Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
24
5つ星のうち4.3
スタイル名: 天体撮影専用|変更
価格:¥340,362+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年7月17日
 他機の追随を許さぬ36MPフルサイズ機がモデルチェンジ、
その画質に圧倒されたD800/D800Eの後継とあって、
「手に入れないわけにいかない」とばかりに購入。

 詳しいインプレは色んなところで出て来るでしょうから、
まずはD800系と比較しての使用感を。

 レリーズ音が話題になっていますが、これは好みの問題ですね。
確かに静かになり、上品なイメージ。
ただ、私はD800系でも特に抵抗はなかったですし、
D700の何とも言えない金属音的な方が好きですので、
評価対象外です。

 持ち味は言われなければ分かりませんが、
もともとホールド感が良く、またボタン類の配置が実に絶妙だった
D800系ですので、取り立てて言うことはありません。

 肝心要はその画像でしょう。最新の58mm1.4Gで何十カットか
撮りましたが、チョイと絞ってピンが来れば鳥肌モノです。
特に人物などはディテールが出過ぎで、後処理が必須なくらい。
こらぁ草花等、マクロの微細な写真が合うわ、ってな感じですね。

 一番良かったのはAF。明らかにブラッシュアップされた感じ。
D4Sと変わらぬフィーリングで被写体を捉えます。
ファインダーの見え心地も良く、軽快に撮影できますね。

 総じて、何が良くなったと言うよりも、
欠点が見当たらない、非常に完成度の高いカメラだということ。
ついつい提灯記事みたいなインプレになりますが、
それほど非の打ち所がない、優秀なカメラです。

 D800系は「尖っている」と言われたりしましたが、
決して気難しいマシンではありません。
私のような素人にもカンタンに、良い写真が撮れる、
決してプロやハイアマチュア向けということではないと思います。

 未だライバルらしいライバルがいない、
そんなマシンを世に送り出してくれたNikonに感謝、です。
0コメント| 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
D800はフルサイズとしては最大限の画素数を実現しました。
しかし、フルサイズとは言え35ミリ版相当の素子の中に未曾有の(?!)画素数を詰め込むのですから、
逆の見方をすれば小型デジカメに1000ミリの望遠レンズを付けたようなもの。
少しのブレも拡大すると露見することが判ってきました。
もちろんそれは小さい画像ではなく、最大限に拡大した場合です。

写真がボケている理由の多くはカメラブレ、というのはプロの常識ですが、
速いシャッターでもブレるという難しさに驚いた写真家を何人か知っています。
三脚を置いてミラーをアップすれば改善する筈なのにです。
三脚もしっかりしたものでなくてはならない。

外見はほとんど変わらなくマイナーチェンジと思われがちですが、D810を使ってすぐ違いに気付きます。
オートのホワイトバランスがとても良くなっている。
電球や蛍光灯など、こんなに黄色い場面ではないのにと不満だった点が改善され、自動露出も賢くなり、
ファインダーも見やすく、モニターは発色に優れているので同じシーンがより魅力的で補正が少なくて済む。
最新のレンズ群を使えばフォーカスも改善されて素早く鋭い。

テレビのニュースでご存知、記者会見でもシャッター音のうるさいこと。
D810の新しいシャッターは、カチャカチャ音とミラーショックに慣れた人には物足りく感じるかも知れません。
最近まで、パソコンのキーボードも叩く音がしないとパソコンらしくないと言う人もいましたが
信頼感を保ちつつ静かになったシャッターは抜群。
ショックが明らかに減衰されているので、手持ちで望遠の時などVRレンズ(手ブレ補正)があれば心強い気持ちになるでしょう。
しかも、三脚を構えてミラーアップすれば電子先幕シャッターなるものが使えるので、
ブレの脅威は大幅に改善されているのであります。
全部の条件をクリアーして最大画素で撮られたショットにはD800シリーズならではの精細な画面が現れて、
ニコニコとなります。

