Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
94
5つ星のうち4.2
エディション: パッケージ版|変更
価格:¥6,480+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月20日
今時珍しい堅実な作りのシミュレーションRPGです。派手さはなく、何か物凄く特筆するような部分はないが、ストーリーや戦闘バランスなど、全体的に作りが丁寧で、ボリュームもあります。

ベタなキャラ設定で、ストーリーラインも王道の流れだが、退屈さや安っぽさは全く感じないです。何故なら、男女問わず、キャラクター一人一人の人物描写が丁寧でかつとても暖かい。個々それぞれに違った個性でありながらも、皆共通して正義感や優しさといった人間味を感じ、その事から世界観に暖かみを感じます。「嫌味がないキャラクター」というのはこういうものだと思いました。

近年、制作者の自己満足的なシナリオや、キャラの行動原理が人道踏み外していてプレイヤーを置いてきぼりにするゲームが多い中、この作品は、描写が丁寧でかつ、話も共感を得やすい話なので、いい意味で分かりやすく、キャラ一人一人の心情に素直に感情移入でき、一喜一憂できます。
特筆すべきものはないと前記しましたが、こういった部分は他のRPGと比較しても特別優れていると言ってしまってもいいのではないかと思います。

バトルテンポが遅いなど、細かな欠点は所々ありますが、全体的に完成度が高いので、最近のRPGにがっかり来ている方や、派手さより質を求めてる人におすすめです。
ヒロイン調律システムや、パッケージデザインから、ギャルゲチックな印象を受ける方がいるかもしれませんが、男キャラもしっかり魅力があり、話も基本的に王道の流れなので、王道のRPGを求めてる方にもおすすめです。
評価が高かったので思い切って購入してみましたが、個人的には久々に当たりのゲームでした。
0コメント| 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月30日
かつてFFTAにハマったような人ならとても楽しめると思います。戦闘は長くなりがちですが、ストーリー、音楽、キャラが良く作り込まれているのでエンディングまで飽きません。ミッションをこなそうとすると結構難易度高くなります。
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月24日
当初はイメージエポックの創業10周年記念作品として企画・発表されたが、最終的にはSEGAより発売された。
発売直後にイメージエポックは倒産、イメージエポックの実質的な遺作となってしまった。

ストーリーは王道中の王道です、展開も読み易いのに凄く面白い。
この世界において『歌』は一般的なRPGの『魔法』に該当し、歌える人間は『魔女』と呼ばれます。
滅びの魔女『ヒルダ』は堕歌を歌い世界を結晶化させ、福音使徒と呼ばれる組織を率いて世界を滅ぼそうとする。
記憶を失った少年『アルト』はヒルダの手により、故郷の村を結晶化されてしまう。
故郷の村を襲われた時に、幼馴染『リゼット』は水の魔女として覚醒し、福音使徒を凌いだが、故郷は結晶化されたまま茫然自失。
福音使徒襲来の報を受け現れた王立騎士団にアルトとリゼットは保護され、結晶化された故郷の村を取り戻すため、世界を救うために戦いはじめる。

正直最初はさくっとクリアして次へ行こうと思っていました。
しかしやればやるほど、王道ストーリーで展開が読み易いのに引き込まれる。
結構な数のキャラクターが出て来ますが、誰一人として没個性が無い。
一人一人が良い味出してるんですよね……これだけ人数いればキャラが被ったりしてもおかしくないのに。
キャラクター一人一人が本当に良い味を出してる、会話を見ているだけで楽しいんですよね。
また、何気にマルチエンディングを採用しています。
最初はじめた頃は一周しかプレイする予定は無かったのですが、真エンディングもみたいな……と思えるくらい出来が良いです。
プレイ中、久しぶりに本気で泣きました、我慢しようとしても我慢出来ないくらい……。
幸せの絶頂から悲しくて切なくて、絶望して立ち上がって……喜怒哀楽が全て詰まっていました。

作中には5人の魔女が登場しますが、魔女それぞれに挿入歌複数が用意されています。
滅びの魔女『ヒルダ(CV:田村ゆかり)』を筆頭に、歌の雰囲気が被らないように数を用意するのはとても大変だったと思います。
もう少し早くリリース出来ていれば、イメージエポックを救う事が出来たかもしれないのに……それだけが残念で仕方ありません。
歌を全面に押してるから忘れられがちですが、BGMもなかなかいい雰囲気出してます。
特に対天使戦の戦闘BGMが凄くテンションあがります。

不満点があるとすれば、戦闘のテンポが若干悪い事かな?
自身の攻撃範囲に入らないと行動しない敵が多いため、何もせずパスするターンが非常に多いです。
パスにも2秒くらいかかるため、それが連続してなかなか自分のターンが来ないと若干めんどくさくなります(笑)
あとはこれだけ要素が整ってるのに、何故かギャラリーが無い点。
後から挿入歌とかBGMだけ聞いたりする環境が無いのは非常に残念です。
SRPGでテンポが悪いのは致命的?な気はしますが、それを他の要素でカバー出来る隠れた良作だと思います。

Amazonの評価も★4.5と新規IPのRPGとしてはかなり高評価されています。
もしプレイするか悩んでいる方がいれば、強くお勧め出来る作品です。
もっと多くの人にプレイして欲しいと、切に願います。
0コメント| 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月20日
本編8割終了、プレイ時間34時間でのレビューです。
これまでレビューしたことはありませんが、初めてレビューしたいと思わせてくれる作品に出会いました。

【ストーリー】☆☆☆☆☆
子供にも分かりやすく、大人でも退屈しない非常に丁寧な作りとなっております。
特筆すべき大きな盛り上がりこそないものの、一気にプレイしても飽きない面白さがあります。

【戦闘システム】☆☆☆☆
本作のジャンルはSRPGです。難易度は簡単過ぎず難しすぎずで、難しいギミックや初見殺しもありません。
SRPGやった事がないという方にも強くお勧め出来る作品です。

私はSRPGは2、3作しかプレイした事がありませんが、攻略なしでも大体の戦闘は初見でクリア出来てます。

戦闘は目安として一戦30分程かかりますが、途中で中断セーブも出来ますし、中断セーブ後に引き続きプレイする事も可能ですので良心的です。

ただ一点、敵AIの行動が若干遅いので☆-1です。
時間に余裕がある時でないとイライラするかもしれません。

SRPG上級者の方にとっては手応えがないかもしれませんので難易度選択が出来た方が良かったかなと思います。

【曲、BGM】☆☆☆☆☆
流石歌をテーマにしているだけあって挿入曲、BGM共にとても素晴らしいです。
プレイ後もまた聞きたいと思える良曲ばかりです。

【総評】☆☆☆☆☆
傑作とまではいかないかもしれませんが買って損はしません。
誰でも楽しめるような良作だと思います。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月15日
買って損はしないと思います。
ストーリーはよくできているし、ゲームシステムもシンプルながら高低差や方向でダメージ変更など
面白さもあります。魔女の歌の使い所が肝ですから、貯めて貯めて歌!行動×発動!みたいな
爽快感もありますね。育成が足りなければゲームコインを使ってフリーバトル、という救済もあるし、
中断セーブも消えないので、フリーバトルを一切利用しない「縛り」も楽しめます。
また、各キャラも設定がよく作りこまれていて、空気なキャラが居ないのもいいですね。
完全フルボイスではないけど、大事なところではちゃんと音声付なのもいいです。

今後の改善点としては、やはり視点切替がないのでMAPでキャラがいっぱい重なると見え
にくいです。
相手を攻撃するときもさることながら、自分が背後攻撃されると痛いので、視点切替はほしい
ですね。敵の思考時間が長いのも気になります・・・が、許容できる範囲です。
後は、周回プレイが前提になっているせいか、一週目では絆MAXにできる人が少なすぎですね。
現時点(10章)で、利便性重視でアーチボルトしかMAX居ません。もう少し絆タイムがあっても
良いと思います。

デビルサバイバーから悪魔を抜いて、魔女と萌え成分を足したような感じでしょうか。
デビルサバイバーの一作目は神作だったと思いますが、本作も名作と言っていいと思います。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月28日
他のゲームと同時に購入しました。
あまり知名度の高くないゲームなのであまり期待していませんでしたがかなりの完成度に驚きました。
他のレビューでも言われているように戦闘のテンポは確かに他のゲームと比べると悪く感じますが、キャラクターやスキル、装飾品などが揃ってくるにつれて戦闘も面白くなっていきます。プレイヤーの腕によって難易度を選択できるシステムでSRPG初心者も上級者も楽しめると思います。
ストーリーはこれでもか!というぐらい王道ものです。プレイヤーの期待する熱い展開をどんどん見せてくれます。王道ものでありながらここまで面白い作品はなかなか無いと思います。
歌をテーマにしている作品ということでしたが、歌単体としても聴いてもどれも素晴らしい出来ですし、ゲーム内での使われ方もとても良かったです。
ゲームテンポの細かい不満はありますが、本当に面白い作品です。ぜひ王道もの好きの方にプレイしてほしいです。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月12日
仲間を集めて悪に立ち向かう、という王道なストーリーではありますが、キャラクターの心情が非常によく描かれていて、ストーリーに入り込めました。
会話シーンも、それぞれのキャラがしっかり立っていて、複数人が会話するシーンでは、にぎやかな雰囲気がよく出ていて、楽しかったです。みんなで冒険していると感じさせてくれました。
私がこのゲームをここまで面白く思ったのは、ストーリー中すごくキャラクターが大事に描かれているからです。
ゲームのパッケージには、女の子キャラが前面に描かれていますが、男キャラもそこそこに登場し、いい活躍っぷりを見せてくれます。

戦闘はよくあるRPG戦闘ですが、歌魔法を利用すると戦闘中に歌が流れて、「一発逆転出来そう!!」という気持ちになって盛り上がり、それぞれの戦闘がドラマチックになって楽しいです。

唯一悪いところは、戦闘テンポが若干悪いところがありますが、だんだんそのテンポ慣れてくるのと、ゲームとしては戦闘バランスもストーリーもよくできているのでそんなに気になりませんでした。レベルを上げるとそんなに苦戦しなくて良くなるので、戦闘が簡単すぎ、という方もいらっしゃるようですが、そのような方は推奨レベルより下のレベルで敵に挑んで難易度を上げるとよいと思います。

剣と魔法のメロディアスSRPGというだけあって、BGMも非常に良かったので、サントラが発売されることを願うばかりです。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月7日
正直発売前は◯◯のスタッフによる新作!みたいなところに少し危機感を抱いていました(大体禁忌のマ◯ナのせい)
ただ無事クリアして期待以上だったので簡単にレビューしたくなりました、購入を検討している方の参考になれば幸いです。

基本的なシステムはオーソドックスなものでまるで悩む事はありません。
装備関連は至ってシンプルで武器のスロットに装備できるものも通常攻撃威力upだ命中率upだ経験値upだといったもので本当に簡単です。
それ普通じゃね?と思う方もいるかもですが以前にグン◯ニルのようなゲームをプレイした事がある身にはとても大事な所でした。ワカリヤスイノダイジ…

戦闘に関してはユニットのバランスがとても良いです。こういったゲームでは機動力高いキャラが優遇されがちですが敵の攻撃が結構痛い事もあってタンクがちゃんと活躍します。
これは人によっては悪い所にもなりえますが敵が頭良いのと意地悪です(高い位置から無闇に降りてこない弓やしっかりHP減ったキャラや後衛狙ってきたり)
なので適当に高火力高機動力の強いキャラだけを切り込ませまくるようなプレイでは詰みます。ただレベルを上げてごり押しでもクリアできるので丁度良い難易度だと思います。

キャラクターですが正直男キャラが期待以上でした。例えば鈍重おっさんのアーチボルトというキャラがいるのですが、これがなかなかどうして各属性の魔女を押し退けて入れたくなるくらい気に入るキャラになりました。
作中では優秀なはずなのにガス欠しやすい鈍足糞命中率のピーキーな隊長、女たらしのはずが男との絡みばかりで性能は普通に隊長より隊長してる奴、男キャラの濃さがルミナスアークから引き継がれているようでなによりです。

ただ基本的にストーリーも戦闘も楽しいのですが不満な点は割とはっきりとあります。
多くの人が気になると思うのはNPCの頭悪かったり悪い意味で良かったりするところです。
NPCには経験値入らないのに削っていた雑魚のラスアタしっかり決めていったり、クエストのボーナス狙いのため守らないといけないキャラが敵陣に突っ込んでいったり等々、別にクリアに支障は無いのですが個人的には割とストレスでした。
戦闘テンポも良くないです、禁忌の◯グナとまでは言いませんが動かない敵にもしっかり毎ターン回るので割と時間がかかります、シュミレーションゲームでR押してたらスキップされるような所が毎回スキップできないと思って頂けたら大体合ってると思います。

こうして書いてみるとと割と致命的な所が不満点にも思えるのですが、結局全体的な面白さでカバーしています。
面白い面白いとのめり込むようなゲームでなくて、クリアしたあとにこのゲーム良かったなと染々思うようなものでした。
ちゃんと作ってるゲームなんだなと感じれて嬉しく思いながらクリアできたので、これはとても良い作品に出会えたんだなと思えます。
0コメント| 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月19日
一周クリアしての感想です。

ストーリー
王道でとても楽しめます。戦いの合間の自由時間はそれが待ち遠しくなるくらいのほほんとできます。そのため話が重くなっていっても沈むことなく続けられました。
作戦時間、自由時間が画面上に表示されるためここまでやればというモチベーションに繋がりました。

キャラ
キャラデザインもよく個人的ではありますがCVとのギャップもなくとても良かったです。没個性が誰もいないのが本当にすごい。
他作品を持ち出すのはアレですが某刀ゲーのおじいちゃん好きには中々たまらないお声でした。

戦闘システム
触った雰囲気はサ⚫︎ンナイトが一番近いかなと思います。
武器をオーブでカスタムし経験値増、状態異常+など自分好みに育てられます。
歌魔法が個性的でそれを元に戦略を練るのが楽しかったです。
進行中新しい要素が解放されるたび簡潔なチュートリアルがはいるためキッチリ使いこなせました。

残念だった点
ギャラリーがない
ムービーとイベント中のスチルが美麗だっただけにこれは本当に残念。歌魔法の歌も聴きたかったなと思いました。
戦闘系アレコレ
・敵の行動が遅い。加速もできないので一戦闘に50分近くかかることもあった。
・毒沼などのステージギミックを浄化してもキャラが歩く時に解除されてない部分を歩いてしまう事があり残念。歩くルートなどを設定できればよかった。
・出撃設定が少し面倒。出したキャラ同士の位置交換が一手間掛かってしまったり、強制出撃キャラの配置が動かせなかったりと融通がきかない。
・ステージの回転ができない。四方とまでは言わないが高低差のあるステージでこれがないのはやりにくかった。床と奈落の区別がつきにくいところがあった。
・よくあることだが仲間になった途端SPの上限が減るなど弱体化発生。えっ…君なんでそうなっちゃったの…

不満ばかり上げてしまいましたがちょっと我慢すればOKって感じですね。
キャラも可愛いし、音楽もいいし。紹介ムービーを偶然見て衝動買いしましたがこれは当たりでした。やる価値はあります。
はやくサントラ出ないかなと思いながら2周目いってきます。
0コメント| 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月6日
3DSソフト「ステラグロウ」を購入、プレイしてみました。ネタバレなしの感想です。

まず、ステラグロウはセガさんから発売されたゲームソフト。
しかし制作はもともとイメージエポックさん(以下イメエポ)が行っていました。そしてこの企業が倒産してしまい、セガに譲渡され発売されました。

更に遡るとですね、版権はマーベラスさん(以下マベ)ですがイメエポ制作の「ルミナスアーク」というゲームがありました。これはシリーズとして3作出ています。
ルミナスアークの版権自体はマベが持っているのでイメエポはこのシリーズ続編を作ろうにも売り出せません。
そこで、ルミナスアークを手掛けたスタッフで新規IPのこの「ステラグロウ」が制作されました。またルミナスアークシリーズとしては新作が今夏PSvitaにて発売されます。

何が言いたいかというと、これはルミナスアークの続編といってもいいくらいシステムや世界観が受け継がれているのです!

ここからレビュー。現在おそらく終盤です。

ジャンルはシミュレーションRPG。マス目上のフィールドに速度の速い順のキャラから行動するというオーソドックスなものです。
ルミナスアークは全てイラスト+ドット絵でしたが、ステラグロウは戦闘は3Dになっています。キャラクターはちびきゅんキャラのような二頭身です。そのためか少しイラストとは乖離してますw
3d立体視対応ですがダメージ表記が浮いたりとちょっと見にくいです。

物語のキーワードは魔女と歌。「堕歌」という滅びの歌が出ているのですが、ルミナスアークと同じマベ版権のイメエポ制作の名作「アークライズファンタジア」にも共通する部分があったり(このゲームもゲストでルミナスアークキャラが出るなど同じスタッフのようです)、系譜が同じような感じです。
歌というだけあり戦闘時、イベント時いいBGMもありよかったです。各魔女も歌を歌うのでそれもいいです。

話の流れはジュブナイルというかライトノベルというかそんな感じです。いわゆるJRPGという感じで、王道な流れなのでいいなと思います。守るために力を手に入れ、悪と戦う。とてもシンプルですがこういうのがいいですよね。

システム。自由時間とミッションの時間があり、自由時間には仲間との交流が深められます。深めると仲間の戦闘時の特性(反撃する、など特殊な能力です)がついたりといいことがあります。また探険をしてアイテムを手に入れたり、ショップ等で強化もできます。
キャラクターのパワーアップはレベルアップ、武器などの装備、そして上記などイベントで特性の付与、そしてオーヴがあります。これは武器につける装備です。武器ごとにスロットの数が決められ、そこに攻撃力アップなどの力のついたものをはめ込むというものです。
魔女との交流の最中、負の感情が表にでてくることがあります。その時に調律という心の中に入り魔女の心を清浄し、それによって好感度があがり特性を手に入れたりもします。
JRPGのいいところはパワーアップの多様性や楽しみが強いとこだと思います。

戦闘時にも歌のシステムがあります。攻撃などで貯まるゲージを使い歌うことで強力な魔法を発動します。更に主人公と「合奏」すると更に強力です。

難易度。設定するとかはないですが、そこそこ手ごわいのでやりがいはあります。戦闘時に「先制攻撃を成功させる」など追加ミッションがあるのですがそれを狙うと更に手ごわいです。
しかしレベル上げのためストーリーと関係ない戦いもできるので敵わなかったら鍛えれます。

アニメーションも挿入されています。ただオープニングアニメーションは静止画を挟んだりと、ルミナスアークに比べるとやや力は入ってない印象でした。
調律のアニメーションは凝っていますね。なんかエヴァンゲリオンっぽい感じでスタイリッシュな挿入アニメがあります。
あとどうでもいいですが、自由時間などシステムのフォント周りが「世界樹の迷宮」シリーズにとても似ています。

キャラクターは上記の通りジュブナイルな感じ。猪突猛進ながら仲間思いの主人公、主人公思いのヒロイン。騎士団には真面目なキャラ女たらしなキャラと基本を押さえてる感じです。
女性キャラクターが多く出てギャルゲーのようになるかと思いきや以外に男性キャラも多く、いい味出てたりととてもよいです。
ルミナスアークもシリーズを重ねるほどその傾向が強くなっていたのでそういうのが苦手な人は注意が必要ですね。

結論としては、超面白いです!
自分のように「ルミナスアーク」がとても好きな人はマストバイです。女性キャラクターが少し多いのでそういうのが苦手な人には微妙ですが、システムはシンプルなシミュレーションRPGなのでそのようなジャンルが好きな人にはぜひお勧めしたいです。

(自身のブログより抜粋してます)
0コメント| 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告