Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
30
5つ星のうち4.6
スタイル名: ボディ|変更
価格:¥84,673+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト50レビュアー2015年3月27日
D7000からの買い替えです。
主に旅客機や戦闘機・鳥・鉄道・野球の試合、屋内でのライブコンサートやダンスステージなどを撮影しています。

カタログスペック上はD7100に比べ、それほど進化が感じられず賛否両論ですが、高感度画質・暗所のオートフォーカス精度・連写バッファー・ファインダーの見やすさなどが向上しており、地味ですが基本性能を上げて欠点を減らす正統進化をしています。いたずらに連写速度を上げてピンボケ画像を量産するよりは、好感が持てるしっかりと基本性能を向上した玄人好みの改良です。
画像処理エンジン「EXPEED 4」の進化も素晴らしく、絶妙なホワイトバランスやトーン・発色・ディテールの再現力も優秀、フルサイズにも匹敵する広大なダイナミックレンジ、高度なノイズ処理など撮って出しのJPEG画像のレベルが高く、RAW現像しなくても使える写真が増えそうです。
D7000も名機でしたが、暗所の位相差オートフォーカスの精度が悪く、夜間や屋内など暗めの場所ではいつもライブビューのコントラストAFで遅いフォーカスを我慢しながら撮っていました。改善を期待してニューモデルを待っていましたが、連写を多用する私はバッファーの少なさでD7100はスルー、理想を満たしたのがD7200です。

スピードライトを使用できない屋内撮影をすることが多いので高感度画質向上は嬉しいですね。
今まではISO3200以下で画質を妥協して撮っていましたが、ISO6400でも躊躇なく使え常用感度2段UPは伊達ではありません。
暗めの室内でもオートフォーカスセンサーの精度は優秀で中央1点のみ-3EV対応ということですが、ほかのフォーカスポイントでも人が行動できるくらいの光量があれば、被写体をしっかりと捉えてくれ、D7000とは比べ物にならないすばらしいフォーカス性能に感動を覚えるほどです。もうライブビューのコントラストAFに頼る必要はなくなりました。
フルサイズには敵いませんが、高感度画質と低照度フォーカス性能ともに非常に優秀でAPS-C一眼としては随一の暗所性能に不満はありません。

画質はD7000と比べ高画素化とローパスレスの恩恵でかなり精細感が高くなっており、すばらしい解像度です。
ミラーショックがD7000と比べかなり抑えられており、安定したファインダー像と撮影が可能で、振動によるブレもかなり軽減されています。
進化した「EXPEED 4」と合わせ、画質も現時点でAPS-C一眼としては最高クラスでしょう。
更にピクチャーコントロールの調整項目に明瞭度が追加され、調整の自由度が高くなりました。

D7000では問題なかったサードパーティ製のレンズ、SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(2013年3月購入)に手振れ補正が動作しない不具合がありました。
過去に「D5300」との組み合わせにおいて、手ブレ補正OS 機構やオートフォーカスが正常に作動しない問題(2013年11月)でSIGMAから対応ファームウェアーが出ているので、メーカー(SIGMA)送りでファームウェアーの更新を実施しました。
ファームアップ後、不具合は修正され手ぶれ補正は正常動作しオートフォーカスの狂いもなく完璧に動作しています。
カメラ店の方に聞いたのですが、キヤノン製のデジ一でもオートフォーカスに不具合が出ているそうです。
対策前のSIGMAの該当レンズをお持ちの方は、あらかじめ最新ファームウェアーに更新しておくことをお勧めします。

ファーム対応後に購入したSIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSMは問題なく使用できています。
当然ですがNikon純正レンズは全く問題なく動作しています。

D7000同様グリップが浅めなので、やや重くなりますがバッテリーパックを装着すると格段に持ちやすく安定した撮影が可能になり、私は常に付けっぱなしです。
D7000のバッテリーパックは微妙なガタつきがありましたが、これも改良され完璧な一体感です。
バッテリーパックは純正バッテリーと単3電池6本が使用可能で、私はリーズナブルで使い勝手が良い充電池のエネループを使用しています。
エネループでも純正バッテリーとほぼ同等の使用時間です。

肩液晶表示の文字が大きくなり見やすくなりましたが、その分情報量が減り少し残念です。特にフォーカスのモードがファインダー内、肩液晶共にフォーカスモードボタンを押さなければ確認できなくなったのは不便ですね。
ファインダー内の水準器表示がほかの情報と別表示になり両方表示されるようになったのは便利ですね。

