Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

自作PCの記憶装置のデータ領域が手狭になり、増設しました。
SSDの寿命を考慮してMLCタイプに絞り、マザーボードのSATA 6Gb/sポートにまだ余裕があることから、本品(BOX)を選択しました。
メーカー保証は、5年間です。
このBOXは、電源ケーブル以外の主要な部品が付属するのでお得です。

PC本体に内蔵する記憶装置は、レスポンス、信頼性、消費電力の経済性などを考慮して、SSDで構成するようにしています。
現在のディスク構成は、OSブート用SSDは240GB、データ用SSDが120GBです。
SSDの価格が以前購入した時と比較すると2,3割ほど安くなっています。
まだまだ高価ですが、SSDの魅力には敵いません。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月22日
いままで使用していた80GBのSSDでは容量が足りなくなってきたので載せ替えるためAmazon.co.jpで購入しました。
リテール版の箱には本体の他、厚みを変えるスペーサ、ネジ、SATAケーブル、オマケのシールなどが入っていました。
スペーサには両面テープがついているのでそれをはがして本体に張りつけてからPCに取り付けました。
ネジは以前使用していたものをそのまま利用しました。
SSDの内容を以前から使用しているバックアップソフトでコピーして、問題なく載せ替えが完了しました。
(バックアップソフトは付属していません。)
速度や使い心地など、特に何も変わらず容量だけが増えました。
それで十分です。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月6日
以下のものが同梱されています.
「よく一緒に購入されている商品」によく出るSATAケーブルは無理に買わなくとも問題ありません.

・7mm厚SSD本体
・9.5mmベイ用のスペーサ
・SATAケーブル
・ネジ
・マニュアル等が入った8cmCD

(画像は外箱の一部)
review image
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月29日
WindowsXP搭載のDELL製PCのHDDをSSDに換装しました。

過去の製品には2.5インチ→3.5インチ変換マウンタが入っていましたが、本製品には入っていません。

付属しているCDにはマニュアルしか入っておらず、バックアップソフトは"付属してはいない”のですが、
Intel' Data Migration Softwareというソフトがインテルのサイトでダウンロード出来るので、
これを使用すると無料で旧SSDやHDDから移行できます。
アクロニス製のこのソフトが便利なので、私はいつもインテルSSDを買います。
https://downloadcenter.intel.com/ja/download/19324
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月31日
インテルのソフトを使えば簡単にクローン化出来るとの事なので、SSD初トライの当方に於いては皆様のレビューを参考に、同仕様のSSDの中でも比較的高額だが、まあ簡単にできるから良いかと思い購入。しかし当方のPCではソフトが正しく働いてくれなかった様なので星4つ。
ちなみにPCは5年前のdellのxps9100 cpuはx990マザーボードはインテルX58 HDDは1Tbを2分割 OSはWindows10仕様です。インテルソフトのData Migrationは確かに簡単にクローン化はしてくれたが、SSDから立ち上げると画面が点滅を繰り返し全く操作を受け付けてくれない状態クローンがマズいのかなと思い再度フオーマットしてクローンを作成それでも状況変わらず。仕方なく他のソフトを使うことにし、結局フリーソフトのEaseUs Todo Backup Free9.0を使いクローン化。無事にクローン化成功SSDからの立ち上がりも問題なく爆速で起動する。
当初インテルソフトの問題点は、パーテイーションサイズが変更できないので(クローン化した時のサイズを見るとHDDの分割に比例した分割になるのでOS側の残りが少ない)それで異常かなと思い、HDDのデーター側の容量を減らし(OS側が増える)クローン化して見たが状況は同じ。結論としてインテルクローンソフトは、当方PCでは使えない。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2015年8月13日
Intelの省電力SSDです。
コントローラーはIntel刻印ですがSandForce SF-2281、
NANDフラッシュはHynixのMLC採用です。

実容量は約223GB。

CrystalDiskMark 3.0.4 x64
(C) 2007-2015 hiyohiyo

Sequential Read : 524.387 MB/s
Sequential Write : 271.168 MB/s
Random Read 512KB : 486.761 MB/s
Random Write 512KB : 266.306 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 33.172 MB/s [ 8056.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 81.332 MB/s [ 19856.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 309.214 MB/s [ 75439.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 253.920 MB/s [ 61992.1 IOPS]

読み取りは公称通りですが、書き込みが少し遅いです。

Intel製ですので、システム用に十分使えるSSDだと思います。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月26日
レッツノートのHDDを交換しました。
先駆者の皆様の情報が豊富で、簡単にできました。
安定性も抜群です。
機種によると思いますが、Win7-64bitの立ち上げが、私のPCでは2分以上かかっていましたが30秒を切るようになりました。
感謝です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月21日
今まで、SSDなんて必要ないと、動作のもたつきやフリーズを繰り返す○芝の内蔵HDDを使っていましたが、耐え切れなくなりこちらの
SSDに積み替えました。
Windows8からはUSBにOSを入れて再インストールが可能なので、HDDから必要最低限のデーターをサーバーにコピーした後SSDに入れ替えてUSBブートしてインストールして20分程度の恐ろしい速さでインストールが終了して、その後軽くセットアップして再起動をしてみましたが、電源入れてBIOSが終わったらすぐデスクトップまで行きますね・・・ケチケチしてHDD使うぐらいならSSD使って時間短縮したほうが幸せになりますね!
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月28日
自作したPCで3年ほど使用した120GBのSSDの空き容量が2GBになり、アラームが出て来て初めて気がつき慌てて載せ換えを検討しました。
同仕様の製品を比較検討すると他社製品に比べインテル社製品は明らかに高価でしたが、PCの主要部材であり品質と何かトラブルが発生した時の安心感
を優先し本製品を選択しました。
ツール類も豊富で関連情報も確り得られることが分かりましたので迷う事は有りませんでした。
載せ換えは普通にPCを使いこなせるレベルで有れば全く問題なく完了出来ました。
星が4個なのはやっぱり少し高いからですが、、これは安心料と思っています。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月4日
他のメーカーより金額が張りましたが鉄板インテルで安心感を買いました。今までのパソコンの不調がうそのように解決しました。どのくらい持つかわかりませんが、ssd換装をやってよかったと思います。作業の途中で躊躇することもありましたが、多分大丈夫と思い込んでやりました。3.5インチのアダプターはついてないので別に用意する必要があるかもしれません。(軽いので何とかついていましたが安いものを見つけちゃんとつけました)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)