Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIYはじめて講座 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
39
5つ星のうち4.2
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|変更
価格:¥10,135+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ATOK8の頃からのユーザーです。ATOKの優れている点は推測変換の精度だと思って使い続けています。しかし個人的な感覚では、推測変換の精度は、ATOK 2012 for Macを頂点として、ATOK 2013から格段に精度が落ちてしまったと感じます。OSXのバージョンアップとともに、ATOKもバージョンアップせざるを得ず、ATOK 2013、ATOK 2014と、我慢して使っていました。
しかし今度のATOK 2015は、メーカーの『従来のATOKは、単語を確定しないで入力を続けると推測候補が消えていましたが、新しいATOKでは長文入力中の推測候補の表示を継続。好きなタイミングで推測候補を確定できるため、自分のペースを乱さず快適に入力できます』との謳い文句通り、これでもか、これでもかと、推測変換の候補を挙げてきます。その候補も、以前確定した候補を結構覚えてくれているので、ATOK 2014と比べて、かなり快適にタイピングできるようになりました。これなら万人にお勧めできると思います
なお、うろ覚えの単語でも変換できる新機能「なんとか変換」は、なかなか楽しいのですが、ネット接続状態でないと有効になりませんので、注意が必要かと思います
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
Windows、Mac、Androidと、iPhone以外すべてでATOKのユーザーです。
長年使っていますが、ATOKが便利なのは辞書機能と連携させられること。
私は学がないですし、語句の正確な意味を忘れたり、適当な言葉が思い浮かばないこともしばしば。
そんなときにATOKのプレミアならば、国語辞典、類語辞典が使えるので瞬時に語句を調べられます。
この快適さを味わってしまうと、もう他の入力ソフトには戻れないわけです。
2015からは~ナントカ変換サービス~なる機能も使えるらしく、使いこなせればますます
文字入力が楽に、楽しくなりそう。高価なソフトですが、ATOKを購入するなら通常版よりもプレミアですよ。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年7月7日
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
PC-9801の一太郎の頃からATOKは使用しています。
かれこれ20年以上!?

その当時は連文節変換がお話にならず、文章を細かく区切って入力・変換してましたので
その頃の癖がずっとついているので、長い文章を入力して一気に変換と言ったスタイルには
慣れていません。なので、最新の日本語入力ソフトの恩恵は余り受けていないのかもしれません。
ただ推測変換候補が表示されるのはこれはもう手放せません。

ATOK2012の頃は重く、OSを巻き込んでフリーズし、Safariとも相性が悪く、
ATOKからことえりやGoogle日本語入力に浮気していましたが、
2013になってからは安定したように思えます。

ただ時々OS側のアップデートに伴ってSafariのバージョンアップがされると、Safariのウィンドウ内で
ATOK入力中にフリーズするなど、やはり相性問題の根本的なところは残っているのかもしれません。

さて今回の2015ですが、2014はPassportで使用していましたが、毎月数百円を払うのがバカらしいのと、
また本VineレビューでATOK2015を入手できましたので、Passportは解約しました。
正直言うと2014と2015の差は分かりません。
Googleのようにクラウドで推測変換などを行うようになったようですが、
使い始めて1週間経った現在のところ、その恩恵はよく分かりません。

2015の目玉機能の「ナントカ変換」ですが・・・・まぁ確かにそういう場面もあるように思えますが、
ATOK2015を1週間使った結果では、一度もそのような場面は訪れず。
正直、こうした機能は日本語入力ソフトの本質からは離れていってしまってるように思えます。
毎年バージョンアップするのに、強引に機能をつけているようなジャストの姿勢は正直言って嫌悪感があります。
安定性の向上や速度を○%改善しました、だけのバージョンアップだとやはり売れないのでしょうかねえ。

結局、なんとなく惰性で毎年ATOK(昨年はPassport)を買ってきましたが、冷静に考えると毎年この値段を出す価値は
無いように思えます。物書きを生業としているような方以外であれば、Google日本語入力で実は充分であると
思ってます。しかし毎年この時期になってATOKの新バージョンが出ると、なぜか買ってしまう。
そして来年はもう買わない、と思っている自分がいます。
今後も安定している限りはATOKを使っていくと思いますが、必ずATOKでなければならない、というのは
正直そういった価値は今のATOKからは見いだせないです。

それと今回、一旦2014をアンインストールし、2015をインストールしましたが、その際に1日だけ試しに
Mac Yosemiteの日本語入力(今はことえりとは呼ばないようで・・)を使いましたが、
これは流石に使いずらかったですね。変換精度ではやはりATOKかGoogle日本語入力が良いようです。