外見はほとんど変わらない。しかし、小手先の新製品とは違うD810がそこにはあります。
見方によれば最も重要な部分の改善と言えると思います。
D800の画像に精細さを求めた人にとって、今回の進化は大きいのではないでしょうか。
使って判る不満点が大きく改善されているからです。
誤解の無いように申し上げますが、D800もD800Eも素晴らしいカメラであることに違いはありません。
技術者は常に更なる向上を目指しているのですね。
0コメント| 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月27日
D800を長く使ってましたが、
D810に満を持して買い替えました。
タイランド製は殆ど気にはしませんでしたが、
実物を触ってみてびっくり!
随分とつくりがよくなっているではないか!
電池の蓋から、メディアの蓋がすばらしく良い!ではないか。
グリップも大変よくなっている。
大きな手の方はちょっと小さい感じがするかもしれないですが。

測光やフォーカスも随分とよくなっているではないか!
なにしろ写真の絵作りが違い、抜けが抜群に良くなっている。
D800系ではアフターでソフト加工していた手間がなくなりました。

キャノンに近い抜けの良さを感じます。
癖はあるでしょうが、使いやすくなったD810を堪能したいと思います。

シャッター音はD800が好みでしたが。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月8日
D7000からの「フルサイズ機の買い増し」に、D4sかD800E、D610にするかを悩んでいたところに本機の登場。
スペックを見て即決でした。

引っかかっていたのは、D800シリーズの連写速度。本機の実物を手にしてみて、そんなことは些細な事だと思い知らされた思いです。

このモデルの最大の特徴であり、同時に強みである「精細性」は正に「鬼」。仮にDXフォーマットにクロップしても、画角が狭くななるだけで精細性が失われるわけではありませんので、大きめのボディを背負って出かける価値は十分にあります。

欠点と言えば「良いレンズ」が欲しくなってしまう・・・というわけで、皆様、レンズ’沼には十分に注意しましょう。

(沼の底の住民より)
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月14日
モデル末期と言われているD750かD810かぎりぎりまで迷ったが質感、
シャッターを切ったときの感触、そして圧倒的(Nikonの中では)な解像度で
D810に決めました。
おかげでレンズに回す予算が無くなりレンズキットを購入するという微妙な選択になりましたが、
キットレンズの中でも意外と秀逸な方ではないでしょうか。ズームレンジも使いやすいです。
撮影した画像を等倍で鑑賞する方ではありませんが、ピント確認など行うと解像感の違いが
わかります。
次モデルがどんなスペックで発表されるかはわかりませんが、
このタイミングでD810、悪くないと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月1日
家電量販店で最初に手に取って試写した感じは正直余り良い印象は持ちませんでした。
D800Eのシャッター音と比較して良い意味では静かで大人しい(悪く言えば写欲をそそらない)フィーリングでした。しかもMade in JapanでもなくCapture NX 2に非対応という残念な条件まで付いています。

されど、ISO64〜12800の常用感度スペックや電子先幕シャッター、ブレを抑えるミラーバランサーは自身にとって前述した印象悪を考慮しても買替えを検討するに値する機能でありました。

D810を購入前、自身D800E以外にD3sとD7000も所有しており、その3機の中で最も出番の少ない機種が...D800Eである事に気付きました。理由として考えられる事はブレ止めがシビアで気軽に手持ち撮影して納得の行く写真を得るのが難しい機種だから出番が少なかったのだと思っています。少ないチャンスで歩留まりの良い写真を得たいのは誰しもが思う事で、D810にしてからは当方所有カメラの中でダントツの持ち出し頻度になりました!

三脚&ケーブルレリーズは元々使用していましたが、D800Eの時よりブレ写真は激減しました。
写欲をそそるシャッター音では無くなりましたが、それと引き換えにウリでもある高解像な写真が楽に得られます。手持ち撮影のような場合はその傾向は更に顕著になります。これならばローパスレスの威力が存分に発揮出来るのも頷けるというものです。結果、買替えて大正解と思うに至った訳です。

※Capture NX 2に非対応な件は今後、対応ソフトのバージョンアップで改善されて行く事を期待しています。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月23日
スペックの写真が確かに撮れるカメラです。D4SやDf等の特徴は無いですが。高解像度な写真の世界が広がります。
1コメント1件| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月14日
とうとうデジタル一眼を買っちゃいました。 はじめてのDSLR

