Androidアプリストア クリスマスプレゼントおもちゃ特集 クリスマス特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard Drive_Recorder DVD Blu-ray Bargain 2016winter アナログレコードストア ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おせち料理特集2017 大掃除特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
19
5つ星のうち3.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年11月1日
美しいプロポーションと塗装、ビーストウォーズ放送時そのままの顔、リデコ品とは思えないほど素晴らしい、イメージどおりのブラックウィドーです。可動もそこらのアクションフィギュアに劣らず、ダイナミックにポーズがつけられます。これは見事見事!!

他の方もすでにご指摘のとおり、ロボットモード時の胴のパーツが明らかな左右の組ミスがあります。
胸パーツをスライドさせても気持ちよい位置に上がりきらず、首と胸の間に大きく隙間ができるのはこのため。
発売直前になってもAmazonに完成写真が載らず、パッケージ写真でも妙にアオリの構図にしてあるのは、生産者側もこれに気づいたものの、修正が間に合わずにそのまま発売に踏み切ったのではないかと邪推してしまいます。

分解してみると(腰のピンを一カ所壊すことになるのでオススメはできませんが)、「BODY RIGHT」を示す「BR」の文字がちゃんと刻印されたパーツが、左側に来ているのが確認できます。【写真1枚目】右側パーツには「BL」の刻印。
メーカー側が仕様と言っているようですが、この左右反転がリデコに際してなんらかの影響があるとは考えられません。
コンマ1ミリの世界で設計している開発者に対して失礼なほど、生産管理の甘さが見えることがタカラトミーの製品にはときおりあります。

ちなみにこのパーツ、胴体と腰の回転軸およびビーストモード時の前脚をつなぐピンがいったん差し込んだら破壊しないと外せないタイプのものなので、単純に分解して組み直すことは容易ではありません。
仮に腰パーツの反転は置いておいて、胴体パーツだけ左右反転してみたものが【写真2枚目】。胸パーツが大きく上にスライドできて美しく納まります。

*ただし、まだ各ブロガーさんの写真レビューは少ないのですが、この点が目立たない写真もあるため、ロットによる個体差の可能性もあります。
え?うちのはそんなことないけど?という方はアタリと思って喜びましょう(笑。

本当は☆5つでもいいくらいの出来なのですが、こうした点はメーカーに伝わってほしいので敢えての☆2つとさせていただきました。
さあ、分解して修正するぞー!
review image review image
1コメント1件| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月28日
やはりというべきか、皆さんの言うとおり胴パーツが組み間違えられてました。
わかっていたこととはいえ、違和感が大きく、一度変形させてからはビーストモードで置いています。
自分で修正可能であればいいのですが、素人なので破壊して直すのは無理ですね・・・
あと付属してる武器ですが、糸が短くて迫力に欠けていました(10cm程度)
せっかくアーム型で引っ掛けることができるんだから、もう少し長くしてほしかったですね。(ついでに言うと原作で使ってた射出型の武器もほしかった)

見た目やギミックはいいのに、組み間違いで大きく損してしまってて、とても残念です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月24日
「ビーストウォーズ」の人気キャラ「ブラックウィドー」が、
傑作と名高いアニメイテッド版のリデコという形で再登場。
新規パーツやカラーリングによって、あの蜘蛛姐さんをバッチリ再現しています。

個人的にうまいと思ったのが「手」のカラーリング。
親指の先端だけ黄土色に塗られていて、それ以外は黒の成形色になっています。

これが何なのかといいますと、親指を「短い方の刃」、前腕から飛び出したスパイクを
「長い方の刃」に見立てることで、元祖ブラックウィドーの大きな特徴である「ハサミ状の手」を
再現しているのです。
このアイデアには脱帽。

しかし、変形時に使う回転軸に軟質素材が使われている点が残念。
粘りがあり、触れている部分に貼り付きやすい感触のゴム素材なので、
遊んでいるうちにネジ切れてしまいそうです。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月4日
かなり楽しみにしていた商品でした。
顔の造形、色のバランスと素晴らしいできなのですがロボモードの首の隙間が気になっていて、ここのレビューを見たらやはり組み間違いがおきていた事を知りました。
分解し修理しましたけど、腰と蜘蛛の足のパーツは接合部分を切断して結合しなければならなくて大変大掛かりな修理となるのでオススメできません。
修理後、かなり改善されて首の隙間も無くなり、さらには変形がスムーズになりました。
ここまでの違いになるにもかかわらず、改善しないで販売してしまった事が本当に理解できません。なんかパッケージ用写真が変だと思っていたのですが、他の方も書かれていますが、これは絶対胸の隙間を隠す為ですね。
なんかセコくて嫌な気分になりました。
トランスフォーマーで初めての批評を書くとは思わなかったです。これからはこんな事にならないといいですね。。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月16日
胴体パーツが左右逆だと聞き、修正してみました。
正しい組み方だと、胸が張り出しすぎだし、ウエストのラインが繋がってないんですけど…。ビーストモードの蜘蛛の顔もグラグラだし。
てことは、新造パーツは左右逆の胴体にフィットするように作られている。と考えた方が自然ではないでしょうか。
review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月31日
不満点を挙げるとしたら、
・原料節約?のくぼみアリの成形なので角度次第で気になる。
・変形時に回す部分で柔らかいパーツがあるので「ねじ切ったか!?」っていう手ごたえの時があって怖い
・背中の武器を外すと首の隙間が気になるので武器は背中で!!(武器は説明書とは上下逆につけるのがポイント)

