Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_booksbusiness psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 熊本県フェア 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
6
ダイワ(Daiwa) ベイトリール 15 ソルティガ 10H
サイズ: 10H|変更
価格:¥39,749+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2017年3月10日
購入後、一年半ほど使用してますが特に問題ありません。ドラグのクリック音が機能として記載されてますが音はなりません。(もしくは凄く小さい音?)震動はします。17ジガーも購入しましたが比較するとドラグのクリック音とハンドルの形状が違います。ハンドルは個人的にはラウンドノブの方が好きなのでソルティガの形状の方が良いです。ドラグのクリック音は残念ですが機能的には17ジガーと大差ないと思います。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年2月1日
年末たまたま特価になっていたので買いました。使った感じはなかなか良いですけど、後は耐久性ですね。
|0コメント|違反を報告
2017年4月12日
特にめちゃくちゃ気に入っている訳でもないですけど、普通に満足して使えてます。スロージギングとして使用。
ジガーとソルティガどっちも使ってますが、正直使用感はさほど変わらないです。
メーカーの好みは別れると思いますが、(自分はシマノが好きなんですけど)現状どっちか悩んでるなら比較的最近出たソルティガを推します。ソルティガはスペアスプールありますし、バックラッシュでどうにもならなくなったときにジガーとは違って船上でワンタッチで変えられるのは相当なアドバンテージです。
ジガーはそろそろ新しいのが出そうで出ないですね(16年に3000番がでたばかりなのであと数年は今のモデル?だと思う)

ハンドルがステンっぽい素材のスロージギング用謳って発売した奴がありますが、あれはメーカーは何を考えて出したんでしょうか・・。ジギングはグローブつけるとは言え、夏は日差しでメチャクチャ熱くなるし、魚触ったあとハンドル握ると滑るし、冬は冷たくてさむいし。重いし。ギア比はこれと同じですから、Tハンドルが好きな人はこちらを買ってスタジオオーシャンマークのハンドルの購入をおすすめします。自分もそうしてます。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年3月7日
2015年に購入し、2018年現在でも故障やゴリ感、シャリ感など無く問題なく使えています。
マグシールドの恩恵でしょうか?メーカーのアフターサービスなど使っておらず、釣行後の冷水洗いと定期的な注油、グリスアップをしているだけですが、新品同様に使えています。
以上から耐久性に関しては十分だと思います。

使用した感触ですが、東京湾のタチウオのスロー系ジギングやイナダのジギング、屋久島のカンパチジギングや、外房のワラサ・ヒラマサジギング等色々なジギングに使用しましたが、非常にパワフルで魚とのやり取りは大変スムースでした。
ハンドル1回転100cm回収するハイギアベイトリールとは思えないぐらい軽く、力の入力がし易いのもありより一層パワフルなファイトができます。

ドラグに関してですが、中型以上のカンパチやヒラマサを相手にする際、ドラグを結構締め気味にするのですがやっぱりドラグは出されます。こういった下方向に走る魚とファイトする際、ドラグを出されるのは根ズレのリスクが増す訳ですからかなり怖い事なのですが、好き放題魚を走らせてその分だけ糸を出す様なドラグではなく、糸を出せば出すだけ魚が苦しんで行く様な、ジワーッと徐々に魚にブレーキを掛け、最終的には走りを完全に止めさせる、そんなドラグでした。ドラグで糸が出る際も引っかかり感みたいなのは殆ど無く滑らかでした。ダイワのATD搭載機種はこれの他に持って無くどんなドラグか不安でしたが、優秀なドラグで信頼してます。

ドラグ音に関して賛否両論あるようですが、ドラグ音のヴォリュームは小さいですが、機構がリールの下の方に入っているらしく、ドラグで糸が出されるとリールが振動します。その振動でどれだけ糸が出ているか把握出来るので個人的にはこのドラグ機構に関しては問題なしです。

後、プレートが左右非対称でパーミングプレートの背が低くなっており、このサイズのリールとは思えないぐらいパーミングがし易いです。なので手の接着面積が増え感度の向上に貢献しており、竿と合わせた時に非常にホールドしやすくよりパワフルなファイトができます。

当初これを購入した際、外房でのブリ・ワラサ・ヒラマサや遠征でのワンピッチで使うつもりで購入したのですが、スロージギングもこれでしたいと思い結局SOMのT字型ハンドルに付け替えてしまいました。
スロージギングもワンピッチも両方したい場合は最初からT字型ハンドルを搭載し、それに合わせてクラッチレバー、ドラグノブを大型化したSJ版を買ったほうが良いかもしれません。

スプールの交換機能があるのでショックリーダーが切れてしまったり、高切れした場合でも予備のスプールにリーダーと糸を巻いておけばすぐに釣りが続行出来る手返しのよさ、スペアスプールに色々な号数のラインを巻いておき、様々な状況に1台のリールで対応出来る汎用性の高さも気に入っております。

レベルワインダー無しリールを使うのは怖いと感じてる方って結構いらっしゃいますが、余程雑な使い方をしない限りはライントラブルは起きません。
糸をスプールにパンパンに巻いた状態でリトリーブする場合はある程度適当に親指でラインを右から真ん中そして左に、左から真ん中そして右へとラインをさばいておけばスプールにそこそこ均等に巻けます。
親指レベルワインドが面倒だと感じてる方は敢えて、スプールにパンパンに糸を巻かず数mmから数cmスプールに余裕をもたせれば親指レベルワインドせずにリトリーブしても、時折糸の山や糸の片寄りが出来てしまいますが、ライントラブルは発生しません。(スプールが浅くなるので1回転での回収量は減りますが。)
ただスプールエッジより高い糸の山や片寄りを作ってしまうと折角のスプール交換機能を殺してしまうので糸の山はスプールエッジよりも低くした方が良いです。

糸をスプールにパンパンに巻かない場合はリトリーブ量が減りますが、逆にそれを武器にできます。
ベイトリールは構造上、スプールが分厚くなればなるほどハンドル1回転でのリトリーブ量が増えます。
そこで敢えて糸をスプールにパンパンに巻かず、浅めに糸を巻くことでリトリーブ量を調節出来ます。
このリールはハンドル1回転でスプールが6回転して100cm回収しますが、1cm浅く巻けば1cm×6回転でマイナス6cmよってハンドル1回転での回収量は94cm、2cm浅く巻けば2cm×6回転でマイナス12cmよってハンドル1回転での回収量は88cmと回収量を調節出来ます。(※あくまでもこの計算は直線の計算で、円周率と合わせて計算していないので実際にはもっと回収量は減ると思います。)

以上よりこのリールは、パワフル、優秀なドラグシステム、シルキーな巻き心地、スプールの交換機能、パーミングプレートの構造等素敵な要素が満載で優秀なリールで気に入っております。

一応動画レビューも作りましたが説明が拙いかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=x6dG_K2Cx6o&t=318s
|0コメント|違反を報告
2015年7月14日
電動リールと同じくらいのスピードで巻き上げられ、期待していた機能で満足です。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年7月25日
いまいち。オシアジガー1500の方がいいかなぁという印象です。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|1コメント1件|違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)