Wi-Fi搭載・NFC対応で画像のシェアや転送が容易になり、Wi-Fi機能専用アプリケーションを使用すればスマートホンやタブレットでリモート撮影できるなどの最新機能も搭載されました。
このカメラはバリアングルモニターではありませんが、このアプリを利用すればスマートホンやタブレットを別モニターとして利用でき、バリアングル以上の使い方も可能です。

D7000と比較すると、あまりの進化に時代の流れを感じずにはいられず、予想を超えた出来の良さに大変満足しています。
D7000以前のモデルから買い替えを検討している方には、ためらう理由はありません。
私の理想に近いこのカメラは長い付き合いになりそうです。
review image review image review image review image review image review image review image
0コメント| 177人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月25日
9年程D80を使い続けて買換えをしました。
7100では連射時のバッファーの無さがよく言われていましたが、私が待望していたのは高感度での画質の良さ。
子供の空手の試合などを撮るときなど連射も欲しいですが、それはタイミングでカバーすることもできます。
しかし暗い望遠ズームではシャッタースピードが上げられないし、感度を上げれば画質がひどいし
体育館でのスポーツ撮影では高感度性能の必要性を感じていました。
そしてEXPEED4が搭載されるのを待ってD7200を購入して、まさに私が待ち望んでいた絵が撮れました。
18-200mmの長い望遠ズームがとても明るいレンズかのように早いシャッターで明るく綺麗に撮れます。
ISO3200なんてまったく屋外と変わりなく綺麗です。ISO6400でも多少荒れますが十分使えます。
体育館での撮影や旅行に行くのに単焦点レンズも持ち歩いていましたが、これならズーム1本でどこでも撮れそうです。
オートフォーカスの精度もすごいです。動きの不規則なスポーツの撮影でも素晴らしい食い付きです。
前機種とほとんど変わらないデザインが新鮮みがなく、重量ももう少し軽くなって欲しかったです。
しかし知人のEXPEED3搭載機種と比較して映像エンジンのバージョンアップの差はすごく大きいです。
0コメント| 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年3月31日
【2016年1月追記しました】
【ボディ】
Canonの8000D、X8iがバリアングルで登場し、D7100後継機もバリアングルが期待されましたが、残念ながら固定式液晶です。
ボディは、D7100をそのまま承継しており、D5500の秀逸なグリップを触ってしまうと、
NikonDXのミドルレンジ機としては、やや物足りない気分です。
往年のD200、D300ほど重量はありませんが、十分な剛性はあるのでしょう。
【画質】
休日に桜を撮りに京都まで足を運びました。
まだ太陽の角度は低く、午後2時過ぎには、逆光ぎみとなるこの季節ですが、あくまで直感ですが、
D5300よりも、明らかにダイナミックレンジが広くなっています。この点は進化を感じます。
 背割のソメイヨシノ群列と、ややガスってた空、そして芝生の緑が、昨年のD700では再現仕切れずにレタッチしましたが
このD7200では、ノーレタッチで、トビのほとんど無い、木樹の濃い深みから、ソメイヨシノの輝く花びらまで、あますところなく、からめ撮ってくれました。
高台寺のしだれ桜は、午後からは、逆光となり、観光客泣かせとなりますが、花びらが真っ黒とならずに、
なんとか、踏みとどまってくれます。(SB700でのFP発光併用ですが)総じて、ダイナミックレンジの広さと、
色の再現性は過去のDX史上ダントツだとおもいます。
【AF】
AFは極めて精密。AFエリアは、AUTOエリア設定で、人物を、カメラが見分けることができて、
背景に合焦位置が流れることはありませんでした。
 暗所でのAF性能ですが、AF補助光が届かない、夜景でも、一瞬でピントが合います。
昨年中古の18-70mmf3.5-4.5Gを購入しましたが、中古ということもあって、D5300では、ピンぼけが多かったです。