2015/10/26追記:
MacOSXがEl Captanになり、そのOS標準の日本語入力機能および目玉であるライブ変換に切り替えました。
ライブ変換は、変換のためのスペースキー操作がないことがこれほどまでに入力スピードが向上するものかと、目から鱗でした。
ジャストシステムさん、来年のATOK2016、このライブ変換に匹敵または追い越すような操作性を持たないと、もうATOK買うことは
少なくとも自分はないです。
変換精度は確かにMac標準日本語入力よりもATOKの方が上です。ですが、このライブ変換だけはもうこれに慣れると
いちいち空白キーを押してなんていられなくなりました。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
長文の入力中に、次々と候補の単語を表示する推測候補機能と、
意味の似た類語を探せる連想変換機能が魅力の日本語入力システムです。
推測候補機能は、ケイタイやスマホでお馴染みの機能です。
連想変換機能は、文章の推敲に役立ちます。

ソフトはUSBメモリーからインストールします。

その他に、「ナントカ変換」機能がクラウドサービスで提供されます。
うろ覚えで一部しか思い出せない熟語を候補提供してくれる便利な機能です。
たとえば、「なんとかのほうそく」と入力すると、
「フレミングの法則、ムーアの法則、慣性の法則、・・・・ 」と、候補の用語を表示してくれます。
一年間限定のサービスです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
今はやりのダウンロードも出来るハイブリット仕様

辞書機能連携がすばらしく、推測機能もストレスなし
正直日本語入力にお金を払うのかと問われれば
もう払ったほうが断言できるくらい快適

練りこんでいって辞書登録して自分流にカスタマイズできるのは
どの変換ソフトを利用しても一緒ですが
圧倒的にこちらのほうが登録数が少なくてすみます

グーグル日本語の一段上を行っているのはさすがだと言えます
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年8月12日
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
標準のIMEと比べ、推測変換機能などが充実しており、変換で面倒な思いをさせられることが無くなります。
USBメモリよりインストールでき、インストールした後は、普通のUSBメモリとして使えるので、CDよりもうれしいと思いました。
USBメモリは、4GBで、Team製でした。
間違えて日本語入力オフで入力してしまった文字の変換など、ほかにない優れた性能があり、ストレスなく文字入力できるので、購入する価値が十分にあると思いました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月16日
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
今までは「Google日本語入力」を使用していました。
特に不便無く使っていましたが、やはり「ATOK」の変換精度は抜群だと思います。
USBメモリにプログラムが入っており、持ち歩けるのも結構便利です。
「ナントカ変換」は、当方の環境ではあまり出番がありません。
曖昧な語句を入力するわけにはいきませんので、
結局検索して正しい語句を調べるからです。

総合して、約1万の価格を出せるかどうかは「Google日本語入力」以上の変換精度と
各独自機能が必要な方であるかどうかに依ります。
「Google日本語入力」が無償使用できる現状では、若干割高に感じます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年8月16日
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
ATOKはVer.11を使ったことがありますが、当時のMacのスペックが及ばなかったのか、もっさりとした感じが不満ですぐに使わなくなりました。
EG BRIDGEを使い続け、後継のかわせみに至っているのですが、久しぶりのATOKは軽く俊敏になったように感じます。
(もしかしたら、MacのスペックやMac OS Xのおかげもあるのかもしれません)
使いやすさや機能の豊富さは魅力です。
しかし、それらを使いこなせるかどうか、「これでいいのかなぁ? ほかのでもいいかも。」と悩んでしまうのも確かです。

かわせみは、とにかく軽快!
でも変換精度や精度は二の次(ごめんなさい)という印象をわずかに受けます。
それに比べ、このATOK 2015は変換精度も高く、すぐに手に馴染み(使い勝手がよくなるというか、しっくりきます)、辞書やオプション機能も豊富で、さすが老舗と唸らせます。
Mac OS Xの日本語IMのユーザ辞書を取り込めるのも強みのひとつ。
IMを乗り換えるときに躊躇するのが、これまで蓄えたユーザ辞書を引き継げるかどうかですが、しっかり取り込んでしまうのは心強い限り。
インターネット経由でのアップデートも細かく、安心できます。

プレミアム版限定の機能も電子辞書も充実していて、「なんとか○○」とあいまいに入力しても候補を表示してくれるATOKナントカ変換サービスもハナシの種ではなく充分実用的。
日本語入力の専門店が、今や日本語入力のデパートに成長したよう。
まさにキャッチコピーのとおり”ビジネスを成功に導く信頼のパートナー”ですな。

でも、そのキャッチコピーのとおり、フツーに日本語を入力すれば済むひとたちにはオーバー・スペックなのも確かなのでしょうね。
なにせ、プレミアムですから。
仕事で日常的に文章を書いているのでなければ、諭吉先生越えのプレミアム版は考えてしまいます。
最近はGoogleが無料で日本語入力ソフトを出してますし、Appleもなにかと・・・だったことえりに見切りをつけてOS X 10.10 Yosemiteからは日本語IMとして一新しましたし、有料のかわせみもお手ごろなので、ライバルが多いですね。