BLなどの刻印という指摘ありますが成形型はブラックアラクニアの流用なのでこの表記だけで組間違いと指摘するのは誤りです。
首の隙間に関しても
「変形トイなので可動部分のディテールに若干難あり」
程度が正しい評価だと思います。
別パーツで埋めるなり、首のパーツを新造するなりで対処できた可能性があったでしょうが、「仕様」と言い切るあたり予算て的な妥協点もあったのかもしれません。
この隙間がないと下を向けませんし・・・

※「改造したらよくなった」って例はどうやら組み替えただけではなくパーツ自体を大掛かりに改造している模様なので組み間違いかどうかの参考にはなりません
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月29日
とてもいいです♪予約でカラーリングはわからなかったですけど
造型の良さに衝動買い、手元に着たのを見て
カラーリング含めいろいろとサプライズもあってなおうれしいです♪
レビューに感しては他の方々が詳しくおっしゃられてるとおりで
自分も感じた気がかりなことは足の軟質パーツの取扱いくらいでしょうか
久々に満足感を感じた商品でした♪
3つ揃えて両手とお尻に武器をつけるとプレイバリューも広がりそうですね♪
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月11日
CGアニメのビーストウォーズシリーズに登場したブラックウィドーが
TFアニメイテッド関連商品のブラックアラクニアのリデコ商品として商品化。
元々出来の良かったブラックアラクニアのリデコなので出来は良く、基本構造はかなり優秀。
よく動くし、プロポーションも良く、なおかつ変形も簡単で全体的に完成度が高い。

1から新規に作られた商品ではなくブラックアラクニアを仕様変更した物なので
オリジナルのブラックウィドーのデザインとは似て非なるメカメカしいデザインになってしまっているが、
新造された頭部パーツや胸部パーツ、特徴的なカラーリングのおかげで劇中の雰囲気は良く出ている。
同じレジェンズシリーズのラットルやコンボイと並べても違和感のあまり無い商品サイズも相まって
旧来からのビーストファンにとっては中々魅力的な商品になっていると思う。

なお元のブラックアラクニアと比べてボディのパーツが前後逆に組まれており、
これが組み間違いと言われているようだが、パーツをバラしてブラックアラクニアと同じ向きでボディを組みなおすと
新造の胸部パーツが浮き上がってしまうため、タカトミは意図的に逆向きで組んだのではないか思う。
おそらくロボットモードのプロポーションを良く見せようとしてこのような仕様になったのではないだろうか?

ボディパーツがどうしても気になるなら分解してアラクニアのように組みなおす事も不可能ではないが、
そうするとロボットモードで胸部が浮き上がって見た目が悪くなってしまうし、
ピンで止められているクモ足パーツを分解するのが結構難儀でパーツを傷付けてしまう可能性もあるので
個人的にはあまりお勧めできない。どうしても組みなおしたい!という人は自己責任で…。

それよりも気になったのは脚部の変形。元のブラックアラクニアと違って、クモ足のパーツを回転させる工程で
パーツの接続部が千切れそうになるような嫌な感覚を覚えたのだが、
何度も変形させて強度的に大丈夫なのかいささか不安になった。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月6日
上半身の組間違いのまま発売された商品なので変形がいまいちです、回収せずにそのまま発売したうえ交換もないというメーカーの姿勢に疑問を感じます。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月25日
いやーもう、素晴らしい出来ですね!!!
なんといっても今回の持ち味はスタイルと顔ですよ。

スタイルのリデコ元は傑作と名高くプレミア値が止まらないあのアニメイテッドブラックアラクニアです!
リデコと言ってももう受ける印象は全くの別物です!!カラーリングがあの頃のビーストウォーズそのものの毒々しくも美しいオレンジ色だからなのでしょうね。
そして、リデコ元からは金型から変わっているようで昔のビーストウォーズのころの彼女そっくりになっています!素晴らしいですねー。

特に私が素晴らしいと思うのはその顔!!ビーストモード・ロボットモードどちらの顔も素晴らしい出来栄えです。ビーストモードではジョロウグモの特徴をとらえた出来栄えでとても締まりがいいんです!!いくつもの目玉がそれはもうリアルですね。そしてそしてロボットモードの顔を見るともう!すごいっ!!

あの頃のビーストウォーズを思い出しましたよ!!!

こんなにうまく再現できるものなのかと!!
いや本当に素晴らしいです。文句なしです。この玩具もきっと傑作玩具として知れ渡っていくことでしょう。

最後に注意点です。他のレビューでも書かれていますがロボットモード時の左右の足軟質パーツについてです。勢いよく回すのは厳禁です。ちゃんと回転する軸に当たる真ん中を持って回してあげましょう。そうすればパーツがねじ切れちゃったなーんてことはそうそうないはずです。

以上です!
皆さん楽しいトランスフォーマーライフを!
review image review image review image
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)