しかし、本機に取り付けて試写してみると、思った以上にピンぼけは少なく、600万画素時代のレンズと思えば、
本機によってその性能をあますところなく出しきれたと思います。D7200はこのような古いレンズを再び蘇らせることができる一眼レフです。
【高感度性能】
作品前提で言えば、ISO8000ぐらいまでなら、通用する画質です。
ISO10000ぐらいの高感度域でも露出が自然で違和感がなく、公称-3EVのAF感度と相まって、
今までなら諦めざるを得なかったシチュエーションも、本機なら作品の表現が可能になることも多いと思います。
【Nikonユーザーへ】
以下の点は、Nikonユーザーなら理解してもらえると思いますが、コスト削減のためか、従来の機能が削られています。
まず、AFエリアポイントの状態表示が上面、背面液晶(インフォ画面)ともになくなっています。(D7100ではinfo画面で確認可能)
AUTOエリアなら良いだろうが、ワンポイント選択で今、どの位置にAFポイントがあるのか、
ファインダーを覗かないと確認できないなんて。今後、ミドルクラスはこの仕様になるのか、と思うと悩ましいです。
 次に、インフォ画面からiボタンを押すと、下部に2行になった基本的な項目にジャンプして変更できるインフォジャンプ設定がなくなっています。
なので、インフォ画面はあくまで現状のセッティングを確認するだけになってしまいました。
 さらに上面表示パネルの表示内容が、D700、D7100よりもかなりはしょられている!
D7100では、57項目もの設定項目が表示できました。しかしD7200では、9項目のみです。
SSや絞り、ISO感度や、撮影可能枚数などの、ごく基本的なものだけです。ボディを小型化する過程でやむを得なかったのでしょうか。
【総評】
 画質は、D5500同様、このクラスではブッチ切りでしょう。
「正常進化」という範疇では、明らかに前世代機をブレークスルーしてることはわかるんです。
ただ、バリアングルもなく、像面位相差AFもなく、操作性なども省かれた部分もあり、悩ましいところです。
日本の経済力を考えれば、日本人にとってのスタンダードな基準はDXではないのかと思えるのですが・・・
文句があるなら高級なFXへどうぞ、というNikonの声が聞こえてきそうな印象です・・・。
【追伸】
Nikon歴7年ぐらい経ちますが、今回初めて初期不良ロットを引きました
(東芝SDHCカード同梱1万台モデル)
使用一日で、全く電源が入らなくなりましたので、Amazonプライムで返品処理となりました。
【D500発表!】
やはり、往年の名機D200、D300を扱ったユーザーからすれば、D500の発表は相当遅かったですが、Nikonの技術力を考えれば妥当だと思います。 D7200はミドルユーザー向け、本気でDXを貫き通したい方はD500を選びそうです。
review image review image review image review image
0コメント| 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月19日
非常に気に入りました。機能がたくさんありすぎて未だ全部を使いこなせていませんが、Wi-Fiはいいですね。その場でスマホに同期して友人にLINEなどで送信できるので。友人の写真を写真にして渡さなくてもいいのでこの機能はつかえます。
18-140のレンズも使えます。特に旅行に行ったときはいいですね。ポートレートから風景までこれ一本よかったです。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月23日
野鳥撮影がメインで風景も撮影するようなカメラの使い方をしています、野鳥7で風景3ぐらいの比率ですかねD7100を使って
いたのですがもう時期3年になり買い替えを考えていました、D500が第一候補だったのですがまだ不具合の多いこともあり
もう少し待ってからと考えているところにD7200の価格が下がり買ってしまいました、第一印象はネームプレートだけが違う
という感じでしたが使ってみると別のカメラみたいに性能UPしていて驚いてしまいました。

1 RAWデータで連写した時のバッファがD7100の3倍か条件によってはそれ以上です、SanDisk ExtremePro 95MB/secを使用して
の結果です、安心して連写できますというかこれが普通ですよね。

2 画質はISO400ぐらいまではD7100と同じぐらいか少しだけ良くなった感じですがISO800あたりからこちらのほうが良くなって
行きますD7100だと1600までにしておこうといつも思っていたのが6400まで余裕で使えてしまいます試しに12800も使って
みましたがDXO Optics Proのプライムノイズリダクションで普通の画質になりますいずれも12bitロスレスRAWでの結果です
Jpegだと6400ぐらいまでかなでもすごい!

3 オートフォーカスモジュールがD750と同じ最新の51点-3EV対応になっているためD7100だと迷ってしまうような暗い条件でも
面白いように合焦しますAFSでセンター使用での結果です、AFCダイナミック9点で飛んでいる鳥を撮影してみましたが背景の
コントラストが高い場合でも食いつきが良く明らかに良くなっています、レンズはタムロンSP150-600を使用しています。

4 2016分割測光モジュールがD7100よりも正確になっていますのでハイライトシーンが白トビしにくいですね自分の思ったとおり
の設定でいけますオートホワイトバランスも正確になっていていいですね。

カメラレビューなどをみるとD7100からアップグレードしてもあまり変わらないようなことを言っていますがそんなことはないと
いうのが私の感想です、野鳥撮影メインでD7100を使っている方には有りだと思いますよ何しろDXOMarkのセンサー評価は87点で
APS-C機ではトップですからこのスコアは一昔前のフルサイズ機D3Sと同じですよちなみにD500は83点でD7100と同スコアです
ISO400までは500より良くてISO800から3200までは同じそれ以上で1/3または1/2段D500が良くなっているという結果が出ています
誰もがD500に期待した高感度性能がこのカメラとほとんど同じ、低感度では負けているということですね残念です、でもD500は素晴
らしい機能満載のカメラですから間違いなく購入することになるでしょうねもちろんD7200は手元に残して併用していきますよ
素晴らしいカメラですものちなみに7100このカメラ使用して2週間後に売却してしまいました最初は併用して行くつもりでしたが
このカメラ使うとあまりにも見劣りしてしまい残す気にはなりませんでした。
D500は特定の用途に適したカメラという感じですがD7200はオールラウンダーですね誰にでもすすめることが出来るカメラです。

ISO6400と12800の写真ですRAWで撮影して現像したものですこんな高感度でもまったく問題ないです。
review image review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月11日
キャノンのX7のダブルズームからの買い足しですが、主に飛行機の撮影がメインなので、レンズ交換が発生した場合どうしても埃が入ってしまうので
70Dの中古もしくは80Dを買い足して2台体制にしようか悩みましたが
メーカー純正の18-300mmの便利ズームのあるこの機種にしました。
さすがに夜間では、静止状態しかまともな撮影は無理ですが、これに対してはF2.8レンズを夜間用に持てばいいのであまりレンズをたくさん持ちたくないのと本体の性能が今までと比較にならない上に、1.3Xクロップでさらに望遠が効くため、35mm換算で600mmに相当するくらいズームが効くのが魅力ですし、レンズ込みで1.5㎏以下なので、基本手持ち撮影する私にとってはうってつけだったのが購入の動機です。持ち運びもカメラケース(ハクバの11Lアルミケース)にレンズを付けたまま収納できるようになって整理しやすくなったので私にとってはいいことずくめです。
review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月12日
 これまでD80を使っていました。操作方法もほとんど変わりないですし、なんといってもISO感度が800ぐらいしか使えなかったのが、6400も使えるようになり、舞台撮影など、大変重宝しています。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月8日
D7000からD7100への進化は大きかったですが
D7100からD7200への進化は実際の所、バッファが増えただけと思った方がいいです
RAWで撮影した場合は、CapturaNX-Dで同じようにノイズリダクションを使えばノイズも同程度です
センサー自体は誤差の範囲しか高感度が良くなっていません
jpgで撮影する人にはEXPEEDの進化で高感度が良くなったように見えますけど.....

色見の違いも、CaptureNX-Dで現像するときにピクチャーコントロールでカメラ互換になっている所を最新のピクチャーコントロールに変えればD7100で撮った写真もD7200などのEXPEED4シリーズで撮ったのと同じようになります

連射は必要としない場合は価格の安くなったD7100でも十分なんですけどね
僅かながら暗所AFが良くなったので私は2台とも買い換えました

D7200を使ってからD7000を使うと、よくこんなカメラを使ってたなって思える程AFは進化してますよ
D7100は今使ってもAF精度も悪くなく全く違和感ないです
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月15日
ニコンF2に始まったニコン党ですが、デジタル一眼はD70から、D80、D600、D5300そして本機、D7200とやや迷走気味ですが、戻るとこに戻ってきた感じです。操作系は修練されたスッキリ感で、画質も文句なし!やはりD600は重量感が・・D5300はファインダーの貧弱さが!結局一番長く使ったD80系の本機が一番使いやすい感じです。年齢もあるのですが、山での撮影や自転車での撮影にはある程度の軽さと性能とのバランスが大切です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月7日
画質は文句なし。唯一上部液晶モニターの情報量が減少したことは減点かな。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告