比較的ゆっくりとした動き、静止、低速域の被写体を撮影用に最高のカメラと思います。
 「バラに水滴がつき、その水滴の中に青空が写りこんだりすると、感動です。」

高速域では航空祭でもかなり撮影でき楽しめました。
高速高感度域ではD5を使ってます。ISO12800でも何とか低ノイズ
 D5 Amazonに写真、下手ですがレビューしました。

自問自答:
1.なぜ、最初からDXではなくFXにしたか?
 ・DX機で写真のおもしろさに目覚めると、自分の事だからFXが欲しくなるだろうから
 ・思い立って直ぐには買わずに、DSLRは数年間、気持ちを抑えてました。
 ・D810を買っても、使いこなせないのでないか? そこで、
  最初に 中井精也さん(インプレス社)の本 DVDやスーパーブック
  完全ガイドを何度も見て撮影のイメージトレーニングと基本について学びました。
  自分の性格上、買ってしまうと使用説明書をほとんど見ないタイプなので、
   買う前だったら、DVD観れるし本も読め、説明書もPCでじっくり

2.なぜ、D610 D750 Df ではなく、D810か?
  ・D4Sは高くて手が出せず、なによりNIKONの最高画素数なので
  ・フルダイキャスト(ヘビーデューティーが好き)

3.人に勧めるか?
   もちろん、すすめる スタートは思い切ってこのクラス

4.使用経過レビュー
   1)ISO低感度域の豊かな階調を楽しめる
    光に余裕があるときは、なるべくISOを低くして(64 72 100 200)にして撮影してます。
    低感度域の高ダイナミックレンジを楽しんでいます。 といっても、数値はありませんが
    花の撮影で、花弁の白つぶれ、赤つぶれしそうな場面でも階調良く描写してくれてます。
   2)高画素
     高画素なので周辺を入れてざっくり撮っても、トリミングで画素数減があまり気になりません
     トリミングの自由度が広がったというところです。 トリミング次第で超望遠のようになります。
   3)重量感
     慣れました。 ストラップはPEAK DESIGNの SL-2 SL-T-2 SL-L-2等お勧めです。
   4)画質・解像度
     写し方が1番関係しそうですが、良く撮れます。 レンズも楽しんでいます。
     50インチのTVでスライドショーで見ていますが、素晴らしいできです。 きれいです。
   5)ピクチャーコントロールの「明瞭度」設定 (くっきり すっきり)
     この機能もD810からです NX-Dでいじっているとおもしろい。
      もわーっとやさしくしたり、しゃきーっとなります ・・・ まだの方はお試しをおすすめ
      
   6)レンズ 使用頻度の高いレンズ
     (1)105mmマクロ ・・・ 花 静物 人物 オールマイティー
     (2)35mm 50mm ・・・ 人物 家の中でちょい撮り 素直な距離感 
     (3)14-24mm ・・・ 夕陽、星景、景色、海、花、建物(外観、天井)、森、木(見上げて)
     (4)70-200mm ・・・ 人物、花、飛行機、鉄道
     (5)200-500mm ・・・ D5での使用が主
     (6)今後 Otus 28 55 85 ・・・ いつかはOtus

   6)その他の備品(私の場合)
     (1)バッテリーパック MB-D12(純正) かっこよくなります!
         その当時D4SにあこがれてMB-D12を買いましたが正解でした。
         写真は、D5との比較です。D810+はすごい迫力になりました。
     (2)電池 予備(ROWA)
     (3)液晶ガラスカバー(KENKO 0.15mm ガラス) おすすめ きれいです!
     (4)アクセサリーシューのカバー(ストロボさすところ) BS-3 (D5標準品) ・・・ 安い
        防湿庫から取り出す際に、アクセサリーシューをゴツゴツ打つ時の緩衝になるかな?
     (5)速写ストラップ PEAK DESIGN SL-T-2 や SL-2 (長さと色が違う) 同Amazonにレビュー
     (6)三脚用クイックシュー GITZO GS5370D (R付けやすり加工済)同Amazonにレビュー
     (7)メディア 高速書込みで高信頼性をチョイス!
       1)SD SD-SDXPA-128G SLOT2  (実測W:82MB/s)  JPEG 
       2)CF SD-CFXPS-128G SLOT1 (実測W:116MB/s) RAW 専用
     (8)アイピース 1)目当てゴム 遮光におすすめ DK-19
            2)アイピースDK-17 ・・・ 標準装備
                 DK-17A ANTIFOG曇り止め
                 DK-17F D5標準装備
review image review image review image
2コメント2件| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月4日
天体用と銘打ったデジタルカメラはニコンでは初めて、しかも業界初のフルサイズである(キヤノンではすでに20Daや60Da(いずれもAPS-Cサイズ)などの天体用機種を市場に投入してきた)。
宇宙に最もありふれて存在する水素原子は、星の光などで励起されると特定の波長の光(輝線)を発する。可視光(バルマー系列)では赤から青の波長域で4種類の輝線を発するが、その中で最も低エネルギーで容易に発する656.3nmの波長のHα(エッチアルファ)光は濃い赤色の光で、ほとんどの散光星雲(外部のエネルギーによって励起されて輝く水素ガスの雲)の可視域での色を決定している。そのため、この光に感度があるかないかはこの種の天体を写すときに重要だ。しかし、通常のデジタルカメラはこの波長域に感度を高くすると、正常なカラー再現ができない(赤くかぶる)ので、ほとんど感じないように「赤外カットフィルター」でブロックしている。そのため、天体に特化した撮影をする人たちは、このフィルターを除去して使用したりしているのが現状だ。ニコンで発売されたD810Aは、Hα光の感度を通常の数倍にアップしたモデルだ。赤い星雲が良く写るが、天の川や一般の風景もやや赤みを帯びて写ってしまうというマイナス要因も生じる。ちなみに、星空には赤い星雲以外の青い星雲(反射星雲)や、様々な原子が混在して光り輝きカラフルな色を呈する星雲や天体が少なくない。これらの天体の撮影にはむしろノーマルのフィルター特性を持った一般デジタルカメラが適している場合が多いことを知っておかれたい。D810Aは赤い散光星雲を写すために優れたカメラなのだ。
天体用で有る無しにかかわらず、一眼レフは、最適化された自社のレンズ以外の、たとえばテレセントリック性を考慮されていないレンズや望遠鏡を用いて撮影すると、カメラのミラーボックスによるケラレが生じ、周辺が大きく減光する。この810Aも例外ではなく、特にF値の明るい天体望遠鏡を使用したときにはその影響が強く出る。
D810Aの機能面での大きなセールスポイントは、暗い対象のフレーミングを容易にする「静止画プレビュー(露出時間が30秒以上の長時間で撮影した画像に相当する明るい映像を見せてくれる)」や、ニコンカメラの最大の問題とも言える「連続撮影枚数100コマ制限」が解除される機能、「電子先幕シャッター」が搭載されてはいる。しかし、なんと言うことだろう!「静止画プレビュー」は、景観写真で多用する30秒以下の露出設定では機能せず、「連続撮影コマ制限」も露出時間が4秒以上に設定しないと機能しない。流星や他の動体撮影で使用が予測される3秒以下の連続撮影では機能しないのだ。「電子先幕シャッター」もキヤノンに比べて使い勝手が良くない。つまり天体撮影でも、ひじょうに限られた分野に特化した存在となってしまっているのはどういうことだろう?
加えて、ノーマル機であるD810は、それ自体Hα光の感度が通常のカメラの倍程度あるため、テスト結果では約3倍の露出時間をかければD810Aと同等の濃度で赤い星雲が再現された。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月18日
D800からの買い替えなので、結構悩みましたが
昨日到着したばかりなのに、もう買い換えて良かったと思っています。

シャッターボタンを切った時の音がかなり小さくそして低くなっていて
1枚目は「今撮れたのか?」と思った程でした。
どなたかが書かれていた通り、運動会での撮影で最前列のビデオ組と
並んでても構わずにシャッターが切れますねw

ミラーアップも工夫をされたとの事ですが、
その効果なのか?新しい撮像素子のおかげなのか?
D800では貧相な私の腕だとブレていた場面でも
ブレずに撮れていました。
解像度は高いままなので全くブレ無いわけでは無いのですが、
確実にブレた枚数が減っています。これは嬉しい誤算でした。
まだ家の周りで試し撮りしただけなので今実感できているのは
この位です。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)