです
外側は水色のラインが入っていますが、こちらの水色は内側のそれとは違い鮮やかさが無く、
やや暗い(?)水色で画像の色とは違いました
また、こちらの塗料のためか埃や砂がくっ付きやすいです
取り扱いにはご注意を

装着感
普通のイヤホンのようなコードが無いので絡まることなくサッと装着でき、サッと取り外せます
これはBluetooth最大の魅力ですね
これを体感したらもう普通のイヤホンには戻れないはずです
耳にかけた時どこか一部を圧迫するようなことは無く、痛みは全く感じません
カナル型とは違い、耳の穴に差し込まず耳の縁に軽くクリップする感覚です
首の後ろに回るケーブルは、装着時は軽く浮いているため、首や髪に触れることはありません
ケーブルが短く、形状が一定で弛まないのもこの製品のいいところです
首を左右に激しく振っても、ジャンプしてもズレたりはしませんでした

装着時の見た目
前から見た時は一見イヤホンをかけてないように見えます
横から見ると首元に浮いたケーブルと、多少大きいイヤホン部分が目に入ります
ですが、黒色なのでさほど目立ちません
電源入れた時などはボタン周囲が光るのでそこは目立ちます

音質
私はそういったことに疎いので詳しいことは分かりませんが、無線だから音質が悪そう等と心配する必要はないです
散歩中に使ってみましたが、カナル型ほど密閉するわけでもないので外部の音は若干聞こえてきます

Bluetoothの性能
全く問題ないです
身体を挟んでも途切れることはありません
部屋の中で壁2枚挟んで10mほど離れても余裕で聴こえます

操作性
再生、一時停止、曲送り、曲戻し、音量の上げ下げ、着信応答、着信拒否など一通りのことは可能です
曲の早送り、逆戻りは出来ません
iPhoneであればSiriの起動も出来ます
ボタンが大きいので押しやすいです
また、イヤホンの電源を入れた状態で電源ボタンを押すとバッテリー残量を教えてくれます

付属のポーチ
ポーチとして使うのであれば、正直微妙です
中身の大半をアームバンドが占めているので、イヤホンをスムーズに入れられません
イヤホンを入れたらそれで一杯になるので他の物は入らないです

全体的な感想としては、大満足の一言です
値段は高いですが、値段相応の性能は充分あります
Bluetoothイヤホンの素晴らしさをしっかりと感じさせてくれる製品です
ポーチはせめてバンド部分が取り外し可能だったらよかったと思います
色のバリエーションはもっと欲しかったですが、
装着するとあまり色が目立たないので気にならなくなりました
バッテリー管理は音声ガイド、iPhoneなら上部にバッテリー残量が表示されるので簡単に行えます
製品パッケージもオシャレです(笑

正直なところ、発売当初と比べて最近は安価で類似の良さげな製品が増えてきたので、安易におすすめとは言えないですが、時間が経っても色褪せることのない良い製品です
0コメント| 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月8日
有線のイヤホンで音楽聴きながら立ち上がろうとした時、線が引っかかって耳から外れる事無いですか?
寝ながら聞いてて寝返りを打っている内に線が首に絡み着く事無いですか?
コートや鞄のボタンや紐に引っかかってイライラする事無いですか?
鞄の中でグッチャグチャになったイヤホンにため息ついた事無いですか?
そんな事を繰り返して断線してしまう事ないですか?(私は15,000円の有線イヤホン駄目にしました。)

それら全てから開放されます。それがこのイヤホンです。
総評=Bluetoothイヤホンは3台目ですが非常に満足しています。電池持ち・軽量性・音質どれも素晴らしい内容です。
そもそもカナルタイプが殆どでオープンエア型の選択肢が非常に少ない中でこれは異彩を放っています。

・かけ心地=耳の軟骨に引っ掛けつつ挟むように固定します。
スポーツタイプと言うだけあって非常に軽く、耳にかかる負荷も少ないです。
走っていたらポロッと取れるなんてことは一度も無くバスで激しく揺れても音飛びはすることはありません。慣れると着けていることすら忘れる位軽く自然に感じます。

・操作性=人差し指一本で、次の曲・電話の応答・音量操作・電源オンオフが行えます。ボタンを「押す」か「長押しの」2択なのが潔いです。
最初はよく解らないと思いますがよく研究された配置になっています。前の曲に戻すコマンドはあるそうなのですが私のは出来ないです。仕方がないのでスマホで曲を戻してます。

・音質=良いです。勿論有線の高級なスピーカー等に比べればちゃっちいですが、Bluetoothでこれだけ軽量でこの音なら文句は一切ありません。
中音域をメインとしていてベースの重低音でもギターのハイポジションでも無く実に中立的な立場にいる音質です。

・肝心の電池持ち=滅茶苦茶持ちます。1日6~8時間(音量はやや小さめに)聞いてても電池切れになることはないです。
と言うか「Battery Low」の告知からでもかなり粘ってくれる優れものです。

・充電時間=スマホより少し早い位の充電時間です。

・防水性=かなり優れています。お風呂に浸かり、イヤホンしたままシャワーを浴びたことも何度もありますが壊れた事はないです。
*これをやると保証が受けられなくなるので保証期間を過ぎてからにしましょう。

・堅牢性=耳から外して机の上にポイッと投げたり、くっちゃくちゃにしてポケットに突っ込んでも断線することは無いです。そんな事を1年近くやってます。

・マイナス点=スマホから音楽を聞いてて、曲を一旦停止して暫くして再生を押すと反応しない事がありその時にはスマホから再生を押すことが有ります。
また毎日ずっと着けてると挟む軟骨が痛くなってきます。私の場合タコが出来てやがて痛みを感じなくなりましたが初めの内は痛いかもしれません。
寝て聞くには枕をイヤホンに当たらない様に調整が必要になります。線が枕に当たると耳が折り畳まれるような位置になり違和感があります。
それと高いですね。Bluetoothイヤホンは粗悪な物が多いのでそう言う失敗を多く踏んだ人にはかなり躊躇する価格帯だと思います。

余談=良いのか解りませんが、真正面から見ると何もかけてないつまり音楽を聞いてない人に見えます。(やはりBluetoothのイヤホンはまだ市民権を得てないようです)イヤホンをこれにしてから道を聞かれる事が多くなりました。それだけ何かを聞きながら移動する人が増えたと言うことでしょう。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月22日
通勤、ジョギング、スポーツジムで使用していますが、良い商品だと思います。
Buletoothだったので音が途切れないか心配だったが、自分の基準では問題ない程度。(途切れることはある)
音質は良いとは言えないが、用途としてそこは求めていないので、自分としては満足しています。
ただ、装着感は個人差があると思うので要注意、BOSEのようなフィット感はない、人によっては耳が痛くなると思う。
自身は店頭で装着してみて、装着感が許容範囲だった点、外の音が聞こえるという点が決め手になり、購入しました。
店頭で試すことをお勧めします。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)