Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray FF8-AD 2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick 母の日ギフト特集 2017 花粉対策特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
53
5つ星のうち4.4
価格:¥10,990+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年6月20日
最近、アマチュアの間でもミート率の重要性が話題になっていますが、
これがあるのと無いのとでは練習の身の入れ方が全く違ってきます。
ナイスショットを数字で表現でき、しかも記録できるわけですから。

ただ、残念なことにヘッドスピードの数値に関してはゴルフショップ同様水増しがされています。
プロのトーナメントプレイヤーが利用する正確な測定器と比較すると8パーセント程高く表示されるそうです。
その機器を用いたある統計ではアメリカのプロの平均値がほぼ50ですので、GST-5では54と出るでしょう。

これは自身の実感と一致する値です。
私のマン振りで46と出ますので実際は42程度。
表示される飛距離は230ヤード程。GPSを用いたコース上の実測とほぼ同じです。
飛距離に関してはラン込みですのでキャリーは220そこそこでしょう。
馬鹿当たりでこれですから、平均飛距離は200を切ります。

飛距離に関する幻想を捨て現実を冷静に分析する態度こそ上達への道と考えます。
0コメント| 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月3日
リアルヘッドスピードより2〜3m/s速く表示されている感じです。

但し、ヘッドスピード=飛距離ではない事が実感出来ます。

やはりミート率が大事ですね。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月29日
前に使っていたGST-3Aが壊れた(パソコンにデータを送れなくなった)ため、新たに購入した。一番驚いたのは、本体の厚さが半分程度に薄くなったことだ。また、3Aは単三電池4本で重かったし、SDカードを取り出す度にその電池も取り外さなければならなかった。そrてが、リチウムイオンの充電池になったため、軽くなったのと同時にSDカードの取り出しも簡単になった。機能的にはさほど変わらないが、スイング回数が表示できるようになったことが新しい。そして、なんといっても、WEB限定で低価格で購入できたことも嬉しい。
いいことずくめで最初のレビューを書いたが、使ってみて分かったことを追記しておく。それは、PCでのデータ管理ソフトのことだ。このソフト、未だにWin10に対応していない。その為、新しくしたがデータの管理が出来なかったのだ。また、前使っていたGST-3の壊れたのではなく、データ管理ソフトが対応していなかったためと思われる。Win10に対応していないということが、サイト上には一切書かれていないため、Win10を使っている方は気をつけてください。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月17日
クラブごとの飛距離を管理できて、スコアアップには必需品ではないでしょうか。レンジボール(練習場のボール)の種類による飛距離の修正も係数を調整でき、自分の飛距離を正確に把握できます。クラブの振り幅を変えて距離を打ち分ける際など自分の感覚と実際の距離の違いを確認できたりもします。私は使いませんが、おまけでパターを打った時の状態も計測できます。
本体については充電池の容量は十分にありますので満充電しておけば他の方が書いているとおり、まず練習場で電池切れということはないでしょう。寸法も手に収まり表示も見やすくできています。専用ソフトもそれなりに管理可能です(要ダウンロード)。
これから頑張ってスコアアップをしていこうという方は持っていて決して損はしない商品と思いますよ!
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月8日
他の測定器も購入して使ってみたのですが、置くだけで簡単に測定できるのがとても便利で重宝しています。
ヘッドスピードよりミート率のほうが重要なことに気づかされました。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月12日
どんなスイングをすればヘッドスピードが上がるのか、ミート率が上がるのか、打つたびに確認ができます。

ドライビングレンジだと、多少ダフってもマット上でクラブが滑り、良い玉が出るときがあります。
そんな時にこれを見ると、確実に低いミート率が出て、スイングスピードの割りに飛距離が出ていません。

またマイクロSDにデータを写せるので、専用のソフトで集計が出来ます。

私はGST-5を購入してから、筋トレを始めました。
それから約2ヶ月経ちましたが、スイングスピードの平均が約7%向上し、これを利用しながらスイング作りを行った結果、ミート率も上がりました。

飛距離ももちろん伸びましたが、方向性も格段に上がりました。

どんな機械も使い方次第ですが、利用価値はすごくあると思います。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月24日
購入して数ヶ月使用した感想です。

数字はあくまで目安にした方が良いと思います。
お店でHSを計測する(いくつもの店舗で計測しても)とだいたい45m/sは越えていますが、これで測定すると43~45m/sです。
飛距離はだいたい220y~230y(キャリー)でドライバーは合っているという実感ですが、なぜか9アイアンだけはHSが40を越えていて正しく測定できません。恐らく自分のスイングなどの要因だと思われますが、いつも正確ではない、という証左だと思います。

飛距離は甘め、という評価もみますが自分は辛めです。
明かに150yを越えていても、140yと表示が出たりします。もちろん風の影響や練習場のボールであることを考慮しても、違和感があります。この機種に関しては、ロフト調整ができないので、飛距離係数というユピテル独自(?)の係数をいじる必要があると思います。導入当初、このスイングトレーナーの数字を信用してプレーしていたら、オーバーが頻発しました。アゲインストの風の中でもです。なので、今は飛距離係数で調整しています。

最後に、欠点をあげたような形になりましたが、自分のスイングが数字になるのは励みになります。どうやったら、HSが上がるのか、ミート率が上がるのか、を考えながら練習するようになりました。ただ漫然と練習するよりは良いと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月21日
ドライバーであまりに飛ばないので、現状を把握する為に購入。ヘッドスピードを見て幻滅、現実を突きつけられる。どう振ったらヘッドスピードが上るか試行錯誤できる。日々の記録もできていいのでは。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月9日
大満足
ヘッドスピードを上げるスイング方法の検討に役立っている。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月18日
以前プロギアの物を使用していましたが、マグネットみたいな物をヘッドにいちいち貼り付けなければならなかったが、今回の商品はそのわずらわしさがなく非常に簡単に測定できます。 HSアップ、ミート率アップに向け大変重宝しそうです。 大変満足 \(^o^)/
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告