そんな中でこのATOK 2015を選ぶのは、ブレることなきATOKユーザか本当に信頼できる日本語IMEを求めている方だと思います。
しかし、そのように永く愛用するのなら、このパッケージ版ではなく月定額で最新版が使えるATOK Passportが選択肢のように感じてしまいます。
実際、便利なATOKナントカ変換サービスがプレミアム版では一年間限定でしか使えないなど、パッケージ版の限界も垣間見えます。
本製品の最大のライバルは、他社製品ではなく、月定額版のATOK Passportかしれません。
メーカーのWebサイトから体験版(基本機能が30日間使用可)がダウンロードできますので、使いながらゆっくり悩んでみましょ。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年7月12日
ATOKという製品自体については今更云うまでも無く、日本語を使う人すべてにおすすめできます。
ことえりやGoogle日本語翻訳などに比べて追加の費用が必要ですが、
日本語入力システムとしての基本機能の使い勝手や推測変換・連想変換、変換精度の良さから
Macで一定量以上の日本語テキストを入力するならATOKを使わないことは考えられません。
まだATOKを使ったことがない人は、是非試してみるといいでしょう。日本語入力のストレスがかなり軽減されます。★5つです。

しかし、すでにATOKの以前のバージョンを使用中の人にとっては、最新版を購入する価値があるかどうかが毎年の悩み。
MS Officeなどのように数年に一度ならまだしも、毎年最新版が出るソフトを毎年買い続けるのは財布が厳しいというのが正直なところ。
しかも、PCとMacを併用しているに人は出費も2倍です。馬鹿正直に追随していくのも考えもの。

そういったユーザ向けには「ATOK 2015 for Mac + Windows 通常版」というのもあります。
しかし、辞書連携はATOKの強みですので、辞書が付属していない通常版はおすすめできません。
また、最近の新規機能(たとえば「なんとか検索」)の多くは、ほとんどがクラウドサービス「ATOK Passport」を前提としたものです。
飛行機の機内などオフラインの時には使えませんし、パッケージ版利用者は1年間しか使えません。
なので、近年は Mac と Windows のプレミアム版を交互に購入するといったことをしていて、今回2012版から更新しました。
「ATOK 2015 for Mac + Windows プレミアム版」を出して欲しいなと、切実に願っています。

同じように Mac と Windows を併用している方は、月額制の「ATOK Passport」も検討しているかと思います。
こちらの「プレミアム版」は月額514円(税込)なので、パッケージ版より安価に最新版が使えるようですが、
その辞書・校正機能がパッケージ版と異なり、クラウドサービスによる提供だということに気をつけてください。
「なんとか検索」同様、インターネット接続がない環境では利用出来ません。
文章の執筆だけしたいのにテザリングでスマホの電力を消費したくはないので、私はこちらの選択肢は除外しました。

最後に2015版の新機能について、幾つか使ってみた感想を述べます。

 ・「なんとか検索」は購入前は面白いなと思いましたが、使ってみて未成熟だなと感じました。
  例えば「なんとかうぉっち」と入力して「スマートウォッチ・スォッチ」が出るけど「妖怪ウォッチ」が出ないなど、
  クラウドベースのサービスなのにそこが出ないの?と首を傾げるものが多かったです。今後に期待。

 ・ 「推測フォロー変換」は2012版には無く、使ってみると結構便利でした。ただ、これは私の環境の問題なのですが、
  SublimeTextなど一部のテキストエディタだとTabキーが干渉するのでキーバインドの変更が必要でした。

 ・「類語ファインダー」は連想変換の機能強化なのですが、格段と使いやすくなっていました。

まだ、購入してからしばらくしか使っていませんが、今回の更新は自分にとっては割と満足いくものでした。
冒頭で述べたとおり本製品はすべてのMacユーザにおすすめですが、ただ購入の際には対応OSに注意してください。
v10.8以前のMacOSには対応していません。そろそろ新しいMacを買いましょう。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月12日
購入形態・種類: パッケージ版|エディション: Mac版|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
ATOK 2011 for Macから使用しています。
MacBookAir(Mid 2012)にインストールしましたが、以前のバージョンに比べて本当に動作がサクサクと処理され、極めて快適です。
BYODの形で仕事でも使用しているのですが、最新版のATOKをインストールしてからは以前より遥かにメール返信やドキュメントの編集に対するストレスが軽減されました。

プレミアムバージョンでは三省堂の国語・類語新辞典と、ナントカ変換機能が1年間無償となります。多種多彩な日本語が求められる方にとってはなかなか便利な機能だと思いますが、自分の場合はそこまで使う頻度は高くありません。
価格差と基本機能の充実ぶりを考慮すると、ベーシック版でも十分魅力的ではないかと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック