Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0516 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick お中元ストア リニューアルキャンペーン ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 スイミング 今田x東野のカリギュラ

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
163
5つ星のうち4.7
形式: Blu-ray|変更
価格:¥6,181+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年3月31日
放映当時、私はこのアニメに対してどちらかというと、あまりいい印象は無く
「戦車と女の子??ありえないわー、どうせオタクに媚びた中途半端なアニメだろ」
こんな気持ちでテレビ放送は一回も見ませんでした。
茨城の隣県に住んでいるので大洗に行くこともあり、地元の賑わいを見ても
「なんでこんなに人がいるんだ???まぁ、賑わうことはいいことだ」と完全に他人の祭りでした。

TV放映から年月も経ち・・・ある日、映画でも見にいくかと思い、近所の映画館のスケジュールを見ると
劇場版ガールズ&パンツァーのタイトルが・・・
「あんだけ大騒ぎしてたタイトルだし試しにちょっと観にいってみようかな・・・」との思いが
もともとミリタリー好きで大戦時の戦車には興味がある、しかしアニメの美少女はなぁ・・・
と結構迷いましたが、プライムで無料視聴できるし、とりあえずTV版の第1話だけ観てみるかと思い早速視聴してみました。

視聴し始めると、早速主人公達の戦車が登場します。
「お!早速、戦車戦か!!どれどれ・・・ん!?バレー部復活!?金!?ピンク!?のぼり旗!?なんじゃこの戦車は!!!
やっぱりありえねー!!」と思い視聴したことを後悔したかと思いきや
「ちょっとまて!この戦車の動き・・・すげー!!!!今のアニメって、こんなによく動くの!?音もいい!!」と正直びっくりしました。
冒頭の戦車戦のシーンから、すぐに日常パートに移行しますが、登場するキャラ達は、アニメの女の子に抵抗があった私でも
すんなり受け入れることができました。むしろ各キャラにしっかりと設定があり、捨てキャラがいません。
(この後、観続けて判明したんですが、パンチラなどいわいるお色気シーンが少ないんですね。自分にとってはこれも大きかったと思います)

そして気づくと、この作品に引き込まれ、食い入るようにみていました。
はっきり言ってこのアニメは現実とかけ離れた設定が多くあります。
「乙女のたしなみ戦車道!?なんじゃそりゃwww」
「戦車で戦ったら死んじゃうでしょwwwカーボンってwww」などなど・・・
これをなぜ受け入れることができたかというと、リアリティと遊び心がうまく共存してるんですね
例をあげると・・・
・戦車はビックリするぐらいよく書き込まれて、駆動部の動作もとてもリアルです。
・対して戦車戦などは見る側が楽しめるようにある程度、アニメチックな動きをしたりします。
こんな感じで二つの要素が素晴らしい化学反応を起こしているんですね。

ストーリーも基本の部分は、挫折から立ち上がる主人公モノいうステレオタイプですが
戦車道とういう突拍子のないものを描くにとてもマッチしています。
主人公やその周りの人間、ライバル達の中に、本当に嫌なキャラがいなく、
王道ストーリーと相まって、観ていて非常に清々しいです。

つらつらと書き綴ってしまいましたがこの作品、向き不向きはあるかとは思いますが
私にとっては最高の作品でした。ほんとに最高だぜぇヒヤッホォォォウ!!!!
タイムマシンがあるんならTV放送時に戻り、自分に食わず嫌いしてるんじゃねぇバカ野郎!と言ってやりたい!!
ちくしょー!!!自分のバカバカバカバカァ!!!!!ああああああ!!!
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月15日
特装版全巻購入しました。すでに4周観ましたが何回観ても飽きません。普通美少女キャラ物といえば最終回では適当にお茶を濁す感じで終わる作品がほとんどですが本作では感動の最終回となっております。作画レベルが前編通して非常に高いです。キャラ、メカ、背景パースどれも優良。才能結集という感じ。ストーリー構成が良く出来てます。世界中の実在の戦車が登場し、模擬戦をする訳ですが戦略的な面白さがあり登場校はアメリカやイギリス、ロシアなど世界の文化を反映していて面白い。背景も実在の物がほとんどですんなり作品世界に入っていけます。一番購入の動機となったのはプラウダ戦でノンナとカチューシャがロシア民謡の「カチューシャ」を歌いながら戦車で進軍してるシーン。とてもカッコ良いです。何度でも観たい。どのキャラも性格的に好感的なキャラが多く癒される。戦争はいけませんが戦線における仲間同士の団結の大切さはいつの時代にも通じると思います。特装版にはOVA版も入っており本編とつながりがあるので本編がボリュームアップされた感じでお腹いっぱいです。設定、音楽に至るまでスタッフが非常に勉強した感が残ります。戦争を憎んで戦車を憎まず??
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月18日
映画を観る前におさらいで見たくて大人買いしました。
息子と二人で一気に観て、映画館に足を運びました。
劇場版DVDが発売になったら即買いです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月5日
ガルパンの、テレビシリーズ版ですね。
大変、面白い作品ですね。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
友達に借りたガルパンの箱が痛んでしまい、買ってこっそり変えました。
ほぼ新品状態なので助かりました。
特典もちゃんと全て入ってました。
トランプ一式とキャラデザの島田さん?のキャラ解説書あとなんかもう少しついてたかと…!

梱包も安心の状態でした。本当にありがとうございました!!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月15日
はやかった!はやかった!はやかった!はやかった!はやかった!はやかった!はやかった!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト100レビュアー2015年3月31日
「パンツァー」というドイツ語に惹かれ、BS11の深夜アニメを録画したのは単なる偶然でした。そして、第1話を見て・・・「誰だ?こんなアニメ作ってんのは、何考えてんだ、いいぞもっとやれぇ-!」と叫んでしまいましたよ。小学生の頃からプラモデルを作るのが好きでした。特に、リモコンで動かせるので戦車が一番楽しかった。そんな旧プラモデル世代の私は、アニメの中でめっさ動き回る精巧な戦車達に目を奪われたのでした。

おそらく、このアニメと出会わなければ、一生ブルーレイディスクなんか買わなかったでしょう。私にはTVでタダで見られるものを、わざわざ何万円も出して買う人の気持ちを理解できませんでした。しかし、ガルパンのBlu-rayを見てからというものの、すっかり考えを改めました。緻密に作られた作品であればこそ、TV録画では気づかなかったところまでよく見えて、5倍?いやいや、10倍は楽しめるということを理解しました。毎回OVAが付いてくるし、秋山さんの戦車講座を聞けば、少年時代の熱い思いが甦るではありませんか!。

ストーリーもよく考えてあって、戦車も高校生達も、両方とも大切に育まれていきます。軍国主義など微塵も感じませんし、パンチラシーンも一切ありません。最近の私は、アニメのBlu-rayを購入することが増えてきましたが、いまだにこの作品のクオリティーを超えるもは目にしておりません。今期もTVで再放送があると思いますので、ぜひご覧になって下さい。よかったら、大洗にも遊びに行きましょう!、お魚も、お肉も、お芋も美味しいし、街の人たちはみんな親切で、アニメに対してとても理解のある土地柄です。このアニメを見て大洗に行けば、単なる観光ではなくなります。「あー!,これは・・・ではないかぁ」ということになり、楽しい一日をすごせると思いますよ。
0コメント| 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月19日
アニメのプロデューサーとはどういう人なのか。どういう風な仕事なのか。ガルパン杉山Pの話からなんとなく想像できてました。作品に対する思いがよくわかりました。成功した作品だからというわけではないですが、プロデューサーがいかに重要かがよくわかりました。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月29日
かつて戦車をアニメできちんと動かすのは困難だった。
時は移り、技術の進歩でCGが使えるようになった。
しかしCGで戦車を動かせるからといって実際に劇中で戦車をカッコよく見せられるかどうかは全く別の問題だし、キャラに魅力がなかったりお話がつまらなかったら台無しだ。
このアニメは、その辺を全部クリアしてるのが凄い。戦車戦をメインに扱ったアニメのエポックでありながら、エンターテイメント作品としてのトータルの完成度が非常に高い。
1クールの中で何をどう見せるか、何を捨てるかのバランス感覚も絶妙。一本芯がとおっていて、かつ各分野のスタッフそれぞれのスキルが高く、すべてが見事に結実した作品という印象だ。

固定ファンの付いた既存のモノを扱う時は、必ず反発が湧き起こるものだ。
かくいう私も以前から趣味で戦車のプラモデルを作っていた人で、放送前は萌えアニメに戦車を添えた程度のイロモノなんじゃないのとかなり批判的に構えていた。しかし見て180度印象が変わった。
確かに戦車のスピードが速すぎるんじゃないかとか、いくら安全に配慮したシステムを搭載してても何故ミニスカートで乗るのか、とか現実世界と比べ出したら気になる。
しかし、そういうことはこのアニメでは気にすることじゃないですよ、というのは実際ガルパンを見たら分かる。そういうことが気にならないくらい熱くなってしまう。戦車が速いのは盛り上がるからだし、ミニスカートなのは嬉しいからだ。それでいい。
学園艦などの舞台装置を用いて世界観を構築するなどワザを効かせるのもうまい。こんなアホみたいに巨大な船が普通にある世界だから、前述のような疑問など些細なことに思えてくる。
リアリティの中に小さなウソを混ぜて説得力を持たせるのはSF作品でよく見られる手法だが、ガルパンの場合序盤から学園艦という大きなウソをぶち上げることで、小さなウソを意味消失させているわけだ。

ガールズ&パンツァーは、戦車という既存のモノを使いながら、新たに戦車ファンを増やすことに成功したばかりか、私のように美少女がいっぱい出るアニメをスルーしていた層までも引き込んでくれた。
逆に既存のモノを利用しておきながらいい加減なものを作ると大変なことになってしまうので、プロデューサーや監督、スタッフは相当の覚悟を持ってこの作品に取り組んでおられたのだろうと思う。
例えば既存の有名ブランドの名を冠したアニメを作るのに何故かそのジャンルをよく知らない人が違う畑からやって来て、お前らこういうの好きなんでしょ解る解る、とばかりに見当違いのネタを垂れ流したらどんな作品になってしまうだろうか。新規のファンが増えないばかりか、既存のブランドが価値を落とすだけだ。
世の中には、どうもそういうグダグダな状況下でひり出されたと思しきアニメも転がっていて、もともと有名なブランドだけに間違って見てしまい気分の悪い思いをさせられることもある。ガルパンは、そういった駄目アニメとは全てが真逆の作品だと思う。

戦車道はチーム戦だ。オレがオレが、と身勝手な一人を中心に都合良く世界が回るようなお話じゃ、見ていて共感なんてできない。主人公も時には悩み、みんながいるから強くなれる。それが人間というものだろう。
ガルパンは、多少ベタ気味な展開とは言え戦車ばかりでなく人間をきちんと描いている。このへんは脚本家さんの手腕によるところが大きいのかな。
アニメ制作もチーム戦ですよね?やる気と能力のある人たちが集まって、それを潰さずに引っ張れるリーダーがいたから、ガールズ&パンツァーは素晴らしいアニメになったんじゃないでしょうか。
0コメント| 411人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月21日
女の子と戦車?と思いましたが、観てみたら面白いです。

劇場版が大人気なのも納得です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告