Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray FF8-AD 2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick 母の日ギフト特集 2017 花粉対策特集 子犬の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 アウトドア 仮面ライダーアマゾンズ シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
57
5つ星のうち4.7
スタイル名: 6.5×21|変更
価格:¥12,069+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年6月22日
「一緒に買ってます」おすすめでVixenのストラップが出てきますが、不要です。 ワンタッチで脱着できる両持ちで首から下げられるストラップが同梱されています。
買わなくてOKです。
で、使ってみて。
さすが50cm合焦 強烈なアップです。 テーブルの向かいの彼女の顔を見てはいけません。 月面に見えます。
ロングアイレリーフでメガネをしていても余裕で画面いっぱい見ることができます。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年5月21日
これがないともう美術館の作品を見に行っても、その半分の価値もみいだせないでしょう。とにかくすごいです。もっと早く知っていたら大好きな若冲の筆致の全てを網羅できたと残念でなりません。これからやり直しの旅に出かけます。絶対の必需品。だまされたと思ってお買い下さい。特に東京の方々!あの馬鹿な混雑の遠目からでもじっくりと観察できますよ。アホくさい行列の波に飲まれることなく、離れたところからでもゆっくりと鑑賞できます。これを持っている人がいないのかが不思議なくらいです。このような逸品をこの世に出してくれたペンタックスに感謝!おまけに随分と安くなっています。驚き。
1コメント1件| 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月8日
風景写真撮影の下見用(撮影ポイント探し)に双眼鏡を物色していた折に当双眼鏡を発見。
前モデルを買うか、レンズコーティングが改良された新型の現行モデルを買うか悩んだが、1ヶ月ほどがまんして現行モデルを購入。
前モデルのレビューで見られた「黄色方向への色味の偏り」は現行モデルにはなくニュートラルで、視界もクリア。

当モデルの特長である目の前50cmからの最短焦点距離は、見慣れた世界を異世界に変える。
家の中で覗けばジブリ映画のヒロイン「アリエッティ」になったように、目の前の家具が巨大になって迫る。
テレビを見れば映画館のスクリーンを直前で見上げているようだ。
外に出て桜を見れば、花一つ一つのディティールを見ることが出来、そのままピントリングを回して遠景に合わせれば桜の木々が、望遠レンズのような圧縮効果によってボリュームアップして見ることが出来る。(6.5倍だと35mm一眼レフの325mm望遠レンズに相当する)
50cm先にピントが合う、ポータブルの実体顕微鏡のようだ。

ボディは、倍率を考えると「超コンパクト」とは言えないが、対物レンズの近距離シフト機構を組み込んでいるため、このサイズになるのはやむを得ない。
接眼レンズのアイカップは、裸眼と眼鏡で深さを切り替えることが出来る。
ピントリングは軽く、覗いたまま指先で軽く回せる。もう少し固めが好みだが、近距離などでのピントの微調整を考えればこの軽さは間違いではない。
付属のネックストラップの本体取り付けは、ワンタッチで脱着が可能。
付属の接眼レンズカバーは、左右連結され、一方にストラップホールが設けられていて、紛失防止にネックストラップを通すことが出来る。
付属のソフトケースは、パッツンパッツンで、ストラップを付けると格納するのが難しくなる。
底部に三脚穴が設けられていて、コンパクトな雲台なら直接取り付け可能(大型雲台に取り付けるための三脚アダプタは別売りオプション)。自分はここに、ピークデザインのカメラキャプチャプレートを取り付け、デイパックのショルダーストラップや腰のベルトにカチッとワンタッチで脱着出来るようにして使っている。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 Papilio 6.5×21を使用することで約50cmの距離から直径約65mmの対象を視野一杯に見ることができ、レビュー者は美術展などで離れた位置にある展示物の細部を見る楽しさを知りました。しかし、夜間、月や外灯などを見た場合にゴーストが発生することが気になっていました。そこで「全レンズ面とプリズムの入光面にマルチコーティングを施した、贅沢な「フルマルチコーティング」仕様。光の透過率を高め、フレアやゴーストを抑えた、クリアでシャープな見え味を実現します。」とするPapilio II 6.5×21を入手しました。「Papilio II 6.5×21を入手して良かった」を実感しています。
 PapilioとPapilio IIの対物レンズ側と接眼レンズのコーティングを比較し(写真参照)、大きく変化していること、月を見た時、Papilio IIはゴーストも気にならなくなっていること、そして近くの印刷物を見比べてPapilioに対してPapilio IIが紙の繊維の部分がより鮮明に見えることを確認しました。Papilioではゴーストとして現れていた内部反射の影響が改善され、透過率が向上した効果です。
 双眼鏡は単に遠くのものを拡大して見るだけでなく、肉眼では周囲の明るさによる瞳孔反射で瞳孔径が絞られて暗くしか見えない対象物を双眼鏡の使用で周囲の明るさの影響を低減して見られるようにしたり、肉眼では見たいものの前に明るい格子などがあると格子に焦点が合って奥に焦点が合わせられない場合があるのが双眼鏡を用いることで奥のものに焦点をあわせて識別できるようにできます。
 本機を通して多くの方が双眼鏡を使う楽しさを味わっていただけたらと思います。
review image review image
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月11日
双眼鏡にくわしい上司から、コストパフォーマンスに優れているこの双眼鏡をすすめてもらい購入しました。このシリーズのひとつ前のものを使っていた上司に、購入した物を見せたら、「すごい!俺も買おう」と大興奮していました。上司いわく、より鮮明に見えるようになっているようです。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月18日
美術館での鑑賞用に購入致しました。
商品到着後、さっそく視度調整などしておりましたらレンズ内に大きなホコリを発見。
見え方には影響無い様に感じましたが、RICOHペンタックスブランドを信頼して購入したのでとても残念です。
MADE IN CHINAとはいえ、日本のメーカーなのでしっかり生産管理されているものと思っておりましたが、やはり個体差があるのでしょうね。
購入された場合は、念のためルーペなどでレンズ内を確認される事をお勧め致します。
review image review image review image
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月18日
いつもの散歩コース、時々立ち止まって林の木々や鳥や道端の花を見てみました。
6.5倍なのでこれまで持っていた8倍の小型双眼鏡より目標物が探しやすく、視界も明るく非常にクリアです。
手を伸ばした距離にもピントが合うので、触れそうな距離の花をじっくり観察できます。
花に蝶がとまって口吻を伸ばして蜜を吸う姿も観察できてとても新鮮でした。
1・2メートル離れたものを双眼鏡で見るのは、今までにない視点をもたらしてくれます。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月23日
2016年1月に購入し、今も割合よく使っています。

近くを見る用途としては、飼っている魚を見ることが多いです。
肉眼で見るより大きくはっきり見えるので色々と便利です。
あと、水辺で上から水中を覗くと、今まで気づかなかったものが見えます。

視野が広いので星も見やすいです。
鳥もそこそこ見えます。

星一つマイナスなのは、目標物に双眼鏡を向けても、
視野に入るのが目標物よりかなり下の部分だから。
これ結構扱いづらいですよ。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月17日
全てが高次元でまとまった双眼鏡です。

当初、近距離での合焦可能な双眼鏡に興味をひかれて購入しました。

機種は、「6.5×21WF」です。
青色が「持っているだけでの楽しさ」を醸し出しています。
これは「欠点」ではなく、「利点」ととらえました。
一般的な「双眼鏡」は、黒色の筐体ばかりですが、散歩のお共にする場合にはちょっと「遊び心」が足りないように感じます。
楽しい足取りで散歩を楽しむような場合は、当機種のような筐体色が必要と思います。
WWFのシンボルマークである「パンダ」のイラストもいいと思いま。

性能は、「こんなものか」ではなく、「こんなにいいのか」です。

画像と使い勝手が高い次元でバランスが良くまとまっています。

画像は、無理に欠点を見つけなければわかりません。中心部のキレ味、周辺部のゆがみ、逆光時のフレアーの発生、色の乗り具合、どれをとっても良くまとまっています(もちろん完璧ではありません)。

使い勝手の点では、見やすい接眼レンズのクリック付ポップアップ見口、絶妙なピントリング回転トルク、操作しやすいピントリング位置、現実的な対物レンズ全面保護、質のいいWF専用ネックストラップ。
重量は290g。重くはありませんが、もう少し軽い方が楽である事は間違いありません。

この機種で不満足な場合は、実売価格50000円以上の機種を購入する事になると思います。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月21日
この製品は製品名からも分かるように、PAPILIOの改良バージョンです。
旧製品を持って出掛けて紛失し、これを購入した後、旧製品が出てきたので二つ持っている状態です。
PAPILIOと比較して、とにかく明るくなっています。私は神社仏閣にこのPAPILIOを持っていく事が多いです。
仏像の拝観で威力を発揮するからです。特にIIになって明るさが増したので、本堂など薄暗い場所での仏像観察に最適です。
また50センチでピントの合う能力は、神社仏閣に併設されている宝物館・博物館などでも大いに発揮します。(こちらも薄暗いですし)
特に、蒔絵とか金属の彫り物の細かい仕事を拡大すると、びっくりします。なんでこんな細工ができるの??と
私の様な使い方をする方は6.5倍で十分かと思います。仏像などあまり大きく拡大しちゃうと返って全体を見忘れることが多いですし。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)